アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Larus smithsonianus」のブログ記事

みんなの「Larus smithsonianus」ブログ

タイトル 日 時
アメリカセグロカモメ冬羽170219千葉県
アメリカセグロカモメ冬羽170219千葉県 American Herring Gull nonbreeding 170219 Japan. 背の灰色はセグロカモメより明らかに淡色。後頸の褐色班は濃く拡散している。オービタルリンクと虹彩は黄色。上下嘴に黒斑があるが成鳥。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 20:45
アメリカセグロカモメ第1回冬羽170128千葉県
アメリカセグロカモメ第1回冬羽170128千葉県 American Herring Gull/ Slaty-backed Gull/ Slaty-backed Gull first winter 170128 Japan. 画像1: アメリカセグロカモメ。体部が一様な暗褐色。肩羽に第1回冬羽が出ている。画像2、3: オオセグロカモメ。 American Herring Gull / Slaty-backed Gull first winter 170128 Japan. 画像4: アメリカの下尾筒には暗色斑がかなり多い。画像5: アメリカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 22:06
アメリカセグロカモメ第4回冬羽、目の黒い141227千葉県
アメリカセグロカモメ第4回冬羽、目の黒い141227千葉県 American Herring Gull fourth winter with Vega Gulls 141227 Japan. 周囲のセグロカモメより一回り小さいため小形の♀かもしれない。また、上下嘴に黒斑があり、初列端の白が小さいので第4回と思われる。 背は明瞭に淡色。後頸の暗色斑はセグロより濃い。初列風切の換羽は平均するとセグロより1ヵ月程度早いがこの個体は換羽が終わっておらず、P10は伸長中である。P9にはミラーはない。黒はP4まである。アメリカセグロの初列の黒は普通P5までで、♂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 23:45
アメリカセグロカモメ第2回冬羽140118千葉県
アメリカセグロカモメ第2回冬羽140118千葉県 American Herring Gull second winter 140118 Japan. 背の灰色がかなり淡色。一方、初列風切、尾は黒いのでシロカモメとの雑種の可能性はない。後頸の濃い暗色斑はアメリカセグロの特徴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 18:55
アメリカセグロカモメ幼羽〜第1回冬羽、オオセグロカモメとの比較140118千葉県
アメリカセグロカモメ幼羽〜第1回冬羽、オオセグロカモメとの比較140118千葉県 American Herring Gull molting juvenile 140118 Japan. 後頸、胸。腹がベタッと暗褐色。頭部が白く退色し嘴基部に淡色が入り始めている一方で肩羽の換羽、退色は進んでいない。画像3〜7の右側はオオセグロカモメ。全体的に羽衣のパターンのコントラストがオオセグロより明瞭である。尾の黒帯は、中央部ではオオセグロ同様、上尾筒付近まで達しているが、外側ではオオセグロより基部の白が多い。上尾筒はオオセグロより斑が大きく明瞭であるため、より暗色に見える(オオセグロ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/19 21:50
アメリカセグロカモメ第3回冬羽131026千葉県
アメリカセグロカモメ第3回冬羽131026千葉県 Possible American Herring Gull third winter 131026 Japan. 雨中での観察では色味が沈んでどのカモメの背の濃さも大差なく見える傾向があるのだがそのなかで背の薄さが目についた。頭部から胸部に斑が密にあるのも辺りのセグロとは趣きが異なる。カナダ?いや頭部も初列も違う。スミソンか。全体的な特徴は当てはまる、大事な一点を除いては。虹彩が明るくない。そこを確かめたところで追求はやめた。けれどこうして画像を見るとやはり可能性は低くないと思われる。 初... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/27 22:10
アメリカセグロカモメ第2回冬羽130401千葉県
アメリカセグロカモメ第2回冬羽130401千葉県 American Herring Gull second winter 130401 Japan. 130302個体、130307個体と同一。1ヵ月で換羽が少し進み、嘴の黄色味が僅かに増したか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/05 22:05
アメリカセグロカモメ第1回冬羽・第2回冬羽130307千葉県
アメリカセグロカモメ第1回冬羽・第2回冬羽130307千葉県 American Herring Gull second winter 130307 Japan. 130302個体と同一。退色して白っぽい中雨覆と褐色の大雨覆の差が明瞭。尾の黒帯の幅は広い。画像4は上からセグロ、アメリカ、カナダ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/09 21:34
アメリカセグロカモメ第2回冬羽130302千葉県
アメリカセグロカモメ第2回冬羽130302千葉県 American Herring Gull second winter 130302 Japan. 第一印象は大きいカナダカモメ。背の灰色はセグロより明らかに淡色で、やや薄すぎるかとも思ったが初列は他のセグロ同様の濃さだったのでシロxセグロの可能性はないと感じた。退色が進んではいるものの大雨覆が細かい褐色斑で覆われていて中雨覆とコントラストをなすのもセグロとの違い。後頸の斑はべたっとした感じで、尾の黒帯も広い。額はなだらかなスロープ状で嘴は長い。オービタル・リングは肌色、虹彩は黄灰色。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/03/05 20:43
アメリカセグロカモメ冬羽121228千葉県
アメリカセグロカモメ冬羽121228千葉県 American Herring Gull nonbreeding with Vega & Black-tailed Gulls 121228 Japan. 背が薄いので見つける(最後の画像の左端がカメリカセグロ、それから右へ順にウミネコ、セグロ、セグロ)。眼瞼は橙黄色、下嘴の赤斑に黒が入る。初列風切は、換羽が済んでおり、黒はP5まで、P9にミラーはなし。後頸から胸にかけてカナダカモメを思わせる灰褐色の斑がべったとある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/30 18:52
アメリカセグロカモメ第1回冬羽120429千葉県
アメリカセグロカモメ第1回冬羽120429千葉県 Possible American Herring Gull first winter 120429 Japan. 大雨覆の退色が気になるが、体下面の一様な褐色や三列、初列などジズはアメリカでよしと感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 17:16
アメリカセグロカモメ第1回・第2回冬羽120121千葉県
アメリカセグロカモメ第1回・第2回冬羽120121千葉県 American Herring Gull first winter with Black-tailed Gull (and Vega Gulls) 120121 Japan. 肩羽の換羽はあまり進んでおらず、淡色羽縁の切れ込みが少ない。大雨覆が顕著に暗色(セグロではこれほどにならない)。三列風切、尾も黒。翼下面も褐色斑多い。頭部と腹の辺りは退色している。翼が長く、オオセグロの体形とは異なる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/24 20:22
アメリカセグロカモメ・セグロカモメ・オオセグロカモメ第1回冬羽120107千葉県
アメリカセグロカモメ・セグロカモメ・オオセグロカモメ第1回冬羽120107千葉県 American Herring Gull first winter with Vega Gulls & Slaty-backed Gull 120107 Japan. 日没後の防波堤上にアメリカセグロ、セグロ、オオセグロ、それぞれの第1回が揃った。 アメリカは、体下面(足のところまで)がベタッと褐色(画像6でわかりやすい)なのはオオセグロでも見られるが、三列、初列風切がより黒く、尾の黒帯も顕著である点ではっきり識別できた。腋羽、下雨覆も褐色(最後から2番目の画像)。嘴はオオセグロより、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/08 14:53
アメリカセグロカモメ幼羽〜第1回冬羽111203千葉県
アメリカセグロカモメ幼羽〜第1回冬羽111203千葉県 Possible American Herring Gull juvenile/first winter with Vega Gulls 111203 Japan. 頭から頸は白っぽく退色しているが、体下面は褐色が濃い。内側大雨覆は暗色。三列風切、次列、初列は黒褐色。尾の黒帯は太い。肩羽に第1回冬羽が出ている。下雨覆、腋羽にも褐色斑が密にある。内側初列は淡色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/17 10:33
アメリカセグロカモメ幼羽〜第1回冬羽111120千葉県
アメリカセグロカモメ幼羽〜第1回冬羽111120千葉県 Possible American Herring Gull juvenile/first winter with Vega Gulls 111120 Japan. 全体的に暗褐色で目につく。三列、初列はセグロより黒っぽい。下尾筒の斑は濃い。尾の黒帯も太い。しかし一方で、体下面はべたっとした褐色ではなくまだらになって見える。大雨覆も典型よりは淡色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/24 20:25
アメリカセグロカモメ成鳥冬羽111120千葉県
アメリカセグロカモメ成鳥冬羽111120千葉県 American Herring Gull nonbreeding with Vega Gulls 111120 Japan. 小雨で薄暗かったが背の灰は周囲のセグロカモメより薄いのが目についた。距離があったので眼瞼の色まで確認できなかったが、虹彩は淡黄色。頭部から後頸の褐色斑は濃く拡散している。嘴は下嘴の赤の後ろに黒斑があり、上嘴にも黒斑がある。初列風切の換羽はセグロより進んでいて、P10まで揃っていた。P5には黒斑があるが、P4にはない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 17:31
アメリカセグロカモメ第3回冬羽110307千葉県
アメリカセグロカモメ第3回冬羽110307千葉県 American Herring Gull third winter 110307 Japan. アメリカセグロカモメ第3回冬羽110307千葉県。背の薄さが際立っていた。初列雨覆、小翼羽、尾に暗色斑あり。初列のパターンは雑種シロxセグロとは異なり、黒部分が多い。P5には小さい黒斑あり。頭部の形等ジズは典型的だが、虹彩の色は褐色がかった黄色で典型的とはいえない。多くのアメリカセグロは第3回で成鳥と同じ黄色になる。しかし、個体差の内だろう。'Gulls of the Americas(p164)... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/07 23:06
アメリカセグロカモメ成鳥冬羽とモンゴルセグロカモメ101115千葉県
アメリカセグロカモメ成鳥冬羽とモンゴルセグロカモメ101115千葉県 American Herring Gull nonbreeding (left) with Mongolian Gull (right) 101115 Japan. アメリカセグロカモメ成鳥冬羽(左)とモンゴルセグロカモメ成鳥冬羽(右)101115千葉県。モンゴルの隣にいつの間にかいた。悪天候のせいか画像ではあまり差が明確ではないが、右のモンゴルより背の灰が薄い。頭部の斑は細かく密で、頸から胸の斑は濃く拡散している。虹彩は黄色。気になるのが初列の換羽である。P6が新羽、P9-P10は旧羽。セグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 21:45
アメリカセグロカモメ第4回冬羽100301千葉県
アメリカセグロカモメ第4回冬羽100301千葉県 American Herring Gull 4th winter with Black-tailed & Vega Gulls 100301 Japan. アメリカセグロカモメ第4回冬羽千葉県。曇天で薄暗かったのであまり目立たなかったが、セグロよりすこし背の灰色は薄く見えた。虹彩は黄色で、眼瞼も薄い。頭部の斑は顕著。嘴上下に黒斑が明瞭なので第4回か。画像4の中央で羽を広げている。P9にやや小さいミラーがある。P5まで黒斑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/08 20:54
アメリカセグロカモメ第1回冬羽1000201千葉県
アメリカセグロカモメ第1回冬羽1000201千葉県 American Herring Gull Larus smithsonianus first winter 100201Japan. アメリカセグロカモメ第1回冬羽100201千葉県 。体部が暗褐色、三列風切は羽縁が狭く白で後は黒、初列も黒。画像ではわかりにくいが、嘴基部は淡色になりかけている。額はスロープ状。暗色でアメリカセグロカモメによく似たオオセグロカモメの幼羽を疑ったが、フショの前面の鱗が黒っぽくない、体形がぼてっとしていなくてやや横長である、初列と尾が黒いことなどから、アメリカセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 22:06
アメリカセグロカモメ第2回冬羽091231千葉県
アメリカセグロカモメ第2回冬羽091231千葉県 American Herring Gull 2nd winter with Slaty-backed Gull and Vega Gull 091231 Japan. アメリカセグロカモメ第2回冬羽091231千葉県。背の灰色はセグロカメモより明らかに薄い。嘴のパターンは黒が多くて第1回のようだが、背、肩羽、雨覆の一部が換羽している。セグロの第2回は一般的に虹彩が暗色だが、この個体では黄色。スロープ状の額もアメリカセグロに特徴的である。頭部から体下面のべたっとした均質な褐色斑はアメリカセグロの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 13:47
Larus smithsonianus スミソニアヌス成鳥冬羽・シロxセグロカモメ091120千葉県
Larus smithsonianus スミソニアヌス成鳥冬羽・シロxセグロカモメ091120千葉県 American Herring Gull Larus smithsonianus with Vega Gulls 091120 Japan. 「スミソニアヌス」成鳥冬羽091120千葉県。セグロカモメより背の灰色が薄い。頭部全体に斑があり、特に後頸で濃い。虹彩は黄色。下嘴に赤と黒の斑。脚は薄いピンク。初列風切はP10、P9が伸長中で、P4まで黒斑がある。最後の画像の中央と右はセグロカモメ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/21 22:55
Larus smithsonianus スミソニアヌス第1回冬羽の飛翔・成鳥冬羽090216千葉県
Larus smithsonianus スミソニアヌス第1回冬羽の飛翔・成鳥冬羽090216千葉県 American Herring Gull Larus smithsonianus 1st winter 090216 Japan. スミソニアヌス第1回冬羽090216千葉県 。大雨覆、次列、三列、尾が広く暗色。体部の褐色のべったり感があまり感じられず、典型的な個体ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/20 21:15
Larus smithsonianus スミソニアヌス第1回冬羽081224千葉県
Larus smithsonianus スミソニアヌス第1回冬羽081224千葉県 American Herring Gull Larus smithsonianus 1st winter with Vega Gull 081224 Japan. スミソニアヌス成鳥冬羽081224千葉県。体部が一様な暗褐色。顔、肩羽、雨覆は擦り切れて白っぽく見える。大雨覆の暗色は残っている。三列・初列風切は暗色。尾の黒帯は広い。嘴のツートーンは、はっきりしない傾向にあるが、この個体では比較的くっきり分かれて見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/26 12:25
Larus smithsonianus スミソニアヌス成鳥冬羽081224茨城県
Larus smithsonianus スミソニアヌス成鳥冬羽081224茨城県 American Herring Gull Larus smithsonianus adult nonbreeding with Vega Gull(right) 081224 Japan. スミソニアヌス成鳥冬羽081224茨城県。右のセグロカモメと比べて、背が薄く、頭から頸の斑がもやもやしている。初列の換羽はセグロよりやや進んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/25 21:12
Larus smithsonianus 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080326茨城県
Larus smithsonianus 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080326茨城県 American Herring Gull Larus smithsonianus 080326 Japan. 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080326茨城県。 American Herring Gull Larus smithsonianus (right), with Vega Gulls 080326 Japan. 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080326茨城県。左のセグロカモメより明らかに薄い。虹彩は黄色。下嘴に黒斑がある。頭部の斑はもやっとした感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 20:50
Larus smithsonianus 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080306千葉県
Larus smithsonianus 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080306千葉県 American Herring Gull Larus smithsonianus (center), with Vega Gulls 080306 Japan. 「スミソニアヌス」成鳥冬羽080306千葉県。明らかな淡色の背、独特な頭の形、黄色の虹彩、初列のパターンに注目。シロxセグロの雑種は初列の黒がより少ない。嘴の黒班は見えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 21:29
Larus smithsonianus 第3(or4)回冬羽 ・成鳥冬羽080221千葉県・茨城県
Larus smithsonianus 第3(or4)回冬羽 ・成鳥冬羽080221千葉県・茨城県 背の灰色の薄いセグロカモメが3羽いました。いずれも初列のパターンからシロカモメとの雑種ではないと考えられます。まず成鳥から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/25 21:23
Larus smithsonianus 第2回夏羽 070412 銚子
Larus smithsonianus 第2回夏羽 070412 銚子 Gull watcherにとって書入れ時の3月下旬から4月上旬を棒に振ってしまいました。鴎を冠したブログなのに情けない。看板を下ろそうとも思ったのですが、毎日幾人ものオーディエンスが『鴎舞時』で検索してここを訪問してくれているので、この名でやってきます。 さて、北アメリカ産のセグロカモメ、American Herring Gull Larus smithsonianus の第2回です。 かなり退色、磨耗が進んでいていて、第2回冬羽というより第2回夏羽と言ったほうがいいと思います。また、背と肩... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/13 21:42
Larus smithsonianus 第3回冬羽 070128 神栖
Larus smithsonianus 第3回冬羽 070128 神栖 一見して、周囲のカモメやセグロカモメより背の灰色が薄いセグロカモメ類がいました。初列風切がセグロと同様に黒く、虹彩が明るく、北アメリカ産のセグロカモメ(Larus smithsonianus)と思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/31 22:18
背の薄いセグロカモメ061030神栖
背の薄いセグロカモメ061030神栖   このセグロカモメは背の灰色が薄く見えます。こうしたカモメは、1) 北アメリカ産のセグロカモメであるLarus smithsonianus(一般的にはLarus argentatusの亜種とされていますが、mtDNAの分子系統学的には別種とするのが妥当と思われます)、2) セグロカモメxシロカモメ雑種個体、3)光線の具合で普通のセグロカモメの背が薄く見えただけ、のどれかと考えられるのですが、この個体はどうでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 21:02

トップへ | みんなの「Larus smithsonianus」ブログ

鴎舞時 / OhmyTime Larus smithsonianusのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる