鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS タマシギ父子070603手賀沼

<<   作成日時 : 2007/06/04 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

日が西に傾くのを待って、沼に出ました。この鳥に会うには朝か夕か雨降り。運が良ければ見られるし、見られなくても仕方ない、といった気持ちで向かったのですが、探すまでもなく、親子は夕食中でした。

画像
画像
画像
画像

タマシギ父子070603手賀沼。
2羽の雛はぴったり父親に寄り添っています。父親は父性愛(?)に満ち甲斐甲斐しく子の世話を焼きますが、これも男の甲斐性?

画像
画像
画像

タマシギ父子070603手賀沼。
食欲旺盛な育ち盛り2羽が両脇に密着。父親は給仕にてんてこ舞いです。とはいっても親とて働きづめでは身が持たない。

画像

タマシギ父子070603手賀沼。
獲物の十に一つは自らのお腹へ。丸いの細長いの何やらいろいろ採ってました。

画像

タマシギ父子070603手賀沼。
散歩の人が立ち寄ると身を潜め去るまでフリーズ。

手賀沼周辺では5月下旬から8月下旬まで子ずれのタマシギを観察できます。1羽の♂が複数回子育てをするのか、繁殖期の始めにあぶれた♂に順番が回るのが8月にづれ込むのか、不明です。

手賀沼のタマシギについての次のエントリーもご覧ください。
タマシギ交尾の誘いhttp://seichoudoku.at.webry.info/200608/article_36.html
タマシギ♀♂に実験してみるhttp://seichoudoku.at.webry.info/200608/article_33.html
タマシギ♀♂http://seichoudoku.at.webry.info/200608/article_10.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
タマシギ幼羽070628手賀沼
子供は人にしろ鳥にしろ行動の先が読めないところがいい。 垂直飛びのようにその場でぴょんと飛び上がったり、せわしなく尾を上下させながら泥を穿っていたかと思えば唐突に羽ばたいて視野から消えたり、離ればなれになっていた兄弟がいつの間にか寄り添っていたり。まだ人間の怖さも知らないのか目の前で無邪気にしています。 こうした行動も、経験からの学習と遺伝的プログラムによって成長とともに失われてしまします。ニッチに適応的な行動に洗練されてゆくわけですが、奔放の魅力がなくなるのはウォッチャーとしては少し... ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/06/28 20:10
タマシギ♀♂070815手賀沼
手賀沼周辺の休耕田は、昨日と代わり映えはありません。ヂシギもちょこちょこ頭を出すのですがほとんど観察は出来ず。 ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/08/15 09:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タマシギ父子070603手賀沼 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる