鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS オオジシギ夏羽〜冬羽、P1を抜く140801茨城県a

<<   作成日時 : 2014/08/02 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像

画像
画像

画像
Latham's Snipe molting adult 140801C Japan.
羽繕い中、初列風切を抜く行動を観察した。約2.3枚/秒の連写のシーケンスを以下に示す。
画像1: 初列風切P1〜10がすべてそろっている。足元に抜け落ちた羽はない。
画像2: P2〜10が見えている。翼に隠れて見えないが嘴でP1を引張っている。直後抜けた羽がパッと閃いた。
画像3: 足元にそれまでなかった羽が写っている。
画像4、5: P1が抜ける前後の初列の並び。P2〜10は新羽ではなく、すべて旧羽(夏羽)。
画像6: 抜け落ちたP1。羽先が磨耗・退色して淡色に見える。羽軸の根元は組織に強く固着していた様子はなく(生細胞の付着がなく)、自然に抜けた状態といえるだろう。
この個体ではまさに今、初列の換羽が開始したわけだ。あと数日でオーストラリア南東部へ旅立つことを考慮すると、初列の換羽はほば、越冬地で行われるのであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオジシギ夏羽〜冬羽、P1を抜く140801茨城県a 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる