鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS 最小タシギ幼羽161005千葉県

<<   作成日時 : 2016/10/07 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像
画像
画像
Common Snipe molting juvenile 161005 Japan.
照明の周辺で身を伏せた。夜の田んぼで見られる鳥は限定される。ジシギより小さければヒバリくらいだ。光を当てる。ヒバリではなかった。黒いシギだ。我が目を疑う。横にいたチュウジと比べて目見当で1/2くらいの大きさだ。その長いくちばしはコシギではないことを告げている。ハリオでもない。タシギの幼鳥。にしてもあまりに小さすぎる。画像では異様な小ささはわからないかもしれない。けれど、体に対して頭が大きく見えるとこ、体が寸詰まりに見えるとこは平均的なタシギとは異なることが感じられるのではないか。
タシギにしては警戒心がかなり低く、照明を気にすることなく餌をとったり羽繕いをしたりチュウジのようだ。垂直にぴょんと飛び立ち軽々と闇に無声で消えていった。
初めてタシギを浮島で見てから35年になるが、これまで見たタシギの最小個体で間違いない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最小タシギ幼羽161005千葉県 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる