鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS ワシミミズク複合体(170224追記)

<<   作成日時 : 2012/12/24 15:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
画像
Eurasian Eagle Owl Bubo bubo 120825 Fuji Kachoen.ワシミミズク。
画像
画像
Turkmenian Eagle Owl B.b.turcomanus 120825 Fuji Kachoen.亜種トルクメニアンワシミミズク。
ワシミミズクのウラル・カスピ亜種で、より淡色。
フクロウ目のミトコンドリアDNAのチトクロムc遺伝子の分子系統学的研究により、Nyctea シロフクロウ属、Ketupa シマフクロウ属、そしてScotopelia ウオクイフクロウ属はワシミミズク複合体(Bubo complex)に吸収されることが示唆された。複合体は便宜的な語でここでは属と置き換えても差障りはない。種群としたほうがわかりやすいかもしれない。Herring Gull Complexセグロカモメ複合体(種群)のcomplexとは同じようで遺伝的差異の程度ではかなり違う。
また、アメリカワシミミズクの亜種とされていた南米産のBubo virginianus magellanicus Magellan Horned Owl (マゼランワシミミズク)、ワシミミズクの亜種とされていたアフリカ北部西部〜中東産のBubo bubo ascalaphus Pharaoh Eagle Owl (キタアフリカワシミミズク/ファラオワシミミズク)、そして中東産B.b.interpositus Aharoni's Eagle Owl (仮称アハロニワシミミズク)は種へ昇格されることも示唆された。

画像
Snowy Owl Bubo scandiacus 120825 Fuji Kachoen.シロフクロウ。
その顕著な外見からNyctea 1属1種とされてきたが、「ミミ」のないワシミミズクの1種となった。アメリカワシミミズクに近縁で、共通の祖先から400万年前に種分化したと推定される。ちなみに大形カモメの分化は30万年前なので、それに比べればシロフクロウの分岐はずっと深いことになる(ミトコンドリアDNAは100万年で1.6%変化するとされるが、大形カモメはDNAレベルではほとんど変化していないといえる)。何かと話題の『日本鳥類目録改訂第7版』でもワシミミズク属に入れられた。

画像
Great Horned Owl B.virginianus 120825 Fuji Kachoen.アメリカワシミミズク。
シロフクロウと共通の祖先から種分化した。近縁といわれればなるほどそうかもと思える。「ミミ」が目立つ。

画像
Magellan Horned Owl B.magellanicus 120825 Fuji Kachoen.マゼランワシミミズク。
アメリカワシミミズクの亜種とされていたが、アメリカワシミミズクに比べ体は小さくより暗色で(グローガーの規則に副う)鳴き声も異なる。

画像
Buffy Fish Owl B.ketupa 120825 Fuji Kachoen.マレーウオミミズク。
シマフクロウと同属のKetupa とされてきた。足には羽毛がない。

画像
Blakiston's Fish Owl Bubo blakistoni (left) & Eurasian Eagle OwlBobo bubo (right) 121103 Abiko City Museum of Birds.シマフクロウ(左)とワシミミズク。
シマフクロウと同属とされてきたカッショクウオミミズクBubo/Ketupa zeylonensis はネパールワシミミズクやマレーワシミミズクに近縁で、分子系統学的に明らかに他のワシミミズク類と一つのクラスターをなす。 シマフクロウは『日本鳥類目録改訂第7版』、Ketupa シマフクロウ属とされているが、シロフクロウをワシミミズク属に入れたことと整合性がない。シロフクロウをワシミミズク属に入れるのなら、積極的な理由がない限りシマフクロウもワシミミズク属に入れるべきだろう。

画像
Pharaoh Eagle Owl B.ascalaphus 120825 Fuji Kachoen.キタアフリカワシミミズク(ファラオワシミミズク)。
1990年シブリー&モンローがすでに独立種としていたが、チトクロムcの塩基配列でワシミミズクとの差が3.5%もあることが判明し、別種の指標となる1.5%を有意に超えていることから別種の妥当性が再確認された。

画像
画像
画像
Spotted Eagle-owl B.africanus 120825 Fuji Kachoen.アフリカワシミミズク。

画像
Vermiculated Eagle Owl B.cinefrascens 120825 Fuji Kachoen.アビシニアンワシミミズク。
アフリカワシミミズクより虹彩が暗色。

画像
画像
画像
画像
Indian Eagle Owl (Rock Eagle-Owl) B. bengalensis 120825 Fuji Kachoen.ミナミワシミミズク(ベンガルワシミミズク)。
分子系統学的にアフリカワシミミズクに近縁。

画像
Mackinder's Eagle Owl B.capensis mackinderi 亜種マッキンダーワシミミズク。
イワワシミミズクCape Eagle Owl の3亜種の1つ。

画像
Milky Eagle Owl (Verreaux's Eagle Owl) B.lacteus 120825 Fuji Kachoen.クロワシミミズク。
他のワシミミズクとは羽色が異質。ウオクイフクロウ、マレーワシミミズク、カッショクオウミミズクなどと同一クレードをなす。

170224追記: 月光守宮さんの「月明かりにヤモリ」でこのエントリーが引用されている。関連記事のリンクを以下に張る。
真っ暗闇に漕ぎ出して
「カモメ幼羽170128千葉県」のエントリーのコメント欄

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シマフクロウ属ではなくワシミミズク属
Blakiston's Fish Owl Bubo blakistoni 131003 The Asahiyama Zoo. シマフクロウは従来Ketupa シマフクロウ属に分類されていた。『日本鳥類目録改訂第7版』(2012年)でも変更は無かった。しかし、2000年ウィンク&ハイドリッヒによるフクロウ目のミトコンドリアチトクロモムbの系統解析でカッショクウオミミズクKetupa zeylonensisがBubo ワシミミズク属に含まれることが示唆されていたので、同属のシマフクロウもワシ... ...続きを見る
鴎舞時 / OhmyTime
2013/10/23 22:05
真っ暗闇に漕ぎ出して
 ● 亜細亜の熱帯雨林、ボルネオの旅 ● プロローグ. 暗黒大陸への渡航 1. 旅の終わりは、旅の始まり 2. エアアジアの激情 3. それぞれの乾杯で繋がる世界 4. 伏線のポッポヘジュセヨ 5. 森の人の恩返し 6. ジープが停まる理由 7. Monster Monkey Morning  8. まるまるこのもり 9. 虎とか豹とか虎とか 10. 熱帯猿紀行 ... ...続きを見る
月明かりにヤモリ
2017/02/20 00:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワシミミズク複合体(170224追記) 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる