アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「両生爬虫類」のブログ記事

みんなの「両生爬虫類」ブログ

タイトル 日 時
シロヘビ・メキシコサンショウウオ成体170924市川市動植物園
シロヘビ・メキシコサンショウウオ成体170924市川市動植物園 Albino Japannese Ratsnake 170924 Ichikawa Zoo. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/25 20:31
クサガメ170918千葉県
クサガメ170918千葉県 Reeves' Pond Turtle 170918 Japan. 夜の農道で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 21:17
マルメタピオカガエル170918ファミリー動物ランド
マルメタピオカガエル170918ファミリー動物ランド Budgett's frog ♀170918. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 20:47
シマヘビ轢死体170821茨城県
シマヘビ轢死体170821茨城県 Road-killed Japanese Four-lined Snake 170821 Japan.水田地帯の民家前の路上で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 18:12
ヌマガエル、背中線を持つ170813千葉県
ヌマガエル、背中線を持つ170813千葉県 Japanese Rice Frog 170813 Japan. 田んぼからは500m以上離れた台地の桜林周辺で発見した。田んぼで見るものに比べて、褐色味が少なく、灰色がかる。角度によって少し緑を帯びる。薄黄色の背中線が目に付く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 22:35
亜種トウキョウダルマガエル-170717千葉県
亜種トウキョウダルマガエル-170717千葉県 Tokyo Daruma Ponnd Frogs Pelophylax porosus porosus 170715 Japan. 体色変異大。 亜種ナゴヤダルマガエル(以前の亜種名はダルマガエル)P.p.brevipodusとは遺伝的差異大きく、別種と考えられるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 21:16
クロサンショウウオ卵のう、スタイネゲル170624栃木県
クロサンショウウオ卵のう、スタイネゲル170624栃木県 Japanese Black Salamander Hynobius nigrescens Stejneger, 1907 170624 Japan. 林床のほとんど流れを感じない小川で乳白色の卵のう2つを見つける。 クロサンショウウオを記載したのはレオンハルト・スタイネゲルである。スタイネゲルは日本の鳥類学の創成期に貢献した鳥類学者である。両生類学者でもあり、日本産の両生類の記載も行っている。以下に彼が記載した両生類を挙げる。 1901年: オキナワイシカワガエル、ハナサキガエル、ナミエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/02 18:07
スッポン・クサガメ-170604千葉県
スッポン・クサガメ-170604千葉県 Chinese softshell turtle 170603 Japan. 公園の池で甲羅干し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 18:45
ヒバカリ170603千葉県
ヒバカリ170603千葉県 Japanese Keelback 170603 Japan. 谷津田沿いの路上死。全長50cm程度の成蛇。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 09:02
ニホンカナヘビ170506千葉県
ニホンカナヘビ170506千葉県 Japanese Grass Lizard 170506 Japan. 舌が覗く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 06:54
クサガメ170506千葉県(追記170827)
クサガメ170506千葉県(追記170827) Reeves' Pond Turtle 170506 Japan. 夜間の農道で。甲長は10cm程度。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 19:04
シュレーゲルアオガエル・トウキョウダルマガエル170503‐千葉県
シュレーゲルアオガエル・トウキョウダルマガエル170503‐千葉県 Schlegel's Green Tree Frog 170506 Japan. 谷津田の小川で見つける。田んぼで鳥を見るようになってかれこれ36年になるが日中見るのは初めて。泳ぐのも初めて見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 20:48
ニホンアカガエル卵塊170312千葉県
ニホンアカガエル卵塊170312千葉県 Japanese Brown Frog 170312 Japan. 谷津田の油の浮いた水たまりで複数の卵塊を発見。いくつか同様の水たまりがあったが、見られたのは一か所のみ。2月26日にはなかったので、この2週間で産卵があったことになる。成体は1匹も見られず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 18:29
ヤマカガシ161002千葉県
ヤマカガシ161002千葉県 Tiger Keelback 161002 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/14 23:29
亜種トウキョウダルマガエル-160812千葉県
亜種トウキョウダルマガエル-160812千葉県 Tokyo Daruma Ponnd Frog 160812 Japan. もう田で声を聴かない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/16 20:56
ヒガシニホントカゲ160903千葉県
ヒガシニホントカゲ160903千葉県 Plestiodon finitimus 160903 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 23:46
アオダイショウ160805茨城県
アオダイショウ160805茨城県 Japanese Ratsnake 160805 Japan. ジシギを探して畔を覗くとこいつと遭遇した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/06 22:04
ヌマガエルとヒクイナ
ヌマガエルとヒクイナ Japanese Rice Frog 160724 Japan. 先日、ヌマガエルがヒクイナに聞こえる、と書いたのだが、それについて私信をいただいた。確信がなかったのでかなり迷った末にアップしたのだが、こうしたリプライがあるのがネットのありがたいところだ。 今のところ声の正体には次の4つの可能性があると考える。 @ヌマガエル Aヌマガエルとは異なるカエル Bヒクイナ Cヒクイナとは異なる鳥 いずれの答えにしろ興味深い。 これについてはまた書くことになると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/28 22:36
亜種トウキョウダルマガエル160717茨城県
亜種トウキョウダルマガエル160717茨城県 Tokyo Daruma Ponnd Frogs Rana porosa porosa 160717 Japan. 亜種ダルマガエルRana porosa brevipodaは基亜種でなく亜種トウキョウダルマガエルが基亜種、ややこしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 22:13
ヌマガエル160717茨城県(追記170312)
ヌマガエル160717茨城県(追記170312) Indian Japanese Rice Frogs Fejervarya kawamurai160717 Japan. 茨城でも最近はごく普通に見られるようになった。鳴き声が特徴的なのでいるかどうかすぐわかる。遠くで鳴いているとヒクイナに似て聞こえることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 22:49
ウシガエル・亜種トウキョウダルマガエル、虹160703-千葉県
ウシガエル・亜種トウキョウダルマガエル、虹160703-千葉県 American Bull Frog & Tokyo Daruma Ponnd Frog 160703 Japan. 夜はタニシの活動も活発になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/07 23:22
ニホンヤモリの鼓膜160703千葉県
ニホンヤモリの鼓膜160703千葉県 Japanese Gecko 160703 Japan. 聴覚は発達しているのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/04 22:03
亜種ミシシッピアカミミガメ160603千葉県
亜種ミシシッピアカミミガメ160603千葉県 Red-eared slider 160603 Japan. 夜の農道を横断中。日中田んぼで見ることは無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/02 19:35
ニホンヤモリ160611千葉県
ニホンヤモリ160611千葉県 Japanese Gecko 160611 Japan. 外灯の間近で獲物を待つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/24 21:45
アマガエル160611千葉県
アマガエル160611千葉県 Japanese Tree Frog 160611 Japan. 夜の田んぼ、アマガエル、トウキョウダルマガエル、ウシガエル、ヌマガエルが鳴く。タマシギは3羽声がするが、成長したイネが邪魔をして見ることできず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 10:34
トウキョウダルマガエル・ウシガエル160506-千葉県
トウキョウダルマガエル・ウシガエル160506-千葉県 Tokyo Daruma Ponnd Frog & American Bull Frog 160506/0520 Japan. カエルの眼は青く光る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 21:16
クロサンショウウオ・ヤマアカガエル卵のう160502栃木県
クロサンショウウオ・ヤマアカガエル卵のう160502栃木県 Japanese Black Salamander 160502 Japan. 成体は見られず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 20:52
ニホンヤモリ160410千葉県
ニホンヤモリ160410千葉県 Japanese Gecko 160410 Japan. 初ヤモリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 20:01
フタユビアンフューマ150722すみだ水族館
フタユビアンフューマ150722すみだ水族館 Two-toed amphiuma 150722 Sumida Aquarium. 1m、1kgを超える現存の最大級の両生類。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 23:10
ウシガエル♂151018千葉県
ウシガエル♂151018千葉県 American Bull Frog 151018 Japan. 小春日和に甲羅干し。真っ黒に見えたがウシガエルって体色変えたっけ。 ヒクイナが聞こえた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/20 20:31
ジムグリ151010茨城県
ジムグリ151010茨城県 Burrowing Ratsnake roadkilled 151010 Japan. 1mの大形の成蛇。利根川堤防と耕作地の間を通る道で。森林のヘビのはずだが周囲に木々はほとんどなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 21:55
シマヘビ150926千葉県
シマヘビ150926千葉県 Japanese Four-lined Snake 150926 Japan. 庭園の池に面した石垣で発見、植え込みに逃げ込んだが枝の隙間からカメラを入れて写した。 ガラガラヘビよろしく尾を震わせた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/26 22:40
ヤマカガシ幼蛇150912千葉県
ヤマカガシ幼蛇150912千葉県 Tiger Keelback 150912 Japan. 約30cmの今夏生まれの幼蛇。舗装道路の路肩で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/13 23:27
タゴガエル種群 150829山梨県
タゴガエル種群 150829山梨県 Tago's Brown Frog Rana tagoi tagoi 150829 Japan. 雨上がりの朝、水量のかなり少ない沢から50m程度はなれた赤土がむき出しになった斜面で見つけた。全長は4cm程度。 Etoら(2012)の、ミトコンドリアDNA16SリボソームRNA遺伝子、NADHデヒドロゲナーゼ・サブユニット1による系統解析によれば、別種であるタゴガエルとナガレタゴガエルは相互に側系統であった。タゴガエルはクレードA、クレードBの大きく2つに分けられ、14のサブクレードに分けら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/30 23:44
トカゲはアリを食うか150726千葉県
トカゲはアリを食うか150726千葉県 アリの通り道でトカゲが日向ぼっこをしていた。アリを食うか確かめるチャンスなのでしばらく観察する。一度それらしき仕草をしたが積極的に捕食することはなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 23:54
アオダイショウ150724千葉県
アオダイショウ150724千葉県 Japanese ratsnake 150724 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 22:49
トウキョウサンショウウオ150722すみだ水族館
トウキョウサンショウウオ150722すみだ水族館 Tokyo salamander 150722 Sumida Aquarium. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 23:10
亜種ミシシッピアカミミガメ卵140705千葉県
亜種ミシシッピアカミミガメ卵140705千葉県 Red-eared slider Trachemys scripta elegans 140705 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 21:38
ニホンヤモリの指-150607千葉県
ニホンヤモリの指-150607千葉県 Japanese Gecko 150531/0607 Japan. 気配を察し向きを変え逃げる瞬間、指先をそらして接着面から離した。画像1は6月7日に撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/10 20:56
ヤマカガシ150524千葉県
ヤマカガシ150524千葉県 Tiger Keelback 150524 Japan. 鎌首をもたげる。長さ60cm程度。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/28 21:46
ウシガエル150502茨城県
ウシガエル150502茨城県 American Bull Frog 150502 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 22:38
ウシガエル150327茨城県
ウシガエル150327茨城県 American Bull Frog 150327 Japan. シュレーゲルアオガエルの声もした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 23:12
ニホンアカガエル卵塊150314千葉県
ニホンアカガエル卵塊150314千葉県 Japanese brown frog 150314 Japan. 緩やかに流れる公園の水路で。小さいオタマジャクシが見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 21:21
ニホンヤモリ141010千葉県
ニホンヤモリ141010千葉県 Japanese Gecko 141010 Japan. この日朝は14℃まで冷えたが日中は25℃前上昇した。夏日に誘われて活動したものの宵にはまた冷えて動きが鈍くなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/15 20:35
アオダイショウ141011千葉県
アオダイショウ141011千葉県 Japanese ratsnake 141011 Japan. がさっと音がした。視線を遣ると枝から長い物が一文字に垂れている。レンズを向けるとゆるゆると首をもたげた。「穴惑い」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/11 23:01
亜種トウキョウダルマガエル140921茨城県
亜種トウキョウダルマガエル140921茨城県 Tokyo Daruma Ponnd Frog 140921 Japan. 急に冷えて動きが鈍った。カメラを目前にしても逃げず。そばにシマヘビもいた。                                                                                                                                                                              ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/22 22:03
クサガメ140730茨城県
クサガメ140730茨城県 Reeves' Pond Turtle 140730 Japan. 道路横断中。甲長約10cm。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/31 21:52
ヒガシニホントカゲ幼体140728千葉県
ヒガシニホントカゲ幼体140728千葉県 Plestiodon finitimus 140728 Japan. 路上で死んでいた。今夏生まれの7cm程度の子ども。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/28 22:02
ヒバカリ幼蛇140628千葉県
ヒバカリ幼蛇140628千葉県 Japanese Keelback 140628 Japan. 30cm弱の幼蛇。タケとスギの林境で発見。あっという間にスギの根元の隙間に逃げ込んでしまった。掘り返したがミミズが出てくるのみ。なるほどこれを食っているのだな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 22:34
ヒガシニホントカゲ140629千葉県
ヒガシニホントカゲ140629千葉県 Plestiodon finitimus 140629 Japan. 朝からの雨が昼前上がり一時斜面林に陽が差込んだ。木洩れ日に陰が動いた。 2年前にニホントカゲから別種として分離された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/04 20:51
ヤマカガシ140630千葉県
Tiger Keelback 140629 Japan. 蓮田の水面で見つけた。全長は70cm程度。 まえは毒がないといわれていたので平気で素手で捕まえていたが、実際毒蛇だ。上顎の唾液腺であるデュベルノワ(デュベルノイ)腺からは毒性がとても強い出血性の毒(血液凝固系のプロトロンビンの活性化に係わる)を出す。頸腺からも別の毒(捕食したヒキガエルの毒)を飛散させる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/02 21:05
クサガメ轢死体140628千葉県
Roadkilled Reeves' Pond Turtle 140628 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/28 18:52
亜種トウキョウダルマガエル-140615葉県
Tokyo Daruma Ponnd Frog 140615/0504 Japan. 画像1(6月15日)は成体、画像2(5月4日)は子ガエル。子ガエルに比べ、成体はなかなか近づけない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/25 20:37
ヒバカリ幼蛇140622千葉県
Japanese Keelback 140622 Japan. 斜面林下方の林床にいた。長さは15cm程度。孵化にようする期間は34〜37日なので、今日孵化したばかりとして産卵は5月中旬、交尾はその2ヶ月程度まえとすると3月となる。こう考えるとちょっと早過ぎるか。『日本動物大百科』によれば、8〜9月に孵化。昨年の9月に生まれたとすると生後9ヶ月となるが、それで15cm程度となるとまったく成長していないことになってしまい不自然。いったいこの個体、いつ生まれたのか。 ヘビを探しを兼ねて新調したレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/22 12:43
ニホンアカガエル140531千葉県
Japanese Brown Frog 140531 Japan. まだ小さい子ガエル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/31 20:38
ヤマアカガエル抱接780329東京都
Montane brouwn frog 780329 Japan. 複数の雄に抱きつかれた雌が溺れた。というか窒息した。 この池は今は駐車場となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/08 18:50
ヤマカガシ131117千葉県
Tiger Keelback 131117 Japan. 林を行くと足元で長い物が動いた。低温も小休止の小春に動き出したか。 カメラを近づけると頭部を下向きに屈曲させ身じろぎしない。エラが張っているようにも見えるが天敵に対する何らかの擬態だろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/18 19:34
ニホンアマガエル、灰色の 131027千葉県 
Japanese tree frog 131027 Japan. この季節、林を歩くとこうしたアマガエルを見る。木につく地衣類の色? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/27 22:26
シマヘビ幼蛇131004北海道
Japanese four-lined snake juvenile 131004 Japan. 川原の石の下にとぐろを巻いていた。頭部が三角形、縦条が未だ入っておらず横斑が見られる。虹彩は黄色。一見マムシに見える。もしかするとマムシへの擬態かもしれない。捕食者に対する効果は知れぬが人にはありそう。むしろ目の敵にされ逆効果? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/06 22:55
ヤマカガシ トウキョウダルマガエルを食う131006千葉県
Tiger Keelback 131006 Japan. ジシギを探しているとなにやら呻き声がする。静かに近づくとカエルの断末魔だった。レンズを向けると捕食者が警戒して僅かに顎が緩んだか獲物は渾身の力で跳躍した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/06 22:42
亜種トウキョウダルマガエル・ニホンアマガエル130923千葉県(追加130926)
Tokyo Daruma Ponnd Frog 130923 Japan. 林にムシクイ、ヒタキを追っていると足元でなにか跳ねた。アマガエルかと見るとこれだったのでちょっと驚いた。辺りに田はない。 背中線が鮮やかな緑。亜種ダルマガエル岡山種族には背中線がない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/23 18:01
ニホントカゲ幼体130901東京都
Japanese Five-lined Skink juvenile 130901 Japan. 今年生まれと思われる全長6、7cmの幼体。目立つ尾の青緑は敵の目くらましとされるが、もしそうであるなら成体にとっても適応的であるはずなのだが、特に♂では成長とともに消えてしまうのはなぜか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/03 20:53
スッポン幼体130826千葉県
Chinese Softshell turtle juvenile 130826 Japan. 甲長数cmの幼体が水面に上がった。接近したらあっという間に潜ってしまった。以前巨大なスッポンのいた池だが水を抜かれていたのでもういないと思っていたが生き残りが繁殖していたようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/27 15:18
ナガレタゴガエル♀130820山梨県
Stream Brown Frog ♀130820 Japan. 標高800mの渓谷斜面、滝の傍で見つける。普通ナガレタゴの成体を見るのは産卵期の冬〜春でそれも水中。8月の成体は初めて。夏の生態は不明だ。 後足の広がったヒレに注目。タゴ、ヤマアカはこれほど発達しない。大きさは5cm程度に見えたのでより大きな♀と思われる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/23 22:23
ニホンアマガエル-130630千葉県
Japanese Tree Frog 130630 Japan. 林の切り株に今年生まれの子ガエル。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/10 21:15
ニホンヤモリ、虹130707千葉県
Japanese Gecko 130707 Japan. 夕のにわか雨で虹が出た。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 21:45
ニホンカナヘビ130622千葉県
Japanese Grass Lizard 130622 Japan. 蛍狩りに出かけたがホタルは飛ばず。その代わり、ヒクイナとヌマガエルの声を聞くことができた。千葉のヌマガエルは人為的な移入か。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/22 22:49
ウシガエル♂130616千葉県
American Bull Frog 130616 Japan. 身を隠すには浅すぎるか水田ではあまりお目にかかれない。背に注目。小さいゾウムシらしきが這うが、意に介さず。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/19 20:56
アオダイショウ褐色型(動画)130609千葉県
Japanese ratsnakes 130609AB Japan. 書でいるのは知っていたが成蛇の褐色型を見るのは初めて(個体A:画像1、2)。個体B(画像3-5、動画)は青味のある個体。全長は個体Aが1.2m程度、個体Bは1.5m程度と思われる。 今日は条件が揃ったか、水辺でアオダイショウが3匹出た。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/09 21:09
ニホンアカガエル130526千葉県
Japanese Brown Frogs 130526 Japan. キビタキの声がするので鬱蒼とした竹林に入る。足元でかさりと乾いた音がした。アカガエルだった。しばらく歩くともう一匹。冬から早春に産卵した後、春眠するとされるが、これらの個体は春眠から覚めたところか。今年生まれもそろそろ変態上陸する頃だがこれほど大きくはなっていないだろう。 ちなみに、サンショウウオを含めて両生類の少なからずが産卵の期間を過ぎると水から離れるが、その後どこで何をしているかは不明のことが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 20:21
トウキョウダルマガエル120801千葉県
オオジ探しの合間に。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/20 20:22
トウキョウダルマガエル120915茨城県
撮るぞというところで飛ばれた。3羽もいたとは。そこにこれが飛び出す ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/15 23:44
ニホンアカガエル120708千葉県
Japanese brown frog 120708 Japan. 小さいので今年生まれか。谷津田で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/10 20:41
ヒバカリ幼蛇120624千葉県
Japanese Keelback juvenile 120624 Japan. 全体的にやや青味を帯びた黒。頸部に黄帯が見える。うろこのキールがストロボの反射でわかる(画像1)。画像4で靴先と比べるとその小ささが見てとれる。おそらく孵化したばかりだろう。 林と畑の間の湿った農道で。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/24 20:34
ニホントカゲ120617千葉県
Japanese five-lined skink 120617 Japan. 尾の基部まで青い個体。今年生まれはまだなので少なくとも1年目個体。♀は♂より尾の基部が細く、青が消えにくいといわれる。この個体♀か。腹部が膨らんでいるように見える。ちょうど今産卵期なのでもしかすると産卵前の可能性あり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 20:23
ウシガエル卵塊120520-千葉県
American bull frog 120520/27 Japan. 水面に、一層に広がった卵。同じラナでもネイティヴの卵塊とはかなり趣き違う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/14 19:03
ニホンカナヘビ111010千葉県
Japanese Grass Lizard 111010 Japan. 日本の固有種で北海道から九州に分布する。南の個体はより尾が長く口先が尖る。名の由来は可愛い蛇(のようなもの)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/17 20:50
亜種トウキョウダルマガエル120428千葉県
Tokyo Daruma Pond Frog 120428 Japan. 汗ばむ陽気、鳴き声を聞くようになた。瞳に映る管理人。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/28 18:20
ニホンヤモリ120311千葉県
Japanese Gecko 120311 Japan. 啓蟄は過ぎたとはいえまだ早朝は息が白い。気温4℃でもごくゆっくりとではあるが動いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/13 22:29
ヒバカリ幼蛇111009千葉県
Japanese Keelback 111009 Japan. ほの暗い林の階段を下りていると足元からミミズのようなものが跳ねて一段下にぽとりと落ちた。目を凝らすと真黒の紐がある。二段先に回り屈んで覗き込むと黄色い斑が見えた。ちいさっ。こんな小さい蛇見たことない。 15cmのおそらく孵化して間もないヒバカリ幼蛇。こんな時期に孵るのか? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/14 20:38
ヒバカリ幼蛇DOR110826千葉県
Japanese Keelback 110826 Japan. 全長約35cmの幼蛇。林縁の道で。幼蛇は頸部背面中央に一筋の白線が通る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/30 18:54
ニホンヤモリ-110813千葉県
Japanese Gecko 110813 Japan.瞳孔が広がっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 10:42
スッポン110724千葉県
Chinese softshell turtle 110724 Japan.すぐ潜ってしまうので頭を出すところを予測して撮った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/09 21:32
シロマダラ110724千葉県(追記110806)
Oriental odd-tooth snake 110724 Japan. シロマダラ110724千葉県。約50cmの成蛇。幼蛇に見られる後頭の白斑がない。先月のヤマカガシと同じ場所で見つける。シロマダラは数年前に300m離れた所でやはりDORで見た(※)。 奄美大島で同じマダラヘビ類のアカマタを見たが、はるかに大きかった。シロマダラはマダラヘビ類中最北に分布し、最小種である。マダラヘビ類の形態(大きさと地色)がどのような条件(緯度、島の大きさ等)で決まるのか興味深い。北(あるいは東)から... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/25 09:34
ヤマカガシ110610千葉県
ヤマカガシ110610千葉県。畑沿いの細い舗装道路で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/15 21:42
ウシガエル110710千葉県
ウシガエル110710千葉県。水溜りを行くと2、3cmの子ガエルが次々と飛び出す。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/12 20:14
亜種アズマヒキガエル幼体110702千葉県
Eastern-Japanese common toad 亜種アズマヒキガエル幼体110702千葉県。雨上がりの林で。別個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/09 21:03
ニホンカナヘビ110619千葉県
Japanese grass lizard ニホンカナヘビ110619千葉県。スコープでアジサシを見ていると、わきの草がかさかさ鳴った。見れば地面から数十cmのところにカナヘビがいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/22 20:30
ニホンヤモリ110610千葉県
ニホンヤモリ110610千葉県。外灯の内、眩しそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/10 20:30
イシガメ110424千葉県
Japanese Pond Turtle イシガメ110424千葉県。手賀沼周辺で見られるカメはほとんどがミシシッピアカミミガメで、それ以外のカメがいればクサガメなのだけれど、珍しくイシガメがいた。鼻面が短く、なにより背甲後縁にギザギザがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/26 20:15
ウシガエル♂110416千葉県
ウシガエル♂110416千葉県。アマガエルの声は耳にするようになったが、ウシガエルはまだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/21 20:06
ニホントカゲ♂110416千葉県
Japanese five-lined skink 110416 Japan. ニホントカゲ♂110416千葉県。気温24℃の陽気で出てきた。下顎が少し赤く色付いてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/04/17 10:38
灰色のニホンアマガエル101010千葉県
Japanese tree frog 101010 Japan. ニホンアマガエル101010千葉県。林では灰色は普通に見られる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/04 20:33
ヒバカリ幼蛇101011茨城県
Japanese keelback ヒバカリ幼蛇101011茨城県。 薄暗い林床にいた。約30cmの幼蛇。体のところどころが帯状に銀色に光って見える。カメラを接近させると鎌首を上げた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 22:59
ニホンヤモリ100918千葉県
Japanese Gecko 100918 Japan. ニホンヤモリ100918千葉県。外灯の光が届かない溝にいたので、瞳孔が開いている。収縮した虹彩の皺が見える。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/18 21:34
ニホントカゲ日光浴100808千葉県
Japanese five-lined skink 100808 Japan. ニホントカゲ100808千葉県。朝の森の大きなシラカシの幹で陽を浴びていた。こんな場所は珍しい。 顎に婚姻色のオレンジが少し残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 21:28
ヒバカリ幼蛇ほか100824東京都
Japanese keelback ヒバカリ幼蛇100824東京都。多摩川沿いのこみちで見つけた20cm弱の幼蛇。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/24 19:50
ニホンアカガエル100804千葉県
Japanese Brown Frog 100804 Japan. ニホンアカガエル100804千葉県。谷津の小道で見つけた。2cmくらいの亜成体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 21:38
ニホントカゲ、アリを食う
Japanese five-lined skink 100711 Japan. ニホントカゲ100711千葉県。これまでトカゲがアリを食べるのを見た記憶はない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 12:47
アオダイショウ幼蛇DOR100706千葉県
アオダイショウ幼蛇100706千葉県。クリーム色の地に褐色の横斑が並ぶ。一見マムシに見える。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/16 21:34
ハナガメ100619千葉県
ハナガメ100619千葉県。 谷津田に半ば泥に埋まっていた。公園の池ならわかるがこんな所にいるとは。やけに警戒心が強く野性味があり、放たれてからの月日を感じさせる。 いくつかの他種と交雑が認められ、属間交雑個体が新種記載されたこともある。種(または属)の垣根の低さは注目に値する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/22 20:45
トウキョウダルマガエル100606千葉県
Tokyo Daruma Pond Frog 100606 Japan. トウキョウダルマガエル子ガエル100606千葉県。15mmくらい。今年生まれにしては大きいので1年目か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 21:05
ウシガエル♀100611千葉県
ウシガエル♀100611千葉県。♀ばかり小さい池に8匹いる。道を隔てた隣の池では♂が2匹競うように鳴いている。この雌雄の分離に意味はあるのかそれとも偶然か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/17 22:32
スッポン100611千葉県
スッポン100611千葉県。曇った午後に甲羅干し。近付こうとしたらあっという間に逃げられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 20:54
ウシガエル卵塊100522千葉県
ウシガエル卵塊100522千葉県。数mの小さな池に1塊りだけあった。カエルはそこで見たことはない。 あぶくに自分が映っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/02 21:39
ニホントカゲ♂100501千葉県
Japanese five-lined skink 100501 Japan. ニホントカゲ100501千葉県。♂は頭部が発達し顎が張っていて、この時期には婚姻色のオレンジ色が出る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/24 20:15
ニホンカナヘビ100514千葉県
Japanese Grass Lizard 100514 Japan. ニホンカナヘビ100514千葉県。朝日を浴びる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/19 21:12
ヒダサンショウウオ東京都産・長野県産
Hida Salamander Hynobius kimurae ♂100401 Japan. ヒダサンショウウオ♂100401東京都。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/24 22:20
ニホンアカガエル♀100401千葉県
Japanese Brown Frog ♀100401 Japan. ニホンアカガエル♀100401千葉県。 『鴎舞時 / OhmyTime』は開設4年を迎えた。この4年間で鳥見のスタイルが大きく変わった。いくつかの定点を半ば義務的に定期的に見て回って記録をとっていたが、やめた。定点をやっていると記録に穴ができると落ち着かない。やめると気楽になった。今は気の赴くままふらりと出かける。家を出てからさてどこへ行こうかと迷う。以前だったら行き先に迷うことは皆無だった、行くところは常に決まっていたか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/23 17:02
シマヘビ幼蛇赤色型091009茨城県
Japanese Four-lined Snake 091009 Japan. シマヘビ幼蛇赤色型091009茨城県。シマヘビの成体の色彩の多型は有名だが、幼蛇にもあるようだ。シマヘビの幼蛇にフィールドで出会うことはめったにないので、はじめこの赤を見たときジムグリかと思った。しかし、頭部のパターンを見てぎょっとした。ジムグリとは似ても似つかぬものだった。すぐにはシマヘビと出てこなかった。 虹彩の赤、楕円の瞳孔がシマヘビの特徴。 突然変異かと思ったのだが、ネット上で同様の個体が見られるので、... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/13 20:21
ヤモリは光よりも早い?
夜の外灯に集まるヤモリにレンズを向ける。内蔵フラッシュが発光するや壁の裏側に逃げ込む。 光ってから電光石火で隠れても無駄だ。光った刹那撮像素子はその姿を捉えている。 はずなのに。写っていないコマが幾つかある。どうしたことか。ヤモリの網膜が光を捉えてから反応したのでは写らないということは原理的にありえない。ならば、シャッターボタンを全押しした瞬間から発光する直前の間に反応したことになる。それが可能だとして、いったい何を刺激に反応したのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/04 21:23
オキサンショウウオ090328
約1.6万年前に本州と分断された隠岐は進化の実験場である。 島後の沢に、一見ブチサンショウウオやヒダサンショウウオなどの流水性のサンショウウオにに似た12cm程度のオキサンショウウオが棲む。このサンショウウオは進化生物学的にきわめて興味深い。というのも2万年で脊椎動物の形態が環境変化に応じてどこまで変わりうるのかを身をもって示す教材であるから。2万年は日常ではとんでもなく長いが地質時代では一瞬といっていい。 今から2万年前の最終氷期、海水準は-80mで隠岐は本州と陸続きであった。対馬(朝鮮)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 21:20
ヒバカリ幼蛇DOR090711千葉県
Japanese keelback ヒバカリ幼蛇090711千葉県。 20cm強。頸部に斜めに入る黄色の帯でヒバカリとわかる。腹面、特に前方はきれいな黄色を呈していたが、画像ではそれがあまり出ていない。英名は鱗のキールに由来する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 20:50
ニホントカゲ090620千葉県
Japanese five-lined skink 090620 Japan. ニホントカゲ090620千葉県。いつもは大きな雄が占拠している日なたを、華奢な雌と思われる個体ばかり7匹が定位置をめぐって争っていた。勝負は先手必勝、まさに一瞬で決着がつく。アタックの瞬間は撮れず。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/03 20:10
亜種アズマヒキガエル幼体090626千葉県
Eastern-Japanese common toad 亜種アズマヒキガエル幼体090626千葉県。 林の小道に2匹出てきた。アマガエルより小さい。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/26 22:22
ウシガエル♂090621千葉県
どうやら最悪の結末を迎えてしまったようだ。 3月8日に初認、管理人が最後に見たのが6月6日、私信によれば19日夕方に観察されている。20日6時前には不在を確認しているので、19日夕方から20日朝5時までの間に巣が放棄されたと思われる。孵化直前で放棄せざるを得なかったつがいを思うと、気の毒でならない。居た堪れない事故にかかわってしまった事が情けない。防ぐことができなかったか。 タカの繁殖の観察で気をつけてきたこと(100%遵守はできないとしても)。 1)巣に近づかない。これ基本。オオタカなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/24 22:40
アオダイショウの舌090606千葉県
Japanese ratsnake 090606 Japan. アオダイショウ090606千葉県。全長1m。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 20:04
ヤマカガシ・ニホントカゲ090523千葉県
ヤマカガシ090523千葉県。長さ50cmあまり。1年目個体か。追いかけたら切り株のほんの僅かな隙間に入ってしまった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/28 21:13
ニホントカゲ♂ほか090504千葉県(追加090513)
Japanese five-lined skink ♂090504Japan. ニホントカゲ♂090504千葉県。下顎にオレンジの婚姻色の出た雄。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/07 22:08
ニホントカゲDOR 090426千葉県
4月も下旬になりトカゲは繁殖期。 雄の頬と顎には婚姻色のオレンジが出る。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/28 05:47
アオダイショウ080915千葉県
公園でばったり出くわした。 相手が微動だにしないのをいいことに近寄ってとりあえず撮る。何枚か撮るうちにしゅるしゅると這い出し、ぽつんと植えられたドウダンツツジにあっという間に消えた。下から覗きまた撮る。しつこいやつだと思われたことだろう。 それにしても公園のドウダンにこんな長いのが潜んでいるとは誰も思わないことだろう。怖いけどちょっと愉快でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 21:09
ヤモリと分子間力080726千葉県
駐車場の一つの外灯に照らされた壁面にヤモリが5匹も集まっていた。ひと気を感じてか頭を下にして微動だにしない。 コンクリートやガラスにどのようにくっ付くのかはいろいろな説があった。1)吸盤のように気圧を利用する、2)水を介して接着している、3)足指の裏の毛の鉤状の突起を引っ掛けている、4)分子間力を利用している、など。 しかし、2002年にファンデルワールス力という分子間力による、と決着がついた。だから、『決定版日本の両生爬虫類』(平凡社)に「完全に磨きあげたガラスであると、引っかかりがないた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/27 14:54
ウシガエル080707千葉県
でかい図体の割りに小心。人影があれば瞬間水中へ飛び込む。 この日は雨に打たれてほうけたか、路上で身じろぎもせず。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/09 19:59
亜種アズマヒキガエル080622千葉県
ヒキガエルの分類はカエル類の中で最も難しいといわれる(『日本動物大百科5』)。ユーラシア大陸の広い範囲にに分布する多様なヒキガエル類はヨーロッパヒキガエル種群として括られている。かつて日本のヒキガエルはヨーロッパヒキガエルの亜種とされていたが、人工雑種などの結果により独立種(ニホンヒキガエル)として記載された。 関東のヒキガエルは、関西の基亜種ニホンヒキガエルBufo japonicus japonicusの亜種アズマヒキガエルB. j. formosusである。その差はあまりなくアズマのほう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 20:59
ヘビの舌の構造と機能 080622千葉県(追記080623)
暗い雨の林でアオダイショウに出くわした。互いの動きがぴたりと止まる。 相手は舌を盛んに出してこちらの出方を窺っている。舌を出すのと連動して尾を小刻みに震わせる。落ち葉に触れて音が出る。緊張する。カメラをそっと鼻先に近づけて撮ってみた。 画像を見て面白いことに気がついた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/06/22 21:38
クサガメの黒化(メラニズム)080608千葉県
クサガメは普通、甲板の縁と頭部側面の縦条が黄色い。しかし老熟した♂は全身黒くなる。こうした現象は黒化(メラニズム)といわれる。このタイプのクサガメは、イシガメと間違われたり、別種とされたこともある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/12 21:05
アオダイショウほか-080521千葉県
アオダイショウ幼蛇080519千葉県。40cmくらいだったので今年生まれでしょう。白っぽくて模様もマムシみたいで、一見アオダイショウに見えません。 ガラガラヘビよろしく、尾を震わせていました。もちろん音は聞こえませんが。 ヒバカリの幼蛇もいたようで、林は蛇のベビーブーム。鳥に夢中で上ばかり見ているので知らずに何匹か踏んでいたかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 20:22
ヤマカガシ・ニホンカナヘビ080506千葉県
爬虫類が活発になってきたようです。 絵に書いたような鎌首を見ることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/08 22:01
タゴガエル♂♀071128長野県産
タゴガエルは日本固有のアカガエル類です。 名は両生類学者の田子勝弥に献じられたものです。1978年に発見された近縁のナガレタゴガエルはそれまでタゴガエルと混同されていました。こうした見分けのつきにくい複数の種の集団を隠蔽種(場合により同胞種とか姉妹種)といいます。 Tago's brown frog091128Japn. タゴガエル♂(上)・♀(下)071128長野県産。 ナガレタゴを含め雌が大きいというカエル類に見られる一般的傾向は、タゴでははっきりせず大きさに雌雄差がほとんどありませ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 22:57
アオダイショウ脱皮071014手賀沼
でかい続きでヘビ。主はたぶん2m50はあるでしょう。ここまで大きく完璧な抜け殻は初めてです。ご利益も桁外れ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/03 09:31
ウシガエルの卵塊070708手賀沼
親の体が大きい割りに卵はとても小さい。けれども、数が桁外れに多く、そのうえ重なることなく無闇に水面に広がっているところがやはり島国日本の自然には馴染まない感じがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 20:43
ウシガエル縄張り行動070617手賀沼
ウシガエルの♂同士の縄張りの境界の衝突は、さながら水入りの入らないガップリ四つの大相撲のように延々と終わりを知りません。 今あちこちの池や沼で目撃します。始めは面白がって眺めているのですが、結局飽きて結末を見届けたためしがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/19 21:02
トノサマガエル種群とセグロカモメ種群
種群というのは、極めてよく似た複数の種(亜種)を一括りに扱うときに使う用語です。早い話し分類のよくわからない生物の一群を指す言葉です。 英語では、complex(複合体)とかassemblage(集合体)とか、もっと単純にgroup(群)とか、研究者ごとに別の表記をしています。 ショウジョウバエ、タテジマフジツボ、カスミサンショウウオ-トウホクサンショウウオ、ヒヒ(ヒヒの分類は極めて面白くカモメの分類にも通じるものを感じます)、そしてこのトノサマガエルなど、いろいろな生物種で、種群があります... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/15 21:10
クロサンショウウオ幼生070530茨城
午後どしゃ降りの雨の後不如帰の初音を聞きましました。 昨日、出張先のつくばにて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 22:28
ニホンアカガエル070530茨城
「個体数が多く、よく人目にふれる日本産のアカガエルを代表する種。」 山渓の『日本のカエル』には、こう記されています。しかし、現在このカエルはよく人目にふれるカエルではありません。『日本のカエル』が出版されたのが2002年ですから、この数年でアカガエルを取巻く環境が急速に悪化していることがわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/30 22:56
トウホクサンショウウオのバランサー
サンショウウオ類には、止水性と流水性があり、止水性の初期幼生にはバランサー(平衡桿)と呼ばれる器官が発達します。 眼とエラ(外鰓)の間にある棒状の突起物です。体をまっすぐに保つ働きがあるといわれていますが、機能は不明です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/28 21:03
サンショウウオのカニバリズム
進化生態学が流行る前、動物行動学が全盛の頃、種に不利な行動は進化しないと考えられていた。だから、同種殺しは異常な行動で片付けられてしまいました。 今では逆に、種や個体群に有利な行動が進化する、あるいは、種に不利な行動は進化しないといった種選択やグループ選択は、あったとしても特殊なケースに限られると考えられるようになりました。 進化生態学では、同種殺しは進化しうる行動であり、むしろ同種殺しが普遍的とならなかった原因こそが問題となるわけです。 クロサンショウウオやカスミサンショウウオの幼生の共... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/26 22:16
トウホクサンショウウオ♀♂、卵嚢070425栃木県
北関東から東北に分布する、止水性のサンショウウオで、遺伝的にはトウキョウサンショウウオに近く、外見も似ています。近縁のトウキョウとトウホクの遺伝的距離は、カスミサンショウウオとその亜種と考えられるオワリサンショウウオとのそれと同程度です。クロサンショウウオとは同所的ですが、トウキョウサンショウウオとは同所的に分布はしません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/04/25 22:31
ヒダサンショウウオ♀♂、卵嚢070416長野県(追記:070429)
鳥の写真を撮り始めた頃、友人に見せられた1枚の写真に衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。 ちょっとピントはあまいのだけれど、そこには藍色に鮮やかな黄色い斑点の散らばった、紛れもないサンショウウオが写しだされていたのですから。 言うまでもなく、週末には友人の案内で人知れぬ細い流れをめざして道無き斜面をはやる気を抑えきれず登ったのでした。 ヒダサンショウウオは山陰から関東の渓流に住む、流水性のサンショウウオです。 地味な日本産サンショウウオのなかで、このヒダサンショウウオは例外的に美... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/24 22:07
アマガエル色
『鴎舞時』は開設1年を迎えました。とにかく何があっても1年は継続しようと始めたのですが、坦々と回を重ねたといった感じです。 ウェブは、誹謗中傷に充ち、罵詈雑言の飛び交う憎悪に満ちた世界。伏魔殿に丸腰で入っていくようなもの。ちょっと大げさですが、知人にやめたほうがいいと忠告を受けたこともあり、恐る恐る、そろそろと片足を入れるように投稿したものです。 いざ始めてみると、悪意の反応はなく、というか反応自体がほとんどなく、ちょっと拍子抜けといったらいいでしょうか。まあ、特に宣伝をしたわけではないので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 22:24
アカウミガメ070307神栖
年を重ねた大きなウミガメが力尽きて浜に打ち上げられているのに出くわすと、そこはかとなく哀れを感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 19:52
クロサンショウウオ070310茨城
クロサンショウウオは北関東から東北に生息する、トウキョウサンショウウオhttp://seichoudoku.at.webry.info/200702/article_24.htmlより大きい止水性のサンショウウオです。トウホクサンショウウオと同所的に分布する場合がありますが、トウホクのほうが流れのあるところに産卵し、また卵のうは形態が大きく異なります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/03/10 20:54
ニホンアカガエルとヤマアカガエル
ニホンアカガエルは平地に、ヤマアカガエルは山地に生息するアカガエルで、よく似た外見をしていて、同じ場所で見つかる(同所的)こともあります。けれど、Larus cachinnansとL.mongolicusとのように、別種なのか亜種なのかといった混乱は起きません。何重かの隔離機構があり、また核型分析(染色体の数と形を調べること)で明瞭な差があるからです(体細胞の染色体数はニホンアカが、2n=26、ヤマアカが2n=24)。 Japanese brown frog 070220 Japan. ニホ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/21 21:39
トウキョウサンショウウオ〜両生類の分類学は参考になる
大形白頭カモメ類の分類/系統を理解するのに両生類のそれがとても参考になります。 両生類は比較的個体間の移住の頻度が低く、隔離されやすいため、種分化が進みやすいと考えられます。 日本は小形サンショウウオの宝庫です。朝鮮半島や台湾と比較して数倍の種が認められています。これまでサンショウウオの分類は形態を頼りに行われてきましたが、最近はミトコンドリアDNAの塩基配列による分子系統学的な研究が盛んに行われ、これまでの分類が見直されています。カモメの分類も同様な道を歩んでいます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/02/20 21:18
ナガレタゴガエルとタゴガエル070130東京都
ある雑誌の記事が、心の底に沈んでいた記憶を呼び起こし、感情が乱される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/02/01 21:54
ジムグリ幼蛇061004手賀沼
  ジムグリの多分生まれてから2、3ヶ月の幼い個体。成蛇は70cm以上になる。幼蛇は赤味が強く、黒斑も大きい。上顎が下顎に覆いかぶさるのは地下での生活の適応と考えられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 22:49
トウキョウダルマガエル060830印旛沼
  関東で見られるトノサマガエルは、このトウキョウダルマガエルです。トノサマガエルはいません。富士山の西には、亜種ダルマガエルがいます。   地理的隔離による種分化の代表的な例です。いずれカモメの種分化を取り上げる予定ですが、その時また、この話をすることになるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/30 14:01
ウシガエルに蚊060829手賀沼
 蚊に悩まされるのは人ばかりではないようです。ウシガエルの右目に注目してください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/29 22:28
アマガエル060625手賀沼
 この時期の手賀沼の斜面林には無数のアマガエルが見られます。これらのおかげで、昨日採り上げたヒバカリやシロマダラは暮せるのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 21:04
ヒバカリ060628手賀沼
 頸の黄色い帯がヒバカリの特徴です。咬まれれば命はその日ばかり、が名の由来といわれるけれど、毒はありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/28 21:53
ミシシッピアカミミガメ060618手賀沼
 今、野生のカメといえばこのカメです。手賀沼にはいったいどれだけいるのでしょうか。一方、クサガメはまったく見かけなくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/18 11:29

トップへ | みんなの「両生爬虫類」ブログ

鴎舞時 / OhmyTime 両生爬虫類のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる