アクセスカウンタ

help RSS テーマ「カモ類」のブログ記事

みんなの「カモ類」ブログ

タイトル 日 時
スズガモ♂140807茨城県
スズガモ♂140807茨城県 Greater Scaup ♂ nonbreeding 140807. 田んぼでカモといえばカルガモなのでちょっとした驚きだった。タニシを食えば餌には困らないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 21:47
クロガモ♂(動画)140614千葉県
クロガモ♂(動画)140614千葉県 Black Scoter 140614A Japan. 個体A。右肩から尾にかけて糸が絡まりその部分が白く見えている。次の個体Bに比べて嘴がやや長く黄色が薄い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/19 19:43
コブハクチョウ140615千葉県
コブハクチョウ140615千葉県 Mute Swans 140615 Japan. パンを遣る人がいうには、親は飢えていると雛を守らない。それで、5羽のうち3羽がカラスにやられた、なので、まず親にパンを遣るのだ、と。事実は不明だが、親がパンに気をとられているうちにカラスに子を奪われた、が真相だったりして。 画像1と2は別個体。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/17 20:34
クロガモ♂140518茨城県
クロガモ♂140518茨城県 Black Scoters ♂ 140518 Japan. 2羽の♂が残留。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/18 21:47
クロガモ♀140331千葉県
クロガモ♀140331千葉県 Black Scoters ♀♂ 140331 Japan. 上嘴中央部に黄色い斑のある♀(たぶん成鳥)を複数観察した。以前にも嘴の黄色い♀を撮影したが、どの程度一般的な傾向なのかさらに観察が必要。♂第1回は嘴の形状が異なり黄色の範囲はより広い。 →クロガモ♀♂090410千葉県 →クロガモ♀、♂第1回冬羽080221茨城県 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/06 21:22
コガモ♀♂140330千葉県
コガモ♀♂140330千葉県 Eurasian Teels 140330 Japan. 雨の水路に数ペアーが休んでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/30 16:24
クロガモ♂♀(動画)140321千葉県
クロガモ♂♀(動画)140321千葉県 Black Scoters 140321 Japan. 強風で港内に30羽入った。求愛ディスプレイが見られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/28 23:46
カルガモ、防鳥ネットにかかった140323茨城県
カルガモ、防鳥ネットにかかった140323茨城県 Eastern Spot-billed Duck in net 140323 Japan. ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/24 20:44
ウミアイサ♂140321千葉県
ウミアイサ♂140321千葉県 Red-breasted Merganser breeding ♂ Japan. 西風の強い1日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/21 23:46
ヨシガモ群れ140302千葉県
ヨシガモ群れ140302千葉県 Falcated Ducks 140302 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/05 20:51
サカツラガン120825富士花鳥園
サカツラガン120825富士花鳥園 Swan Goose 120825 Fuijikachoen. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/27 21:47
コガモ♂♀140211千葉県
コガモ♂♀140211千葉県 Eurasian Teals ♂♀140211 Japan. ガソリンスタンドのわきにぽつりと水の入った休耕田があった。こんな所ではコガモも嬉しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/22 23:47
キンクロハジロ♀131214千葉県
キンクロハジロ♀131214千葉県 Tufted Duck ♀ 131214 Japan. 上嘴基部に白色部が少しある。下尾筒に白がのぞく。虹彩はくすんだ黄色。 taftとは(頭の)ふさのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 20:32
スズガモ♂♀131214千葉県
スズガモ♂♀131214千葉県 Greater Sscaups adult ♂ breeding / molting juvenile ♂ / adult ♀ breeding 131214ABC Japan. 60羽の群れ。個体A。虹彩黄色、嘴爪の黒広く、翼白帯は初列風切まで白。 個体B。胸等が褐色、虹彩は緑味帯びる。 個体C。頭頂が尖って見える。虹彩黄色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/25 21:37
コガモ♂(動画)♀-131208千葉県
コガモ♂(動画)♀-131208千葉県 Eurasian Teals molting juvenile 131207 Japan. 頬に白い縦線が入った個体(画像2-4)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/11 21:15
スズガモ幼鳥、頸に怪我をした131208千葉県
スズガモ幼鳥、頸に怪我をした131208千葉県 Greater Scaup juvenile 131208 Japan. 猛禽の襲撃か、網や糸など人為か、痛々しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/10 20:28
カルガモ幼鳥130805-千葉県
カルガモ幼鳥130805-千葉県 Eastern Spot-billed Ducks juvenile 130805 Japan. 亜種Anas poecilorhyncha zonorhyncha から種A.zonorhyncha へ昇格した。カルガモの分子系統はなかなか興味深い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/04 22:39
雑種カルガモxアヒル♂131124千葉県
雑種カルガモxアヒル♂131124千葉県 Possible hybrid Eurasian Spot-billed Duck x Domestic Duck ♂ 131124 Japan. カルガモより大きく、後頭は緑。嘴は基部はほぼ黒だが先の黄色はカルガモより広い。体部は褐色でカルガモ的だが、胸の茶色はマガモ的。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/27 21:42
マガモ雄化雌131124千葉県
マガモ雄化雌131124千葉県 Mallard possible intersex female 131124 Japan. 雄化の程度は小さいが、頭頂と過眼線に緑の光沢が出ている。胸に赤褐色味がある。嘴の黒の境が不明瞭で橙色が鈍い。尾羽のカールは見られない。画像4の当該個体の後を追うのは普通のマガモ♀。エストロジェン濃度が何らかの影響で低下したか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/26 22:04
ヨシガモ♂131102茨城県
ヨシガモ♂131102茨城県 Falcated Duck, Greater Scaup, Tufted Ducks, and Common Pochards 131102 Japan. 干拓地にカモが入った。キンクロ、スズガモ、ホシハジロの混群に1羽ヨシガモを見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/03 21:39
マガモ♀、防鳥ネットに絡まった131102茨城県
マガモ♀、防鳥ネットに絡まった131102茨城県 Mallard ♀131102 Japan. カモの重みで蟻地獄のようにたわんだネットは微動だにしない。犠牲者の記録を残すべくカメラを向ける。途端ばさばさと翼が動いたのでびっくりした。どうしたものか。ハスを作る人には害鳥となりうるカモの解放は是か非か。刹那逡巡するもとりあえず絡まり具合を確かめる。まさに雁字搦めにみえる。もがくかと思ったが、すでに消耗しきったか、両手で抱え膝に乗せるもなすがままだ。両腿にひんやりとした質量を感じる。もう体温も維持できていないか。 上手く外せる見込みは無いが、と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/02 21:55
コガモ♂♀131020千葉県
コガモ♂♀131020千葉県 Eurasian Teals ♂♀ 131020 Japan. 初秋、到着時は蓮田や水田の水路など比較的狭い水場に群れているが、しだいに湖沼に移っていく。広い場所に移動する前のコガモは警戒心が強く近付くことができない。この日は雨のお陰で少し近付けた。画像1、2が♂、画像3が♀。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/21 21:14
キンクロハジロ・ミサゴ131016千葉県
キンクロハジロ・ミサゴ131016千葉県 台風一過の沼を廻るも置き土産は見当たらず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/16 18:09
シマアジ♂幼鳥131007茨城県
シマアジ♂幼鳥131007茨城県 Garganey juvenile ♂ 131007A Japan. 個体A。130929A=131001Aと同一。滞在少なくとも9日目。雨覆が灰色に見える(画像3)。幼鳥は人気が無いようでカメラマンがいず警戒心を解いていて比較的近距離で観察できた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/10 21:33
コガモ♂エクリプス131001茨城県
コガモ♂エクリプス131001茨城県 Eurasian Teal ♂ eclipse 131001 Japan. 9月中旬から徐々に増えている。脇、腰の一部に白黒さざ波状の生殖羽が見える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/02 20:35
シマアジ♂幼鳥131001茨城県
シマアジ♂幼鳥131001茨城県 Garganey juvenile ♂ 131001A Japan. 個体A。灰色の雨覆が目につく♂幼鳥。130929Aと同一と思われる。130915Bとも同じか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/01 17:45
シマアジ♂幼鳥130929茨城県(改訂131001/131010)
シマアジ♂幼鳥130929茨城県(改訂131001/131010) Garganey juvenile ♂ with Eurasian Teal 130929A Japan. 個体A。コガモの群れが降り立った。スコープを向けると2羽のシマアジが入る。後はツルシギ、コアオアシシギ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/09/29 22:06
シマアジ幼鳥 採食行動(動画)130915茨城県(改訂131001)
シマアジ幼鳥 採食行動(動画)130915茨城県(改訂131001) Garganey juvenile with Eurasian Teals 130915A Japan. 個体A。9月見られるのは成鳥に遅れて渡る幼鳥。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/19 21:27
スズガモ繁殖羽〜エクリプス130706茨城県
スズガモ繁殖羽〜エクリプス130706茨城県 Greater Scaup molting adult ♂130706 Japan. 頸に注目、光沢のある黒い繁殖羽と淡色羽縁があり光沢のない非繁殖羽の境界がわかる。換羽が見られる越夏個体は貴重だ。 →3週間前の同一個体 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/08 05:41
クロガモ♀♂130601茨城県
クロガモ♀♂130601茨城県 Black Scoters ♂♀ 130601 Japan. 6月8日まで♂2、♀1が残留していたが6月15日以降見ていない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/05 20:15
スズガモ♂-130615茨城県
スズガモ♂-130615茨城県 Greater Scaup ♂130615 Japan. 港内に♂3羽、♀1羽いたが徐々に減り、この日は♂1羽を残すばかりとなった。一緒に残っていたクロガモも姿を消した。越夏してくれればエクリプスへの換羽が見られるか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/18 20:34
クロガモ♂♀(動画)130525茨城県
クロガモ♂♀(動画)130525茨城県 Black Scoters ♂♀ 130525 Japan. クロガモ♂2羽、♀1羽、スズガモ♂2羽、♀1羽が港に残留中。日本で見られるクロガモはCommon Scoter Melanitta nigra の亜種とされてきたが、『日本鳥類目録改訂第7版』では独立種Black Scoter M.americana とされた。両者にはコートシップ・コールに差異がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 20:57
コガモ♂130303千葉県
コガモ♂130303千葉県 Eurasian Teal ♂ 130303 Japan. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/17 21:59
アメリカコガモxコガモ130119茨城県
アメリカコガモxコガモ130119茨城県 Possible hybrid Green-winged x Eurasian Teal breeding 130119 Japan. 側胸、肩羽ともに白線がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/19 23:13
オオハクチョウ・コハクチョウ121125千葉県
オオハクチョウ・コハクチョウ121125千葉県 Whooper Swans adult (with Bewick's Swans)& juvenile 121125 Japan.米を食う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/08 21:01
カンムリツクシガモ♀♂120910日本鳥学会の百年
カンムリツクシガモ♀♂120910日本鳥学会の百年 Crested Shelduck adult ♀120910 Japan. この「第二標本」を東京帝大院生の黒田長禮が手に入れたのは1917年(大正六年)4月、釜山の剥製店だった。驚くべきことにその年の12月には早くも新属新種として日本鳥学会誌「鳥」第五号および日本鳥学会『朝鮮鳥類一斑』に発表する。科学の世界ではプライオリティは何より大事だから、競争の激しい分野では成果を一刻も早く論文にせねばならない。が、世界に競争相手がほとんどいない新種記載をなぜこれほど急いだのだろう?リサーチがしっかりな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/07 23:06
アカツクシガモ♀120825富士花鳥園
アカツクシガモ♀120825富士花鳥園 Ruddy Shelduck ♀120825 Japan. ♂より頭部が白っぽく、黒いカラーがない。ここならいくらでも近づける。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/06 21:20
コガモ、ネットに懸かった121018茨城県
コガモ、ネットに懸かった121018茨城県 Eurasian Teal 121018 Japan. 防鳥ネットは蓮田へのカモの飛来数を若干少なくする。しかし、ネット設置維持に掛かるコストに見合った食害防止による増収があるのかは不明だ。 アカデミックな場で検証が着手されている(Odaya, Y.(Tsukuba Univ.)らによる) 。後続の研究が待たれる。 →http://wumizusume.exblog.jp/14520262/ →http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/59/P1-364J.ht... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/18 19:05
スズガモ♂120630茨城県
スズガモ♂120630茨城県 Greater Scaup ♂120630 Japan. 頭部の金属光沢はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/04 18:42
クロガモ成鳥♂120630茨城県
クロガモ成鳥♂120630茨城県 Black Scoter Melanitta americana adult ♂ 120630 Japan. Common Scoter の北米・シベリア産亜種から種へ格上げされるようになった。5月12日に千葉県で見た個体と同じかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/03 20:52
コブハクチョウ暗色型と淡色型(ポーランド型)120623千葉県
コブハクチョウ暗色型と淡色型(ポーランド型)120623千葉県 Mute Swans 120623 Japan. 成鳥の♀暗色型(上)と♂淡色型(下)。大形で嘴とこぶがやや長い淡色型が♂と思われる。下嘴基部の黒が暗色型で広い。足の色は暗色型で灰色、淡色型でピンク味を帯びる。 このつがいには暗色型:淡色型=3:1の子がいる。性決定様式は雌ヘテロ型なので♂の性染色体の組合せはZZとなる。淡色型(ポーランド型)は劣性形質なので遺伝子型をaとし、遺伝子はZ染色体上にあると仮定すると、♂淡色型の遺伝子型はZaZaとなる。一方♀の性染色体はZWで、暗色型の遺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/30 09:41
スズガモ♀幼羽120519千葉県
スズガモ♀幼羽120519千葉県 Greater Scaups 1st winter & ad. ♀120519 Japan. 虹彩黄褐色、雨覆幼羽(画像1、2)。成鳥の虹彩は黄色。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/10 10:49
コブハクチョウ、ポーランド型の劣性伴性遺伝(動画)120603千葉県
コブハクチョウ、ポーランド型の劣性伴性遺伝(動画)120603千葉県 Mute Swans 120603 Japan. 家族Aでは雛は灰色型3羽白色型(ポーランド型)1羽、成鳥は足暗色(灰色)型と淡色(ピンク)型、一方家族Bでは雛は5羽すべてがポーランド型、成鳥は両者とも淡色型。 原産地のヨーロッパでは、西部では雛は灰色型が多いが、東部では白いポーランド型が増える。成鳥の足(と嘴)の色は雛の羽色と一致する。即ち、白い雛はピンクの足の成鳥に、灰色の雛は暗色の足の成鳥になる。コブハクチョウの性決定様式はヒトとは違い雌ヘテロ型であり、雌の性染色体はZW(XY... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/03 22:17
ヒドリガモ♀♂120404千葉県
ヒドリガモ♀♂120404千葉県 Eurasian Wigeons ♀♂120404 Japan. 銀粉を振りかけたような腋羽が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/17 20:03
オシドリ♀の採食行動・鳴き声(動画)120320千葉県
オシドリ♀の採食行動・鳴き声(動画)120320千葉県 Mandarin Duck ♀120320 Japan. オシドリが鳴いた。カモというよりオオバンを思わせる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/20 10:20
コガモ♂♀120311千葉県
コガモ♂♀120311千葉県 Eurasian Teal ♂120311Japan. 改めて観察すると思った以上に美しい。下尾筒両側にある三角斑の質感が千歳飴みたいでちょと奇妙。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 22:56
ホシハジロ♂♀-120310千葉県・茨城県
ホシハジロ♂♀-120310千葉県・茨城県 Common Pochard adult ♂120226 Japan. 3羽の♂が一緒に行動していた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/10 23:23
コクガン幼鳥採食行動(動画)120226千葉県(追加120305/120511)
コクガン幼鳥採食行動(動画)120226千葉県(追加120305/120511) Black Brant Branta bernicla nigricans juvenile 120226 Japan. カモメ類、オオバンとともに波に揺られながら防波堤の藻類をこそげとっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/26 23:13
コクガン幼鳥120128千葉県
コクガン幼鳥120128千葉県 Black Brant Branta bernicla nigricans juvenile 120128 Japan. 雨覆の白色羽縁の磨耗がほとんど見られない幼羽。脇もかなり白っぽい。盛んに海藻を食べていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 20:40
シジュウカラガン111229-(動画)千葉県
シジュウカラガン111229-(動画)千葉県 Alutian Goose Branta hutchinsii leucopareia 111229 Japan. 最近、Canada Goose Branta canadensis(カナダガン)は、北米中南部に分布する大型のGreater Canada Goose B.canadensis(カナダガン)と、北米北西部および北東部に分布する小型のLesser Canada Goose B.hutchinsii(コカナダガン)の2種に分離された(Ibis(2005),147, 821&#821... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/19 21:27
亜種コハクチョウ・アメリカコハクチョウ111230千葉県
Whistling Swan Cygnus columbianus columbianus 111230 Japan. 亜種アメリカコハクチョウ111230千葉県。目先の黄色が線状に見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/02 19:19
ウミアイサ雌111126茨城県
Red-breasted Merganser adult ♀ with Great Crested Grebe 111126 Japan. ハシビロガモ、コガモ、カンムリカイツブリの混群に1羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/26 22:12
コハクチョウ・オオハクチョウ111123千葉県
Bewick's Swans 111123 Japan.蛇のように首が絡む。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/25 20:06
ヨシガモ♂111015千葉県
Falcated Duck molting adult ♂111015Japan. ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/18 20:39
オシドリ110828東京都
Mandarin Ducks 110828 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 21:13
シノリガモ♀・第1回冬羽♂110105千葉県
Harlequin Ducks ♀・first winter ♂ 110105 Japan. シノリガモ♀・第1回冬羽♂110105千葉県。2羽の♀が堤防の藻を食みながら近づいてきた。♂は遅れて付いてくる。♀が手の届きそうなところまで進んだところで、それを制するかのように少し離れた♂が鋭い声で二声発すると海面を蹴った。呼応して♀たちも飛び立った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/10 19:35
マガモ成鳥♂♀101211千葉県
Mallard ♂♀breeding101211Japan. マガモ101211千葉県。公園の小さな池にカルガモと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/14 20:55
ホシハジロ♂成鳥101106千葉県
Common Pochards ♂breeding 101106 Japan. ホシハジロ♂成鳥101106千葉県。港の岸壁にキンクロハジロとともに接近した。♀はいなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/13 21:51
オカヨシガモ♂101019茨城県
Gadwall ♂101019Japan. オカヨシガモ♂101019茨城県。初認。港でスズガモ、マガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、コガモ、オナガガモの混群に1羽見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 14:10
キンクロハジロ x スズガモ♂繁殖羽101011千葉県
Possible hybrid Tufted Duck x Greater Scaup ♂ breeding with Greater Scaups 101011Japan. 推定キンクロハジロxスズガモ♂生殖羽101011千葉県。スズガモ160羽の群れに見つけた。かなり距離があり、光線の条件もよくなかったが、頭部の形態が特徴的で目に付いた。頭部から胸は黒く褐色味がない、脇が白いことから♂の成鳥である。このカモの特徴を挙げる。 1) 冠羽は短く、頭頂が眼の後方にある(コスズ的)。 2) ス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/14 23:30
シマアジ♂幼鳥100920千葉県
Garganey juvenile ♂100920Japan. シマアジ♂幼鳥100920千葉県。眉斑が明瞭で雨覆が灰色。コガモの小群に1羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 18:32
マガモ♂エクリプス100724茨城県
Mallard ♂eclips 100724 Japan. マガモ♂エクリプス100724茨城県。休耕田のカルガモの群れの中にいた。7月下旬ではあるが、頭部の緑、白い頸輪、巻き上がった中央尾羽白っぽい三列と下尾筒など繁殖羽がかなり残っている。嘴は黄緑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 12:22
カルガモ♂とマルガモ♀のつがい?100530千葉県
Eurasian Spot-billed Duck & Possible hybrid Mallard x Eurasian Spot-billed Duck 100530 Japan. カルガモ♂とマルガモ♀100530千葉県。左はカルガモ。大きく上尾筒が黒いので♂と思われる。胸が赤褐色に見えるが汚れでないならマガモとの雑種の可能性があるかもしれない。右は嘴のパターンや白い眉斑はカルガモ的だが肩羽などのパターンがマガモ的。小さく尾筒が褐色なので♀と思われる。 もしこの♀と思われる個体が繁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/31 21:44
マガモ交尾行動100501千葉県
手賀沼に残留したマガモの一連の交尾行動を観察した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/10 21:43
雑種マガモxカルガモ100320千葉県
Possible hybrid Mallard x Eurasian Spot-billed Duck 100320 Japan. マガモxカルガモ100320千葉県。嘴の先の黄色はカルガモより少し広く僅かにミドリがかって見える。胸がやや赤味のある褐色。顔のパターンと羽衣はカルガモ的。左はコガモ。アヒルもしくはアイガモとカルガモの雑種の可能性が高いと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/26 21:29
マガモ♂♀成鳥100403千葉県
Mallard adult ♂♀100403Japan. マガモ♂♀成鳥100403千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/16 20:38
スズガモ♂♀100313千葉県
Greater Scaup ♂100314 Japan. スズガモ♂100313千葉県。♂の嘴爪の幅は♀ほどではないが個体差がある。画像1より画像3のほうが狭く見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/17 22:53
コクガン第1回冬羽(U)100313千葉県
Black Brant Branta bernicla nigricans first winter 100314 Japan. コクガン第1回冬羽(U)100314千葉県。県内の別の場所で観察した個体Tとはずいぶん違った印象を持った。昨年12月31日、今年1月25日に観察した個体Tと比べると、この個体Uは、まず嘴が小さく見えた。ちょうど亜種オオヒシクイに対する亜種ヒシクイの関係に近いかもしれない。個体Uのほうが黒くTは褐色味が強い。Uでは肩羽の波状模様が見えない(大雨覆にはある)。Uの方が頸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/15 21:30
コガモ 鼻から噴水100105千葉県
Eurasian Teals 100105 Japan. コガモ100105千葉県。フォーカスは手前の♂に合っているが後に注目。嘴先を水面につけながら鼻孔から勢いよく水を噴射している。その機能ありや。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/24 21:54
コクガン第1回冬羽100125千葉県
Black Brant Branta bernicla nigricans first winter 100125 Japan. コクガン第1回冬羽100125千葉県。画像4は通行人を威嚇しているところ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/18 20:56
コオリガモ♂第1回冬羽・♀成鳥冬羽100125千葉県
Long-tailed Duck first winter 100125Japan. コオリガモ♂第1回冬羽100125千葉県。頭が白く、肩が灰色、嘴にピンクで、♂とわかる。中央尾羽が短い第1回冬羽。胸から腹の暗褐色斑が目立った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 21:33
コスズガモ♂ほか100107千葉県
Lesser Scaup ♂ with Greater Scaups 100107 Japan. コスズガモ♂成鳥100107千葉県。スズガモの群れの中で、頭の尖がりが目に付いた。背はスズガモより灰色味が濃く、脇の斑もやや目立った。嘴先端の黒の幅がちょっと広いかな・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 21:43
コクガン幼鳥 採食行動(動画)091231千葉県
Black Brant Branta bernicla nigricans juvenile 091231 Japan. コクガン幼鳥091231千葉県。雨覆に淡色羽縁がある。 ウランゲリ島、チュコト半島で繁殖する暗色の亜種。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/03 22:17
シノリガモ成鳥♂♀・第1回冬羽091231茨城県(追加100104)
Harlequin Ducks adult ♂breeding 091231 Japan. シノリガモ成鳥♂091231茨城県。♂の頭から頸の模様は何度見ても不思議だ。盛んに潜っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/01 12:33
アメリカヒドリ♀幼鳥091220千葉県
American Wigeon ♀juvenile with Eurasian Wigeons 091220 Japan. アメリカヒドリ♀幼鳥091220千葉県。頭部が赤味のほとんどない灰色で脇は赤味のある褐色。向きや光線の関係か嘴基部の黒がほとんど見えなかったがアメリカヒドリだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/21 23:13
亜種オオヒシクイ091115茨城県
Tiga Bean Goose Anser (fabalis) middendorffii 091115 Japan. 亜種オオヒシクイ091115茨城県。今後、より小さい亜種ヒシクイとは別種となるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/16 22:02
ハシビロガモ♂091113千葉県
Northern Shoveler ♂091113Japan. ハシビロガモ♂091113千葉県。こしとり。この2羽の縦列での採食行動が10分以上続いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/13 20:45
コブハクチョウ幼羽〜第1回冬羽091108千葉県
Mute Swan molting juvenile 091108 Japan. コブハクチョウ幼羽〜第1回冬羽091108千葉県。醜いアヒルの子から白鳥へ。暗色型の幼鳥の換羽は新旧の羽衣の差が明瞭。小雨覆、大雨覆等が旧羽であることがわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/10 21:49
マガモ♂♀幼鳥・アオクビアヒル091101千葉県
Mallard ♂♀juvenile 091101Japan. マガモ♂(画像1、2)・♀(画像3)・♂幼鳥(画像4)・マガモとアオクビアヒル(画像5)091101千葉県。♀と幼鳥の嘴に注目。マガモのペアーにアヒルがちょっかいを出した。マガモと並ぶとアヒルのでかさが際立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 20:53
ヒドリガモxアメリカヒドリ♂幼羽091023千葉県
Possible hybrid Eurasian x American Wigeon juvenile ♂091023Japan. 推定ヒドリガモxアメリカヒドリ♂幼羽091023千葉県。頭部のパターンはアメリカヒドリ的だが色合いが中間的である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/07 20:01
オナガガモ♂♀・ヒドリガモ・キンクロハジロ091012千葉県
Northern Pintail ♂ 0910 Japan. オナガガモ♂091012千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/22 21:44
シマアジ♀幼鳥090927茨城県
Garganey juvenile ♀090927 Japan. シマアジ♀幼鳥090927茨城県。眉斑が明瞭なので♂かなと思ったのだが、翼鏡の上側の白線が狭く、雨覆に灰色がないので♀と思われる。幼鳥の渡りは成鳥より遅く9月から10月。幼鳥は成鳥より腹部が淡色でないとされる(Coiiins Bird Guide)。この個体の腹は褐色だが、汚れだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 21:18
コガモ090918千葉県
Eurasian Teal 090918 Japan. コガモ090918千葉県。休耕田に1羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/18 19:23
マガモ♂090621千葉県
たまに見かけるこの時期の田にいるマガモには強烈な野性味を感じる。 向けたスコープに敏感に反応し瞬く間に飛び去ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 21:09
クロガモ♂090515千葉県
クロガモ♂090515千葉県。 渡りそびれたか。波間にひとつぽつんと浮いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/04 22:20
コブハクチョウ親子ほか090531千葉県
コブハクチョウ親子090531千葉県。今手賀沼ではコブハクチョウの子育て真っ盛り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/01 21:00
クロガモ♀♂090410千葉県
Black Scoter 090410 Japan. クロガモ090410千葉県。嘴にあまり見覚えのないパターンが出ている。♂の第1回で黄色が出始めているのかと思ったがそうでもなさそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/10 20:50
ビロードキンクロ♂成鳥ほか090216千葉県
漁港の奥まったところのスズガモ380羽の群にビロードキンクロ♂とクロガモ♂が2羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/17 19:29
亜種アメリカコハクチョウほか090118千葉県
Whistling & Bewick's Swan Cygnus columbianus columbianus & C.c.jankowskyi adult 090118 Japan. 亜種アメリカコハクチョウ(右)と亜種コハクチョウ090118千葉県。右の個体のほうが目先の黄色が小さいが、左もコハクチョウにしては小さめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 18:45
スズガモ♂成鳥081228千葉県
スズガモ♂成鳥081228千葉県。 内陸の淡水のこの地では、スズガモそれも♂成鳥はあまり目にしない。いても岸には近づくことはめったにないが、今日は強い西風があったためかすぐそこまで来てくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/28 12:05
ミコアイサ♂第1回冬羽081220千葉県
Smew ♂1st winter 081220 Japan. ミコアイサ♂第1回冬羽081220千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/21 10:39
オカヨシガモ♀♂採食行動(動画)081206千葉県
Gadwall ♀♂ 081206 Japan. オカヨシガモ♀♂081206千葉県。今冬は今のところ32羽が最高。岸に近づくのはこの2羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 18:44
オナガガモ(動画)081019千葉県
Northern Pintail 081019 Japan. オナガガモ群081019千葉県。170羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 20:53
クロガモ群080827茨城県
クロガモ080827茨城県。怪我をした個体が越夏することはあるが、8月に群(♂1+1、♀3)を見た記憶がない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/21 22:09
オオバン・コブハクチョウの育雛080607千葉県
Eurasian Coot 080607 Japan. オオバン育雛080607千葉県。 餌はアシの柔らかい部分。雛の翼というか前肢といったほうがいいかも。強力な後肢に比べななんと貧弱なことか。雛の顔つきはおじいさん?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/14 22:00
マガモ♀とカルガモ♂のつがい080608千葉県
Mallard ♀ & Spot−billed Duck♂080608Japan. マガモ♀とカルガモ♂080608千葉県。アシに隠れるように寄り添っていた。抱卵しているのかと思ったが卵は見当たらなかった。餌をとりながらの移動はマガモが先導していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 13:45
コハクチョウ080315千葉県
コハクチョウ080315千葉県。 2羽のコブハクチョウかと思ったら、1羽はコハクチョウでした。上空通過はありましたが、手賀沼に舞い降りたのは今季初でしょうか。ほぼ成鳥のようですが、嘴にピンクがちょっと見えるので若い個体と思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 20:48
ホオジロガモ♀第1回冬羽080316千葉県
ホオジロガモ♀第1回冬羽080316千葉県。 今期♂1羽、♀1羽が観察されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 20:57
ビロードキンクロ3個体ほか080306茨城県
港内にクロガモが約30羽も入っていました。これは何か入ってるぞ、期待が膨らみます。 そしてスコープが奇妙な海ガモを捉える。ビロキンかな、ちと違うか、アラナミ、ヴぅーむ変、もしかして、xxxケワタとかはないよなー。 すると都合よく羽ばたいた。次列の白がばっちり見えてしまいました。問題解決、やっぱりビロキンでした。それにしても変なビロキン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 22:58
クロガモ♀、♂第1回冬羽080221茨城県
港にクロガモが9羽入っていました。 クロガモ♀080221茨城県 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/04 21:05
オカヨシガモが減っている オカヨシガモの個体数変動99-08手賀沼
先日、手賀沼でヒドリガモが増えていることを紹介しましたが、それと反比例するようにオカヨシガモが減少しています。この10年の手賀沼のオカヨシの個体数の変動をまとめてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 20:43
コハクチョウの群れ080210千葉県
愁えをおびた声が天から届きます。 西方を見上げれば編隊を組んで46羽のコハクチョウが飛んできます。印旛沼のほうから来たのでしょうか。この地に舞い下りることなく東の空に消えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 12:55
コブハクチョウの群080126千葉県
手賀川の支流で40羽のコブハクチョウの群を見つけました。一度にこれほどのコブハクチョウを見るのは初めてです。手賀沼で増えたコブハクチョウがどこに行くのか不思議に思っていたのですが、この群を観察すれば、解決の糸口になるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/26 21:39
ヒドリガモが増えている  ヒドリガモの個体数変動99-08手賀沼
以前は手賀沼では、ヒドリガモはあまり見なかったのですが、今冬200羽を超えました。この十年の数の変化を図にしました。 ヒドリガモの群080119千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/23 21:47
トモエガモ♂080105千葉県
ここでは2年ぶりのトモエです。アシ原に隠れているか、沖に出ているかで撮影は困難です。 日没後にアシ原から出てきた一瞬を捉えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 21:10
雑種カモとカルガモの交尾行動080106千葉県
雑種ガモの♂とカルガモの♀の交尾行動を観察しました。 画像は、連続写真の合成です。上から時系列で並べました。頭部などのパターンから、雑種と思われるカモの片親がカルガモであることは間違いありません。胸の褐色はマガモ的ではありますが、ちょっと赤っぽい。大柄な体形から想像するとマガモというよりアヒルかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/08 21:21
オカヨシガモの採食行動071224千葉県
『日本の生物』91年2月号にある桑原和之氏の「よく見りゃちがう餌の採り方」によれば、オカヨシガモの採食方法は、水面の「餌をついばみこしとる」。 けれど状況によっては逆立ちで水底の餌を採ることもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/27 22:31
タゲリほか071202千葉県
夕方の沼はゆっくり時間が流れます。特に珍しい鳥がいるわけではありませんが、かけがえのないひと時です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 21:07
シノリガモ♀♂071129茨城県
横殴りの雨。港での鳥見には最高の天気です。思わぬ珍客が訪れるかもしれません。まあ大概、期待は外れるのですが。 集中していたカモメ類からふと目を離すとすぐそこに2羽のカモがいました。 シノリガモ♀♂071129茨城県。 注目されたせいか急に泳ぐ速度を上げて港の外に出てしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 21:21
オカヨシガモ、ミコアイサ到来071124千葉県
カモの種類は増えているのですが数はかなり少なくてぱらぱら見える程度です。 数年から10年位前なら、ミコアイサで200以上、オカヨシガモで100羽以上観察されていたのですが、導水以降激減しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 21:07
スズガモの群071108手賀沼
手賀沼で観察を始めた頃、特に南岸は整備がされておらず、土手の上に出るまで薮漕ぎ状態でしたが、カモが近かったのでワクワクしたものです。 それが今では土手の上は周遊ロードが完備し、サイクリングやジョギングには最高の環境が整い、したがって野鳥には最悪の環境となりました。 餌付けされたオナガガモなど一部の鳥を除き、20倍程度の望遠鏡ではもはや観察はほとんど出来ません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 20:48
アジアのヨシガモの遺伝子がアメリカのオカヨシガモにある訳
アメリカのオカヨシガモのミトコンドリアDNA(mtDNA)を調べると、ヨシガモの型(ハプロタイプ)が5%も含まれています。 mtDNAのハプロタイプは、とりあえずミトコンドリアのABO式血液型みたいなものだと思ってください。オカヨシタイプをA型、ヨシガモタイプをB型としましょう。北アメリカで20羽のオカヨシを捕まえてミトコンドリアのDNAを調べると1羽がヨシガモタイプのB型で、19羽はオカヨシタイプのA型となります。 さて、このB型の存在をどのように考えればいいでしょうか? それを説明する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/06 22:42
オナガガモ♀♂071006手賀沼
オナガガモがかなり増えてきました。このカモを真面目に見るのはこの時期だけ。換羽が確認できるから。 色々な個体をずらっと並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 19:46
ハジロクロハラアジサシ夏羽〜冬羽ほか070923手賀沼
アジサシ類の群れに、ハジロクロハラの成鳥が加わっていました。幼鳥は今日は見当たりません。クロハラ1wはまだいます。 ハジロクロハラアジサシ夏羽〜冬羽(左)とアジサシ夏羽070923手賀沼。 少し夏羽が残っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 10:21
コガモ到来070913稲敷
シギチがすっかりいなくなったと思ったら、示し合わせたかのようにカモが渡ってきました。コガモばかりでしたが約100羽が食事中でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/13 19:17
マガモの繁殖070617手賀沼
繁殖期のマガモはピーンと緊張感が張り詰めて見えます。 冬の間、沼で群れている時のあの弛緩した姿からはちょっと想像しにくい野性味があって、思わずレンズを向けてしまいます。ちょっとワクワクしながらシャッターを切りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/18 20:00
手賀沼のコブハクチョウの不思議
子育てシリーズ第3弾。 毎年手賀沼では複数の番が繁殖します。一組の雌雄から数羽の雛が育ちます。それなのに次の繁殖期には毎年十羽前後の成鳥が見られるばかり。数の上では倍ばいで増えていいはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/06/05 22:16
コブハクチョウ、繁殖中070429手賀沼
手賀沼では、コブハクチョウが子育ての真っ最中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 11:42
オオヨシキリほか070429手賀沼
手賀沼のヨシ原にオオヨシキリのギョギョシが聴こえます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/29 11:34
オシドリ♀♂ほか070419手賀沼
手賀沼に雌雄のオシドリが滞在しています。手賀沼では稀です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/21 21:48
アラナミキンクロはそんなにでかくない
クロガモとビロードキンクロとアラナミキンクロを大きい順に並べなさい。 BIRDER2007年3月号にしたがうと、アラナミキンクロ(56cm)≧ビロードキンクロ(55cm)>クロガモ(48cm)となります。 けれどこの先入観を持って、フィールドに出て、海ガモの群れの中に紛れている、嘴を背に突っ込んだアラナミキンクロを発見するのは不可能です。 実践で役立つ大きさの順(実測値とは関係なく)は、ビロードキンクロ>クロガモ≧アラナミキンクロ。アラナナミキンクロの♀とクロガモの♂は実際の大きさは同じく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 18:50
ヨシガモの個体数の変動05/06・06/07印旛沼
ヨシガモの渡りはほかのカモ類に比べると遅い傾向があります。他のカモがほとんどいなくなっても、しばらく見られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/17 21:13
カモ類の個体数の変動02/03・06/07手賀沼
午後になり雨が上がったので、手賀沼のカモのカウントをしました。北への渡りはほぼ終わったようで、ほとんどいませんでした(強風のためアシ原に退避していたカモもいたかもしれませんが)。 4年前と比較してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 19:19
コオリガモ♀冬羽〜夏羽070307神栖
スズガモの群れに、嘴を背に突っ込んで休んでいるコオリガモがいました。まだいたか、としばらく眺めていたのですが、頭を上げてはっとしました。顔が黒い! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/08 21:33
銚子のカモは波崎のカモ
砂が目に入るは、カメラや双眼鏡の隙間に入るは、とにかく最悪の条件でも、カモメの次は、まずは波間に見え隠れするスズガモの群れをカウントです。 スズガモ680。その他のカモも一通り数え、後は珍鳥探しです。3往復目くらいにこのカモを見つけました。このブログのオーディエンスの方ならすぐわかると思いますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/27 21:02
ハリキン星人070210神栖
まるでウルトラセブンか何かにでも出てきそうな宇宙人顔。 なるほどこの顔を、ライバルとフィアンセに見せていたのですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/13 21:07
コオリガモ♀成鳥冬羽070210銚子
5年ぶりにコオリガモを観察しました。 スズガモ360羽の群れの中にいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/10 21:24
オカヨシガモの群れ070121印旛沼
印旛沼では、オカヨシガモはヨシガモの陰に隠れたかのように目立ちません。 この日は珍しく岸のそば、といっても100mはあるのですが、で群れていました。33羽いたのですが、過去9年の記録を振り返っても、30羽が最高でした。 以前は手賀沼に100羽以上いたのが、今年は数分の一に激減しています。手賀沼のオカヨシが印旛沼に来たのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/27 20:13
海ガモの蹼足(ぼくそく)070114銚子
この日はカモメ類が少ない換わり(?)に、数百のカモ類が入りました。風はない、波もない、逆光でもない。カモ三昧です。カモメ類の観察は集中力を長時間維持しなければならないので、楽しいながらくたくたになるのですが、カモはなんだかのんびりした気分で見られます。 普段見られない海ガモの足のひれもじっくり見ることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 21:43
ヨシガモの群れ070108印旛沼
とても奇麗な極東の至宝的カモ。モモイロペリカンと並ぶ印旛沼の名物というか風物詩を演出する鳥です。 珍しいカモというイメージも、この地がマイ・フィールドになって以来なくなってしまいました。それほど、印旛沼では普通の鳥です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/11 21:01
コスズガモ♂第1回冬羽、シノリガモ♂第1回冬羽061227神栖・銚子
高い波に見え隠れしている、風に体、機材とも煽られる、そのうえ嘴を出さない。 最悪の条件下、1時間以上このカモに集中したのに、結局まともに撮れませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/28 20:52
カモ状況061224手賀沼
手賀沼の湖面がまったく淋しい。カモがとっても少ないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/25 20:19
オオハクチョウ061216手賀沼
手賀沼でオオハクチョウが観察されるのは、3季連続です。昨年は12月17日から冬の間3羽が過ごしました。その前は4羽です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/16 19:44
キンクロハジロとスズガモ061123手賀沼
スズガモとキンクロハジロの混群がいたのですが、皆幼羽(〜第1回冬羽)でした。 この時期のキンクロは冠羽が僅かで、嘴基部に白斑があることが多いので、コスズガモに見えたり、大きさがわからないとスズガモに見えたりして紛らわしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/23 12:37
パンツを脱いだオカヨシガモ
今季はオカヨシガモを手賀沼ではなく神栖で最初に見ることになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/22 23:02
スズガモ♀061115神栖
  落鳥後間もないスズガモを港で見つけました。野鳥を細部まで観察できることは滅多にないので、こういうチャンスにはカメラがあればあちこち動かして撮影します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/18 21:48
カワアイサ♀061115神栖
  この鳥を最後に見たのはいつだったでしょう。最後に見た場所も定かでありません。   手元の1999年以降の記録を調べたけれど、手賀沼でも印旛沼でも出ていませんでした。もしかすると菅生沼で見たのが最後でしょうか。20年以上前は、菅生沼では普通の鳥だったような記憶があります。カワアイサはいつのまにか、稀な鳥になってしまったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/15 20:44
ヒドリガモの群れ061112手賀沼
  強風でカモ類はアシに隠れてしまったせいか、湖面は寂しい限りでした。波間にかろうじて見え隠れしていたのが、このヒドリガモです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 22:32
オナガガモ♂第1回冬羽061112手賀沼
  羽衣はほとんど♀と変わりありませんが、嘴のツートーンのパターンで♂とわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 22:28
コガモ♂エクリプス061112手賀沼
     目先に赤味のある繁殖羽が少し出ています。脇羽にも僅かですが、細かい縞のある繁殖羽が見えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 22:18
バリケン061112手賀沼
  手賀沼の数ヶ所で、野生化したバリケンを見ることができます。バリケンは中南米のノバリケンをネイティヴが家禽化したカモ類で、16世紀にメキシコからペルーを征服したスペイン人によってヨーロッパに持ち込まれ、その後各国に広められました。体の大きいことが家禽化された理由の一つと言われています。雄はマガンより遥かに大きくなります。ただし、ノバリケンの性的二型は著しく、雌の体重は雄の半分しかありません。バリケンとアヒルの雑種はドバンと呼ばれ、山階芳麿によって研究されています。ドバンは小学校などで飼われてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 21:51
ハシビロガモ♂エクリプス061030神栖
  ハシビロガモは、手賀沼では02-03年の冬から、印旛沼では03-04年の冬から激減しています。一方、波崎漁港でこの鳥を見かけるようになったのは、03-04年の冬からです。何らかの因果関係があるのでしょうか。手賀沼での減少は、餌であるプランクトンの減少が影響しているものと考えられますが、その他の場所での変化の原因は不明です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/08 21:44
コハクチョウ初認061104手賀沼
  手賀沼では、コハクチョウは毎年1羽から数羽が見られる程度の珍しい鳥の一つです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/04 12:31
エジプトガン061022手賀沼
  日本の風土には馴染まない異形の鳥が、黄葉の始まった手賀沼の辺にたたずんでいます。本来はアフリカのウェット・ランドに住むエジプトガンは、いわゆるかご脱けとしてあちこちで観察されているようです。この鳥はどこから来たのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/23 20:01
ヨシガモ初認061022印旛沼
 印旛沼にヨシガモが渡ってきました。8羽いましたが、すべて♂です。これから♀が続くものと思われます。換羽の進度はまちまちで、あまり進んでいないものからかなり繁殖羽に近いものまでいます。  先日オナガガモの換羽を紹介しましたが、カモ類の換羽の進度は、カモメやシギなどより個体差が大きいような気がします。これにはどのような意味があるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/22 20:56
オナガガモ♂エクリプス6個体061015手賀沼
 渡ってきたばかりのこの時期には、エクリプスから繁殖羽への換羽の経過を一日で見ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/20 20:49
マガモxカルガモ2個体061015手賀沼
マガモとカルガモの雑種と思われる2羽が並んでいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/20 19:22
キンクロハジロとヒドリガモ初認061016手賀沼
  奇しくもこの日ともに初認となったキンクロハジロとヒドリガモは、手賀沼では逆の動向を示しています。すなわち、キンクロは減少し、反比例するかのようにヒドリが増加しているのです。  もちろんこれには、利根川からの大規模な導水が影響しているものと考えられます。手賀沼の水質とカモ類などの個体数の変動に関してはいずれこのブログで詳しく取り扱うことになるはずです。手賀沼は今、前代未聞の巨大な環境実験施設と化しているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/17 21:27
コガモ群れ061007印旛沼
  印旛沼のコガモの数が最も多くなるのが10月です。渡来時集結し、周辺に分散していくものと思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/08 21:13
オナガガモ061008手賀沼
  この時期のオナガガモの雄は、いろいろな換羽の状態が観察できます。全体的な羽衣のジズで雌雄はわかりますが、嘴のパターンははっきりした違いがあります。   3羽の♂エクリプスが写っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/08 09:28
オナガガモ群れ061001手賀沼
  オナガガモが増えてきました。雄はまだエクリプスです。左から、♂♀♂♀♂♀の順に並んでいます。一番左の雄は尻が黒くなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 00:00
スズガモの群れ060923手賀沼
  手賀沼で9羽のスズガモが見られました。海ガモは手賀沼ではあまり観察されません。スズガモは渡りのとき一時的に見られるだけです。大体10月に数羽が見られますが、9月に見たことはこれまでありませんでした。対岸でしたが、嘴の白斑が目立つのは確認できました。    ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/27 21:26
オナガガモ(とコガモ)初認060923手賀沼
  手賀沼でオナガガモが観察されました。手賀沼でのオナガガモの初認は、03年、04年、05年はそれぞれ、9/23、9/18、10/1でした。今年は大体平均的な時期です。   手賀沼で一番多いカモが、このオナガガモで、多いときで600以上になります。   オナガガモ(左は♀、右は♂エクリプス)060923手賀沼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/27 21:15
カルガモの雛060821手賀沼
  散歩コースの道端にカルガモの雛がいました。道行く人はまったく気づいていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/21 18:44
シマアジ成鳥♀060816茨城県
Garganey adult ♀ 060816 Japan. 休耕田がカルガモだらけでした。430羽いたのですが、数えているときやけに小さいのがいるな、と思ったのが、シマアジでした。眉斑がはっきりせず(特に前方で)、雨覆も灰色には見えないので♀だと思います。随分早い登場です。幼鳥が普通9月から10月に通過します。成鳥を秋の渡りで見ることはあまりない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/17 00:06
カルガモ、イネを食す060812手賀沼
 稲穂を食べるカルガモの群れ。あまりにがつがつ食べていたので、ちょっとびっくりしました。農家の人が見たら・・・。  以前、米の収穫作業中のかたがアマサギを米泥棒と目の敵にしているのを目の当たりにして、農業のプロでも鳥をまったく見ていない人がいるのかと驚いたことがあります。カルガモははたして害鳥と認識されているのでしょか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/12 22:37
コガモ060811浮島
 嘴基部が黄色いので♀でしょう(幼羽なら、基部はもう少しオレンジ味があるはずです)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/12 21:45
カルガモとアヒルのつがい060720手賀沼
 ♂のカルガモと♀のアヒルのペアーはとても仲良しで、このところいつも一緒に行動しています。手賀沼でよく見かける雑種ガモはもしかすると、マガモxカルガモではないかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/23 18:14
カルガモの抱卵060718河内
 休耕田の真ん中にカルガモの巣がありました。母ガモは雨の中身じろぎもせず巣に伏せていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 21:24
マガモ♂繁殖羽〜エクリプス060702手賀沼
眼の周りは緑から褐色に変わっています。首の白もかなり擦れてきました。この時期、手賀沼周辺では、少数が水田に見られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 20:43
コブハクチョウの親子060618手賀沼
 060612とは別の家族。雛が4羽は同じだけれど、前のがすべて白だったのに対してこの家族では2羽は暗色。昨年もこのつがいと思われる2羽の雛には2色が混じっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 11:25
コブハクチョウの親子060612手賀沼
 コブハクチョウ060612手賀沼。現在手賀沼では、数ペアーのコブハクチョウが子育て中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/13 23:57
クロガモ♂(2)060605波崎
 クロガモ♂060605波崎。移動する体力がないのか、060522http://seichoudoku.at.webry.info/200605/article_41.htmlと同じ場所にいました。黒くつぶらだけれど曇り気味で人を寄せつけない感じのする眼は、シカなどの草食性の哺乳類を思わせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/07 21:42
カルガモ♀♂060603手賀沼
 右が♂です。冬の間手賀沼で沢山見られるカルガモも、繁殖のこの時期は周囲の田んぼに散らばり、多くは見かけません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 10:25
クロガモ♂060522波崎
 波崎に残っているカモは、スズガモ9羽とこの傷ついたクロガモだけでした。上嘴のこぶはオレンジ味はあまりなく黄色に見えます。胸に掛かった釣り糸を取ろうとしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/22 19:36
マガモ♂060521手賀沼
 水上排砂管のマガモとカワウ。手賀沼では、底に積もった数十cmのヘドロの浚渫が行われています。そのための排砂管上は鳥のいい休憩所になっています。導水も行われ、手賀沼の水質の改善は目覚しいものがあります。一方で、鳥の数は急激に減少しています。この時期は以前は毎年、クロハラアジサシ類が少なからず観察されていたのですが、昨年今年とまったく見かけません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 14:46
スズガモ♀060515印旛沼
 海から距離のある印旛沼ではスズガモは比較的稀で多くても数羽が見られる程度です。まだヨシガモも残留しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/17 20:54
コガモのつがい(060430手賀沼)
 春から夏にかけて僅かですが、手賀沼でコガモを見かけます。このつがいはどこで繁殖するのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/30 11:25

トップへ | みんなの「カモ類」ブログ

鴎舞時 / OhmyTime カモ類のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]