鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS オオジシギ冬羽、滞在26日目(動画)140825茨城県a

<<   作成日時 : 2014/08/25 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
画像
画像
画像
Latham's Snipe nonbreeding 140825 Japan.
140731C=140805Bと同一。最も離れていた8月5日と8月25日の撮影ポイント間は200mであった。7月31日はその中間地点であった。滞在26日は最長記録。小雨覆、中雨覆の一部、外側大雨覆、外側三列風切が夏羽。

画像
画像
140731C個体(上)と140825個体(下)の羽衣のパターンの比較。
夏羽三列風切のパターンaが一致している。地色が黄褐色から白に退色している。内側三列冬羽と内側大雨覆冬羽*が新たに生えている。夏羽中雨覆のパターンbが一致している。羽縁の磨耗が進んだ。c、eの羽縁の磨耗は7月31日ですでにかなり進んでいたためあまり変化していない。肩羽冬羽のパターンdも一致している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オオジシギ冬羽、滞在28日目140827茨城県a
Latham's Snipes nonbreeding 140825/0827 Japan. 140825個体(上/画像1と2)と140827個体(下/画像2と4)の頭部のパターンの比較。 140825個体と同一ポイントで今日再びオオジシギ成鳥を観察した。頭部の画像を比較したところ、左右両側で複数の斑点の位置が一致した。特に左眼の直前の眉斑内にある特徴的な模様aに注目(画像1と2)。頭部のパターンは少なくとも数日であれば再現性がありジシギの個体識別に有効と思われる。 ...続きを見る
鴎舞時 / OhmyTime
2014/08/27 22:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオジシギ冬羽、滞在26日目(動画)140825茨城県a 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる