アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ホイグリンカモメ」のブログ記事

みんなの「ホイグリンカモメ」ブログ

タイトル 日 時
ホイグリンカモメ第1回冬羽・成鳥冬羽(動画)170401千葉県●
ホイグリンカモメ第1回冬羽・成鳥冬羽(動画)170401千葉県● Heuglin's Gull nonbreeding 170401 Japan. 背の濃さはウミネコと同程度で、オセグロカモメに比べてやや薄い。Olsen & Larsson のGullsによれば、コダック・グレー・スケールで、ウミネコ(8-10.5)≦ホイグリンカモメ(8-11)<オオセグロカモメ(11-12)。後頸の暗色斑は細かくシャープ。初列風切の黒はP4まで。足は灰色味を帯びている。オービタル・リングは橙赤色。Olsen & Larsson のGullsによれば、橙赤色はマイノリティで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 20:06
ホイグリンカモメ第1回冬羽170128千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽170128千葉県 Heuglin's/Taimyr Gull molting juvenile 170128 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 23:02
ホイグリンカモメ第3回冬羽・成鳥冬羽161217千葉県
ホイグリンカモメ第3回冬羽・成鳥冬羽161217千葉県 Heuglin's(/Taimyr) Gull third winter 161217 Japan. 上面の灰色はセグロカモメより明らかに濃い。初列風切の旧羽はなく、P8が伸長中。スマートさに欠ける体形はタイミルセグロカモメ的か。足に黄色味はほとんどない。タイミルなら第4回の可能性もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 22:31
ホイグリンカモメ幼羽161217茨城県
ホイグリンカモメ幼羽161217茨城県 Heuglin's Gull molting juvenile 161217 Japan. 全体的に濃淡のコントラストが明瞭。スマートな体形で、翼が長い。肩羽、雨覆、三列風切の淡色羽縁が狭く、切れ込みがない。尾の黒帯が広い。次列風切と大雨覆が2重の暗色帯をなす。内側初列風切が暗色でウィンドウがほぼない。セグロカモメに比べて換羽が遅くほぼ幼羽で、背と肩羽の一部に第1回冬羽が出ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/18 20:45
ホイグリンカモメ夏羽〜冬羽161029千葉県
ホイグリンカモメ夏羽〜冬羽161029千葉県 Heuglin's Gull molting adult with Vega Gull 161029 Japan. 背の灰色はセグロカモメ(右)より明らかに濃い。翼は長い。初列風切の換羽はセグロより遅く、P6-P10は夏羽、P5は伸長中。P9にミラー無し。足は薄い黄色。 大形カモメ類は河口の両岸で早や500を超えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 23:55
ホイグリン-タイミルセグロ-セグロカモメ第1回冬羽160402千葉県
ホイグリン-タイミルセグロ-セグロカモメ第1回冬羽160402千葉県 Heuglin's/ Taimyr/ Vega Gull first winter 160402 Japan. 体形、初列風切の突出、肩羽第1回冬羽のパターン、雨覆幼羽のパターン、内側初列の淡色部(ウィンドウ)の広さ、の差異に注目。画像4でホイグリンの内側初列は特に内弁がやや淡色だが、画像5のタイミルに比べて明らかに暗色である。画像6は内側初列の白色ウィンドウが明瞭だが、体形や体部の斑の多さ等よりモンゴルではない。画像1と4のホイグリンカモメ160402は160221=160326と同一。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 18:17
ホイグリンカモメ第1回冬羽160326千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽160326千葉県 Heuglin's Gull first winter with Vega Gull breeding 160326 Japan. 160221個体と同一。頭部の白と体部の暗色のコントラストが目立った。初列風切の突出は大きく、内側初列が濃い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 13:03
ホイグリンカモメ第1回冬羽・タイミルセグロカモメ冬羽160221茨城県
ホイグリンカモメ第1回冬羽・タイミルセグロカモメ冬羽160221茨城県 Heuglin's Gull first winter 160221 Japan. 白頭、額のスロープ、すらっと伸びた初列風切。特徴的な体形に一見カスピかバラバか。にしては2月で胸から腹に斑がだいぶ残っている。肩羽のパターンと濃さからホイグリンと思われる。 内側初列風切にウィンドウはなし。大雨覆の暗色帯あり。翼下面には斑多し。足は周囲のセグロカモメより明らかに白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2016/02/24 22:19
ホイグリンカモメ第1回冬羽160206千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽160206千葉県 Heuglin's Gull first winter 160206 Japan. 背に暗灰色の第1回冬羽が出ている。大雨覆が暗色帯。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/06 21:14
ホイグリンカモメ冬羽151228千葉県
ホイグリンカモメ冬羽151228千葉県 Heuglin's Gull nonbreeding with Vega Gulls 151228 Japan. 周囲のセグロカモメと比べて小形で背が一際濃い。後頸にはシャープな縦斑が少数。初列風切は最長がP8で旧羽は脱落しているようだ。足の黄色味はかなり弱い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 21:03
ホイグリンカモメ第6回冬羽「ね子」151107千葉県
ホイグリンカモメ第6回冬羽「ね子」151107千葉県 Heuglin's Gull 151107A /130329 /120121/ 110206 Japan. 2011年2月、カザフセグロカモメではないかといわれた大形カモメと同一と思われる個体151107Aを再度掲載する。上から今年、2年前(3期前)の2013年3月、2012年1月、2011年2月の頭部を並べた。頭部と嘴の形態、そして何より眼の上の皺の微妙な曲線、眼先の影の範囲がほぼ一致しているのがわかる。2013年に比べて後頸の暗色斑がかなり多いが冬羽と夏羽への換羽が進行した羽衣の違いであり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 23:00
ホイグリンカモメ第6回冬羽・タイミルセグロカモメ冬羽151107千葉県(追記151111)
ホイグリンカモメ第6回冬羽・タイミルセグロカモメ冬羽151107千葉県(追記151111) Heuglin's/Taimyr Gull nonbreeding 151107A Japan. 個体A。背の灰色は周囲のセグロカモメより明らかに暗色。体はコンパクトで翼が長いところもホイグリン的である。ただ飛翔画像を見ると翼の灰色と黒斑の明暗の差が比較的あるように見える。ホイグリンよりのタイミルとすべきかもしれない。初列風切は、P6まで新羽、P9-10は旧羽で、タイミルとしても換羽はやや早く、ホイグリンだとすればかなり換羽が早い部類と思われる。黒はP4まで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/09 21:11
ホイグリンカモメ第1回冬羽150308千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽150308千葉県 Heuglin's Gull first winter 150308A Japan. 個体A。肩羽の第1回冬羽の灰色がかなり濃い。初列風切が内側まで暗褐色(右側は抜けている)。大雨覆も暗色帯をなす。足のピンクは灰色味を呈す。風雨強し。この日もカモメ類は不調。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 22:03
ホイグリンカモメ第5回冬羽141101千葉県
ホイグリンカモメ第5回冬羽141101千葉県 Heuglin's Gull fifth winter (with Black-tailed Gull and Vega Gulls) 141101A Japan. 上面の灰色はウミネコと同程度で翼が長い。脚は黄色味を帯びる。大きさは周囲のセグロカモメより一回り小さい。体形、ジズは典型的なホイグリン(たぶん♀)だが、ホイグリンにしては換羽が早く、後頸に明瞭な斑が出ており、初列風切もP5までは新羽で、P6-7は伸長中、P8は脱落、P9-10は旧羽である。P10のミラーはかなり小さく、P9にはミラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/04 23:24
ホイグリンカモメ幼羽・タイミルセグロカモメ131214千葉県
ホイグリンカモメ幼羽・タイミルセグロカモメ131214千葉県 Heuglin's (or Taimyr) Gull molting juvenile 131214 Japan. 頭部の白と体上面の暗色とのコントラストが顕著。背から肩羽の一部が換羽しているがほぼ幼羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/18 22:45
タイミルセグロカモメ第4回夏羽131026千葉県
タイミルセグロカモメ第4回夏羽131026千葉県 Taimyr / Heuglin Gull third/fourth summer 131026 Japan Japan. 背の黒さと足の黄色の鮮やかさで目につく。第一印象はホイグリンだったが、典型的なホイグリンと比べると、背の黒さがやや足りず、翼がさほど長くなくなく、スリムさに欠ける。初列の換羽もホイグリンにしてはやや早いかもしれない(新羽の最長はP5、P6は伸長中、P7-10は旧羽)。嘴を見ると成鳥だが、初列風切P10のミラーが小さく、初列雨覆に暗色斑が残るので、ホイグリンなら第3回、タイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/29 23:14
ホイグリンカモメ第3回冬羽130329千葉県 カザフ−ホイグリン−タイミル・コネクション2 (追記)
ホイグリンカモメ第3回冬羽130329千葉県 カザフ−ホイグリン−タイミル・コネクション2 (追記) Heuglin's Gull third winter (with Vega Gull, Black-tailed Gull and Temmink's Cormorant) 130329 Japan. 体がコンパクトで背が濃く翼が長いためウミネコを思わせる特徴的な個体。頭部は白く後頸に細かい斑が点在する。背の灰色の濃さはウミネコと同程度。初列風切の黒は多くP4まではっきり見えP3にも僅かにあるようだ。初列端の白はP6から外側が小さくなっている。P10ミラ−は小さくP9にミラーはない。嘴は鮮や... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 4

2013/03/31 16:15
ホイグリンカモメ成鳥冬羽121201茨城県
ホイグリンカモメ成鳥冬羽121201茨城県 Heuglin's Gull nonbreeding with Vega & Black-tailed Gulls 121201 Japan. 大きさはセグロカモメより一回り小さく翼が長い。背はセグロより明らかに濃くウミネコと同じくらい。初列風切P8-P10は旧羽。P9のミラーは痕跡的。P6は伸長中。P4に小さい黒斑が見える。頭部は白く後頸から側胸に細かくシャープな斑が少しある。尾羽はぼろぼろ。足は黄色とピンクと灰色を混ぜたような感じ。虹彩は黄色。嘴は細く、下嘴の赤斑は大きく、上嘴もやや赤味を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/03 21:53
ホイグリンカモメ第1回夏羽〜第2回冬羽121124千葉県/鳥類目録7版のカモメについて
ホイグリンカモメ第1回夏羽〜第2回冬羽121124千葉県/鳥類目録7版のカモメについて Heuglin's Gull first summer/second winter with Vega & Slaty-backed Gulls 121124 Japan. 白の体部と背の暗灰色とのコントラストが顕著な個体。肩羽に褐色斑がないが、三列風切と尾に明らかな黒斑が残っているので、第2回夏羽〜第3回冬羽ではなく、第1回夏羽〜第2回冬羽である。より若いステージで成鳥の形態に近づくのはホイグリンの特徴である。画像1-3の右後の第2回冬羽のセグロカモメVegaに比べて、明らかに背が濃い、体が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/24 22:26
ホイグリンカモメ第1回冬羽・成鳥夏羽120407千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽・成鳥夏羽120407千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult breeding with Vega Gull and Black-tailed Gulls 120407 Japan. 大きさはセグロカモメとウミネコの間。上面はウミネコと同程度の濃さ。初列風切の突出は長い。頭部から後頸に斑はない。上下嘴に黒斑あり。虹彩は黄色。足も黄色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/11 20:50
ホイグリンカモメ第1回冬羽2個体120324千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽2個体120324千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini first winter 120324 Japan. 個体A。セグロカモメよりスマート。雨覆、特に前縁と大雨覆が暗褐色、三列風切も暗部が多い。背と肩羽には濃い灰色の第1回冬羽が見える。初列の尾からの突出が長い。頭部の白と頸の褐色のコントラストが目に付く。内側初列に淡色ウィンドウはほぼない。翼下面には細かい褐色斑が密にある。尾の暗色帯は広い。足は灰色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/26 21:18
ホイグリンカモメ第2回冬羽120121千葉県(追記130402)
ホイグリンカモメ第2回冬羽120121千葉県(追記130402) Heuglin's Gull second winter with Vega & Slaty-backed Gulls 120121 Japan. 一際目についた。背の濃さはオオセグロと同程度。スマートで翼が長い。小雨覆、大雨覆に褐色が残っている。後頸にシャープな縦斑がある。嘴基部には黄色味あり。足は薄いピンクで、脛には灰色味。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/21 23:39
ホイグリンカモメ第1回冬羽120104千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽120104千葉県 Heuglin's Gull first winter with Vega Gulls 120104 Japan. 初列風切が長く、頭から腹まで退色が進み白っぽい。背、肩羽の第1回冬羽は濃い。内側大雨覆も黒っぽい。翼下面、脇羽は褐色斑多い。尾の暗色帯はかなり太い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/15 17:33
ホイグリンカモメ成鳥冬羽111225千葉県
ホイグリンカモメ成鳥冬羽111225千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini nonbreeding with Vega Gulls & Slaty-backed Gull 111225 Japan. 足の黄色が目についた。背は周囲のセグロカモメより明らかに濃い(夕方撮影したせいか画像では必ずしも明確ではないかも)。翼が顕著に細長いことから「タイミル」的ではない。初列の換羽はこの日観察した他の「タイミル」と比べ、著しく遅れている。すでに旧羽のない「タイミル」が見られるのに、この個体はP7... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/26 22:17
ホイグリンカモメ成鳥夏羽〜冬羽111120千葉県(追記111202)
ホイグリンカモメ成鳥夏羽〜冬羽111120千葉県(追記111202) Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini molting adult with Vega Gulls 111120 Japan. とても目立った。天気が悪かったせいもあり、背は真っ黒に見え、ウミネコと同程度かそれ以上。大きさはセグロとウミネコの中間くらい。足は淡黄色。上嘴に赤斑があり内側に黒の縁取りがある。虹彩は黄色。後頸には拡散しない細い縦斑がある。初列風切P9、P10は旧羽、-P6は新羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/21 19:57
ホイグリンカモメ成鳥夏羽〜冬羽111029千葉県
ホイグリンカモメ成鳥夏羽〜冬羽111029千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini molting adult with ( Vega Gull and ) Black-tailed Gulls 111029 Japan. 個体A。背の濃さはウミネコと同程度、色味は若干異なる。頭部、頸部には斑はわずか。足は橙黄色。体形はセグロカモメよりスマートで翼が長く見える。初列風切は、P7〜P10は旧羽、P5が伸長中。P4に黒斑あり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 19:08
カザフ-ホイグリン-タイミル・コネクション110221千葉県(改訂110310)
カザフ-ホイグリン-タイミル・コネクション110221千葉県(改訂110310) Possible Steppe Gull (upper)/Heuglin's/Taimyr (lower)カザフ?(上)/ホイグリン(中)/タイミル(下)110221千葉県。 Possible Steppe Gull (upper)/Heuglin's/Taimyr (lower)カザフ?(上)/ホイグリン(中)/タイミル(下)110221千葉県。 Possible Steppe Gull (upper)/Heuglin's/Taimyr (lower)カザフ?(上)/ホイグリン(中)/タイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/03/09 23:52
ホイグリンカモメ第1回冬羽110221千葉県
ホイグリンカモメ第1回冬羽110221千葉県 Heuglin's Gull first winter 110221 Japan. ホイグリンカモメ第1回冬羽110221千葉県。後頸から胸、腹までかなり褐色斑がある。雨覆、特に大雨覆は暗色。スマートで翼は長い。内側初列に淡色部はほとんどない。背はウミネコよりやや薄いくらい。翼下面は細かい斑が密にある。カザフセグロカモメ(この日も観察された)と思われる個体との差に注目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/21 23:27
ホイグリンカモメ第1回冬羽110206千葉県(改訂110320、130331)
ホイグリンカモメ第1回冬羽110206千葉県(改訂110320、130331) Heuglin's Gull Possible Steppe Gull Larus (heuglini/cachinnans) barabensis first winter 110206 Japan. ホイグリンカモメ カザフセグロカモメ?第1回冬羽110206千葉県。 到着するやKさんが来てバラみたいなのがいる、と告げる。水際にせわしなくしている群れへ双眼鏡を向けると探すまでもなくその個性的な白黒のカモメに視線が引き寄せられる。なるほど一見して興味深い個体。 とにかく証拠を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/02/19 01:36
ホイグリンカモメ成鳥冬羽091231千葉県
ホイグリンカモメ成鳥冬羽091231千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult nonbreeding with Vega Gulls and Black-tailed Gulls 091231Japan. ホイグリンカモメ成鳥冬羽091231千葉県。背はウミネコと同じくらい。横長のすらっとした体形に注目。足は薄い黄色。上下の嘴に黒斑が見える。初列風切P10は伸長中。初列の黒はP3まである。P9にミラーはないようだ。虹彩は黄色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/08 21:13
ホイグリンカモメ成鳥冬羽091209千葉県
   ホイグリンカモメ成鳥冬羽091209千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult winter with Vega Gulls 091209Japan. ホイグリンカモメ成鳥冬羽091209千葉県。背の濃さはウミネコと同程度。後頸の斑はセグロカモメのようにぼやけず細かくシャープ。脚の色は濃い黄色。初列風切の換羽はセグロよりも明らかに遅く、P9とP10は旧羽でP6が伸長中。虹彩は黄色。上嘴に赤が少し見える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/12 21:20
ホイグリンカモメ成鳥夏羽091030千葉県
ホイグリンカモメ成鳥夏羽091030千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult summer-winter with vega or Brack-tailed Gull 091030Japan. ホイグリンカモメ成鳥夏羽091030千葉県。画像2の右はセグロカモメ、画像3の手前はウミネコ。背の灰色はウミネコと同じくらい。「タイミレンシス」に比べ翼が長くスマート。足は黄色味はほとんどなく、灰色っぽい。頭部、頸部に斑はまったく見えず、また、初列風切の換羽も進んでおらず、P10から少なく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/02 22:20
ホイグリンカモメ成鳥夏羽090331千葉県
ホイグリンカモメ成鳥夏羽090331千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult summer 090331Japan. ホイグリンカモメ成鳥夏羽090331千葉県。背の灰色はウミネコと同じかやや薄い程度で、体形等を見ても基亜種ホイグリンカモメと思われる。虹彩は黄色、嘴に黒斑、足は淡黄。セグロ、「タイミレンシス」に比べスマートで翼が長い。頭部、頸部に斑は少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/14 22:29
ホイグリンカモメ成鳥冬羽090216千葉県
ホイグリンカモメ成鳥冬羽090216千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult winter with Vega Gull 3rd winter 090216 Japan. ホイグリンカモメ成鳥冬羽090216千葉県。基亜種ホイグリンカモメと思われる。 嘴が長く額がスロープ状、足が長く体型がスマートで内陸のL.cachinnans cachinnansを髣髴させる。そして背の灰色の濃さに注目。濃いcachinnansといえば、barabensisなのだが、後頸の斑が目立つ、初列風切... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/18 22:14
ホイグリンカモメ第1回夏羽・成鳥081124千葉県
ホイグリンカモメ第1回夏羽・成鳥081124千葉県 'taimyrensis'「タイミレンシス」を含めてホイグリンカモメは少なからず観察された。そのうち背の灰色の特に濃い2個体を紹介する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/25 22:15
L. heuglini 'taimyrensis'「タイミレンシス」第1回冬羽・成鳥080306
L. heuglini 'taimyrensis'「タイミレンシス」第1回冬羽・成鳥080306 春になると足の黄色いセグロカモメ類が目に付くようになります。冬の間くすんだ色だったのが季節変化するのか、黄色い個体が渡りの途中で立ち寄るのか、その両方か、はっきりしません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/10 22:09
ホイグリンカモメ成鳥冬羽080221千葉県
ホイグリンカモメ成鳥冬羽080221千葉県 Heuglin's Gull Larus heuglini heugrini or 'taimyrensis' (left) with Vega Gull L.vegae 080221 Japan. 脚は鈍い橙黄色。一見して背が黒っぽかったので(ウミネコと同程度)、基亜種ホイグリンカモメLarus heuglini heugrini の可能性があります。ただし体形はセグロに近く、翼が長い典型的なホイグリンカモメとはいえません。初列風切の換羽はほぼ完了しています。頭部には斑があまりありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/26 21:09
足の黄色いセグロカモメの数減る061210神栖・銚子
足の黄色いセグロカモメの数減る061210神栖・銚子 足の黄色いカモメ(L.heuglini 'taimyrensis'+L.h.heuglini)を観察するなら、銚子では秋と春が適しています。 今季の銚子の、ホイグリンカモメ(「タイミレンシス」)/セグロカモメ比は、10/30、11/15、11/26、12/10の順に、4.5%、0.7%、1.3%、0.3%でした。 毎年だいたいこんな感じです。 ただし、セグロカモメの数が増加すると「タイミレンシス」は過小評価になる傾向があります。足が確認できない個体はセグロでカウントせざるをえないからです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/19 21:30
ホイグリンカモメとは 第2回冬羽061210茨城県
ホイグリンカモメとは 第2回冬羽061210茨城県 ホイグリンカモメ(heuglini)の分類を振り返ってみましょう。 BWP Part V (1983) では、taimrensis等と共にL.fuscus (ニシセグロカモメ)の亜種。 Grantの”Galls”第2版(1986)では、vegaeやtaimrensis等と共にL.argentatus(セグロカモメ)の亜種。 HBW Vol. 3 (1996)では、BWPと同様L.fuscus (ニシセグロカモメ)の亜種。HBWは現在でも、アカデミックな分野で最も権威のある図鑑です。 HB... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/15 23:42
ホイグリンカモメ(060424銚子)
ホイグリンカモメ(060424銚子)  大きさはセグロカモメとウミネコとの中間くらいで、足に黄色味があり、背がウミネコと同じくらい濃いこの個体は、L.heuglini heugliniの可能性があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/26 23:05
ホイグリンカモメ第1回冬〜夏(060424波崎)
ホイグリンカモメ第1回冬〜夏(060424波崎)  右がセグロカモメ、左がホイグリンカモメ。上面がかなり暗色であり、Larus heuglini heugliniの可能性があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 20:10

トップへ | みんなの「ホイグリンカモメ」ブログ

鴎舞時 / OhmyTime ホイグリンカモメのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる