アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「セグロカモメ」のブログ記事

みんなの「セグロカモメ」ブログ

タイトル 日 時
タイミルセグロカモメ第1回夏羽〜第2回冬羽161029千葉県
タイミルセグロカモメ第1回夏羽〜第2回冬羽161029千葉県 Taimyr Gull / Vega Gull second winter 161029 Japan. 上タイミルセグロカモメ、下セグロカモメ。セグロに比べて、頭白い、背濃い、足のピンク薄い、スマート。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 19:17
ホイグリン-タイミルセグロ-セグロカモメ第1回冬羽160402千葉県
ホイグリン-タイミルセグロ-セグロカモメ第1回冬羽160402千葉県 Heuglin's/ Taimyr/ Vega Gull first winter 160402 Japan. 体形、初列風切の突出、肩羽第1回冬羽のパターン、雨覆幼羽のパターン、内側初列の淡色部(ウィンドウ)の広さ、の差異に注目。画像4でホイグリンの内側初列は特に内弁がやや淡色だが、画像5のタイミルに比べて明らかに暗色である。画像6は内側初列の白色ウィンドウが明瞭だが、体形や体部の斑の多さ等よりモンゴルではない。画像1と4のホイグリンカモメ160402は160221=160326と同一。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 18:17
セグロカモメ幼羽部分白化151121千葉県
セグロカモメ幼羽部分白化151121千葉県 Leucistic Vega Gull 151121 Japan. 背と右肩羽の一部が白化している。部分白化のカモメ幼鳥はたまに見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 23:26
オオセグロカモメ幼羽・冬羽/セグロカモメ幼羽・冬羽151107千葉県
オオセグロカモメ幼羽・冬羽/セグロカモメ幼羽・冬羽151107千葉県 Slaty-backed Gull nonbreeding 151107A Japan. セグロカモメより一般的に換羽が早い。初列風切はすべて新羽。P8の下に伸長中のP9とP10が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/14 06:20
セグロカモメ冬羽、足の瘤150214千葉県
セグロカモメ冬羽、足の瘤150214千葉県 Vega Gull with swollen foot 150214 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/05 21:59
セグロカモメ第2回冬羽、網が絡まった141206千葉県
セグロカモメ第2回冬羽、網が絡まった141206千葉県 Vega Gull second winter 141206 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/11 21:15
モンゴルセグロカモメ第2回冬羽、セグロ、タイミルとの比較141123千葉県
モンゴルセグロカモメ第2回冬羽、セグロ、タイミルとの比較141123千葉県 Mongolian Gull second winter 141123A Japan. 個体A。典型的な個体。頭部から腹の白が目につく。後頸に細かい褐色斑が少しある。背の灰色はセグロカモメより若干薄い。尾の暗色帯は狭い。初列風切P10に小さいミラーがあるのに注目、セグロでは普通第3回で出る。足のピンクはセグロカモメより薄い。 座り嘴を背に嘴を突っ込んだ状態で見つけた。何かに驚いて立ち上がった瞬間、来たーーって感じだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/25 21:37
標識セグロカモメ成鳥冬羽「9」141115千葉県(追記141120)
標識セグロカモメ成鳥冬羽「9」141115千葉県(追記141120) Ringed Vega Gull nonbreeding '9' 141115 Japan. 右跗蹠に金属リングが、左跗蹠に「9」白リングが付けられている。最長初列風切は新羽P7。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 21:01
セグロカモメ幼羽141026千葉県
セグロカモメ幼羽141026千葉県 Vega Gull juvenile 141026 Japan. 雨覆の白さが目に付いた個体。外側尾羽T6の暗色帯は広い(画像4)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/29 20:22
「カオカケ」「風穴」141026千葉県(追記141202/1220)
「カオカケ」「風穴」141026千葉県(追記141202/1220) Vega Gull 'kaokake/ALF' 141026 Japan. 銚子の常連。後頸に冬羽の特徴である褐色斑が出ている。初列風切P8-9が脱落していてP10(旧羽)が見えている。P6は新羽、P7は伸長中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 21:44
セグロカモメ「カオカケ」140331千葉県
セグロカモメ「カオカケ」140331千葉県 Vega Gull ' kaokake/ALF' breeding 140331 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/09 21:10
セグロカモメ「カオカケ」140106千葉県
セグロカモメ「カオカケ」140106千葉県 Vega Gull ' kaokake/ALF' nonbreeding 140106 Japan. 初列風切P10伸長中。個体識別が明確でかつ観察回数が多いこうした個体は年毎に換羽の進行が確認できる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/08 21:15
標識セグロカモメ第7回冬羽「白43/」131214千葉県
標識セグロカモメ第7回冬羽「白43/」131214千葉県 Ringed Vega Gull nonbreeding with second winter 131116 Japan. 認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会の佐藤達夫氏によれば、 白43/は2011年2月27日性不明・成鳥?で千葉県市川市行徳野鳥観察舎(丸浜川) にて捕獲・放鳥しました。足はピンク、初列風切の黒斑は左右とも7枚(P4- P10)、嘴に黒斑あり、また、初列雨覆数枚に軸斑がありました。 放鳥後、観察舎での観察記録は3月7日、9・10日、16日(油汚染)、20・21日で、2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/20 20:27
標識セグロカモメ成鳥冬羽「41/」・「?/」ジオロケーター?131116千葉県(追記131220)
標識セグロカモメ成鳥冬羽「41/」・「?/」ジオロケーター?131116千葉県(追記131220) Ringed Vega Gull nonbreeding with second winter 131116 Japan. 認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会の佐藤達夫氏によれば、 白41/は、2011年1月18日に性不明・成鳥で行徳野鳥観察舎前(丸浜川)にて捕獲放鳥いたしました。虹彩はやや暗色、足はピンク、初列風切の黒班はP4-P10(7 枚)、最外初列風切(P10)は換羽中でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/20 20:25
標識セグロカモメ成鳥冬羽「18/」ジオロケーター131104千葉県(追記131220/23)
標識セグロカモメ成鳥冬羽「18/」ジオロケーター131104千葉県(追記131220/23) Ringed Vega Gull nonbreeding with Black-tailed Gull 131104 Japan. 認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会の佐藤達夫氏によれば、 銚子周辺と行徳の結びつきが、だんだんと太くなってきていますね。 (略)白18/は2009年3月5日に行徳野鳥観察舎にて性不明・成鳥で放鳥した鳥です。初列風切の黒班はP4-P10の7枚、目は淡色、足はピンク、上下嘴に不明瞭な黒班がありました。 放鳥後の観察舎での観察記録は、翌6日が終認となりました。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/06 23:51
タイミルセグロカモメ第4回夏羽131026千葉県
タイミルセグロカモメ第4回夏羽131026千葉県 Taimyr / Heuglin Gull third/fourth summer 131026 Japan Japan. 背の黒さと足の黄色の鮮やかさで目につく。第一印象はホイグリンだったが、典型的なホイグリンと比べると、背の黒さがやや足りず、翼がさほど長くなくなく、スリムさに欠ける。初列の換羽もホイグリンにしてはやや早いかもしれない(新羽の最長はP5、P6は伸長中、P7-10は旧羽)。嘴を見ると成鳥だが、初列風切P10のミラーが小さく、初列雨覆に暗色斑が残るので、ホイグリンなら第3回、タイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/29 23:14
モンゴルセグロカモメ幼羽131026茨城県
モンゴルセグロカモメ幼羽131026茨城県 Mongolian Gull juvenile with Slaty-backed Gulls 131026 Japan. オオセグロカモメの小群に1羽白黒のコントラストのはっきりした幼鳥が目についた。モンゴルセグロをオオセグロの中に発見することが時にある。もしかすると偶然ではないかもしれない。一緒に渡ってくるとか、そうでないにしても何らかの親和性があるとか、ありそうだ。 三列風切の白が多め。足が白っぽく少し長く見える。尾の上面は残念ながら写らなかったが最外側の透けた黒を見る限りモンゴルとし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/28 21:36
10月中旬におけるタイミル、セグロ、モンゴルセグロカモメ第3回との羽衣の差異131014千葉県
10月中旬におけるタイミル、セグロ、モンゴルセグロカモメ第3回との羽衣の差異131014千葉県 Taimyr Gulls breeding 131014ABC Japan. 画像1と2は同一個体(個体A)。頭部から後頸に斑が無いところ、初列の換羽が遅く冬羽が見えていないところは3個体に共通。画像1を見ると、P4(黒斑がかなり広い)が新羽でP5は脱落しP6-P10は旧羽であることがわかる。個体B(画像3)はP5も旧羽。足の色は個体Aが黄色、個体BCは黄色とピンクの間。個体Aでは上嘴に赤斑が僅かに見える。個体Aは初列雨覆に褐色斑が見えるようなので第4回か。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/15 20:39
セグロカモメ/モンゴルセグロカモメ幼羽131014千葉県
セグロカモメ/モンゴルセグロカモメ幼羽131014千葉県 Vega or Mongolian Gull juvenile 131014 Japan. セグロカモメもすでに幼鳥が見られた。モンゴルかとも感じたが外側尾羽に斑がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/14 18:02
セグロカモメ夏羽130615茨城県(追加130622)
セグロカモメ夏羽130615茨城県(追加130622) Vega Gull breeding 130615 Japan. 翼に障害のある残留個体。眼瞼は鮮やかな赤。後頸に少し線状の斑が見える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/15 22:17
セグロカモメ「カオカケ」130209千葉県
セグロカモメ「カオカケ」130209千葉県 Vega Gull 'kaokake/ALF' nonbreeding 130209 Japan. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/28 22:37
セグロカモメ「チビスケ」成鳥冬羽130202千葉県
セグロカモメ「チビスケ」成鳥冬羽130202千葉県 “Dwarf”Vega Gull nonbreeding 130202 Japan. 小さい個体。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/26 21:15
セグロカモメ種群は輪状種ではない(追記130513)
セグロカモメ種群は輪状種ではない(追記130513) 概念としての種  さて、種というのがまこと不可解ななものだというのは、輪状種の存在によって明白になります。イギリスからスカンジナビア半島にかけてのヨーロッパ北西部に生息するセグロカモメLarus arugentatus は、大西洋を隔てた北アメリカに生息するセグロカモメと形態的に多少は違っているのですが、その違いが大きなものではなく、かつ変化が連続的であるので、明らかに同種(の別亜種)であり、さらに西へ進んで太平洋を横断してシベリアにいたっても、羽色がやや濃いものの相変わらずセグロカモメとみと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/25 23:08
セグロカモメ第2回冬羽・第3回冬羽・「カオカケ」121124-茨城県
セグロカモメ第2回冬羽・第3回冬羽・「カオカケ」121124-茨城県 Vega Gull second winter 121124 Japan. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/17 22:38
セグロカモメ「カオカケ」121201茨城県
セグロカモメ「カオカケ」121201茨城県 Vega Gull 'kaokake/ALF' nonbreeding 121201 Japan. 初列風切の換羽はほぼ終わっている。P9の小さいミラーが見える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/23 22:58
標識セグロカモメ成鳥冬羽「30/」「40/」-121201茨城県
標識セグロカモメ成鳥冬羽「30/」「40/」-121201茨城県 Ringed Vega Gull '30/'121124Japan. 11月24日、茨城で観察したこの個体は9日後の12月3日、標識された行徳野鳥観察舎で初認された。 認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会の佐藤達夫氏によれば、 白30/は、2010年3月9日性不明・成鳥で捕獲、放鳥いたしました。 虹彩の色は淡色、初列風切の黒斑は左右6枚(P5-P10)、足はピンク、 上下嘴に不明瞭な黒斑がありました。(下嘴は赤斑に不明瞭な黒斑) その後の観察記録ですが、 捕獲放鳥年の2009年-20... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/04 21:55
セグロカモメ「カオカケ」121103千葉県
セグロカモメ「カオカケ」121103千葉県 Vega Gull 'kaokake/ALF' 121103 Japan. 7ヶ月ぶりの通称「カオカケ/アルフ」。初列風切の換羽はやや進んでいてP8まで新羽でP9が伸長中(画像1右P9が僅かにのぞく)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/14 21:35
セグロカモメ幼羽121020千葉県
セグロカモメ幼羽121020千葉県 Vega Gull juvenile 121020A Japan. 個体A。眼の周囲と腹はベタッとした灰褐色。モンゴルなら腹はもう少し白っぽいか。肩羽の鱗模様はタイミルほど明瞭ではない。スマートさにかけるのはセグロの体形。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 22:05
セグロカモメ成鳥冬羽 初列風切のパターン(落鳥)120512茨城県(改訂120513)
セグロカモメ成鳥冬羽 初列風切のパターン(落鳥)120512茨城県(改訂120513) Vega Gull nonbreeding 120512 Japan. P10の先の白は黒のサブターミナル・バンドがなくミラーを形成しておらず、また内弁側に淡色部が舌状に入り込んでいる。このようなパターンはカスピセグロカモメに見られる。しかし、黒があるのは外側6枚で、P5の黒斑はかすか。P9に大き目のミラーがある。画像1は右翼上面、画像2は右翼下面。 眠るように死んだか(画像4、5)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/12 22:54
セグロカモメ第1回冬羽・第2回冬羽・成鳥夏羽111020-千葉県・茨城県
セグロカモメ第1回冬羽・第2回冬羽・成鳥夏羽111020-千葉県・茨城県 Vega Gulls breeding 111020 Japan. 頭部、後頸は無斑、初列風切P6は新羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/10 20:57
セグロカモメ「カオカケ」-120407千葉県
セグロカモメ「カオカケ」-120407千葉県 Vega Gull 'kaokake/ALF' 120407 Japan. 通称「カオカケ/アルフ」。今季も度々目撃された。異形は健康と関係なし?繁殖できているのか気になる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/18 20:56
モンゴルセグロカモメ・セグロカモメ幼羽〜第1回冬羽111029千葉県
モンゴルセグロカモメ・セグロカモメ幼羽〜第1回冬羽111029千葉県 Mongolian Gull juvenile/1st winter 111029 Japan. 個体C。尾の黒帯は比較的狭い。内側初列風切のウィンドウは明らか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/19 21:17
標識セグロカモメ成鳥夏羽〜冬羽「14/」111029千葉県(追記111102)
標識セグロカモメ成鳥夏羽〜冬羽「14/」111029千葉県(追記111102) Ringed Vega Gull molting adult '14/' 111029 Japan. 右跗蹠に金属リングが、左跗蹠に「14/」白リングが付けられている。頭部から頸部に斑が出始めているが、初列風切の換羽は進んでおらず、P7-P10は旧羽、P6はおそらく伸長中。 NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会 セグロカモメカラーリング調査担当の佐藤達夫氏によれば、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/31 19:53
セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」111020茨城県(追記111104)
セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」111020茨城県(追記111104) Vega Gull nonbreeding 'kaokake' 111020 Japan. P7まで新羽、P9、P10は旧羽。 いつから来ているか、記録をさかのぼったが、始めてみたとき後に注目されるとは思いもしなかったか、残っていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/26 20:04
標識セグロカモメ成鳥冬羽「22/」110403茨城県
標識セグロカモメ成鳥冬羽「22/」110403茨城県 Ringed Vega Gull nonbreeding '22/' 110403 Japan. 標識セグロカモメ成鳥冬羽「22/」110403茨城県。右跗蹠に金属リングが、左跗蹠に「22/」白リングが付けられている。後頸には斑が濃く、夏羽に換羽していない。 NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会 セグロカモメカラーリング調査担当の佐藤達夫氏より以下の連絡をいただいた(私信の一部を引用させていただく)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/05 21:29
「ハゴロモ」再び110306千葉県
「ハゴロモ」再び110306千葉県 Aberrant Vega Gull first winter 110306 Japan. 異常セグロカモメ第1回冬羽110306千葉県。昨年の「ハゴロモ」とそっくり。左側は確認できず。先天的or後天的?いずれにしても原因は共通かも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/06 21:50
セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」110206千葉県(追加110602)
セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」110206千葉県(追加110602) Vega Gull nonbreeding 'kaokake' 110206 Japan. セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」110206千葉県。今季2度目。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/17 22:15
セグロカモメ成鳥夏羽101019千葉県
セグロカモメ成鳥夏羽101019千葉県 Vega Gull breeding 101019 Japan. セグロカモメ成鳥夏羽101019千葉県。渡ってきたばかり。頭部から後頸に斑はまったく出ていない。初列風切は、P6まで新羽で、P8-P10は旧羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/01 20:54
セグロカモメ第1回夏羽〜2回冬羽101029-千葉県
セグロカモメ第1回夏羽〜2回冬羽101029-千葉県 Vega Gull first summer/second winter 101029 Japan. セグロカモメ第1回夏羽〜2回冬羽101029-千葉県。画像1。背に灰色はほとんど出ていない。雨覆、三列風切は白っぽい。P4-P6の先に白斑が見える。嘴は基部が淡色。画像2、3は同一。背の灰色が少し見えている。腋羽は白。嘴は基部がわずかに淡色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 21:38
セグロカモメ成鳥夏羽・「カオカケ」冬羽101029千葉県・茨城県
セグロカモメ成鳥夏羽・「カオカケ」冬羽101029千葉県・茨城県 Vega Gull breeding 101029 Japan. セグロカモメ成鳥夏羽101029千葉県。10月下旬のセグロ。頭が真っ白。初列風切P7-P10は旧羽、P10のミラーは小さめ、P9のミラーは痕跡的。P5は新羽。外側次列大雨覆が脱落していて、次列風切基部の白が目立つ。脚の色は黄色味はないが、平均的なセグロに比べ換羽が遅いので、「タイミル」の血が入っているかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 20:59
「タイミルセグロカモメ」幼羽・第1回夏羽・セグロカモメ幼羽101106千葉県
「タイミルセグロカモメ」幼羽・第1回夏羽・セグロカモメ幼羽101106千葉県 Larus heuglini 'taimyrensis' juvenile 101106 Japan. 「タイミセグロカモメ」幼羽 101106千葉県。肩羽は淡色羽縁の狭く暗褐色のうろこ状。内側初列に淡色部はほぼない。大雨覆は次列同様に暗色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/30 20:58
標識セグロカモメ成鳥冬羽「271」101115千葉県(追記101127)
標識セグロカモメ成鳥冬羽「271」101115千葉県(追記101127) Ringed Vega Gull nonbreeding '271' 101115 Japan. 標識セグロカモメ成鳥冬羽「271」101115千葉県。右跗蹠に金属リングが、左跗蹠に「271」白リングが付けられている。初列の換羽は遅めで、P8-P10が旧羽、新羽は見えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/22 23:28
モンゴルセグロカモメ幼羽・セグロカモメ幼羽-101115千葉県
モンゴルセグロカモメ幼羽・セグロカモメ幼羽-101115千葉県 Presumed Mongolian Gull juvenile with Vega or Slaty-backed Gulls 101115 Japan. モンゴルセグロカモメ幼羽101115千葉県。羽衣のパターンは明暗のコントラストあり。翼は長く、黒の初列風切の先に白斑が明瞭。嘴は基部周辺に淡色あり。内側初列風切は淡色。脚は白っぽいピンク。尾の黒帯は狭いが、境界に虫食い状の斑があり、外側尾羽にも細かい斑がかなり見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 22:16
釣り針とセグロカモメ第2回冬羽100319千葉県
釣り針とセグロカモメ第2回冬羽100319千葉県 Vega Gull second winter 100319 Japan. セグロカモメ第2回冬羽100319千葉県。テグス付きの釣り針が嘴に刺さっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/15 20:55
標識セグロカモメ成鳥冬羽091120千葉県(追記091201・101127)
標識セグロカモメ成鳥冬羽091120千葉県(追記091201・101127) Ringed Vega Gull 091120 Japan. 標識セグロカモメ成鳥冬羽091120千葉県。行徳観察舎で標識された。NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会のセグロカモメカラーリング調査担当の佐藤達夫氏によれば以下の通り。 さて、観察してくださった「5」は、2007年12月19日に当観察舎前餌場にて捕獲し右ふしょに環境省のメタルリング(10A26323)、左足に白カラーリング「5」を付けて放鳥しました。性別は不明、成鳥でした。放鳥後、3日後の22日に観察され12月後半の1週間ほどは観察... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/26 22:19
標識セグロカモメ成鳥・L. h. 'taimyrensis'幼羽・成鳥091018千葉県
標識セグロカモメ成鳥・L. h. 'taimyrensis'幼羽・成鳥091018千葉県 Vega Gulls molting adult 091018 Japan. セグロカモメ成鳥夏羽〜冬羽091018千葉県。画像1、2は同一個体。P6からP10まで旧羽、P5は脱落または伸長中。画像3と4は、ともにP6が伸長中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/20 21:27
セグロカモメ第1回090216千葉県
セグロカモメ第1回090216千葉県 Vega Gull 1st winter 090216 Japan. セグロカモメ第1回冬羽090216千葉県。この時期のモンゴルはより白頭、三列の縁に白が見えるのが普通。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/21 10:27
セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」090302千葉県(追記090425)
セグロカモメ成鳥冬羽「カオカケ」090302千葉県(追記090425) Vega Gull I call 'Kaokake'Larus vegae 090302Japan. セグロカモメ「カオカケ」090302千葉県。こいつがいればとりあえず撮る。 この個体についてのエントリーは以下にある。 →http://seichoudoku.at.webry.info/200712/article_10.html →http://seichoudoku.at.webry.info/200704/article_10.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/19 21:59
カモメ類の油汚染080326千葉県
カモメ類の油汚染080326千葉県 銚子漁港で08年12月24日、油に汚染されたと思われるカモメを2羽観察した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/26 13:08
モンゴルカモメ第2回冬羽・セグロカモメ第2回冬羽の比較081208千葉県
モンゴルカモメ第2回冬羽・セグロカモメ第2回冬羽の比較081208千葉県 第2回冬羽のセグロカモメの羽衣はヴァリエーションがあるので、第1回に比べて、モンゴルカモメとの識別が難しい。そのせいか、ネット上でもモンゴルの第2回の画像は少ない。 モンゴル第2回の可能性のある個体といくつかのセグロ第2回を比較した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/15 21:48
セグロカモメ成鳥夏羽080421茨城県
Vega Gull Larus vegae adult summer 080421 Japan. セグロカモメ成鳥夏羽080421茨城県。 白頭、虹彩暗色、脚肌色。後ろはセグロ成鳥冬羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 20:44
カモメ類の油汚染080221千葉県・茨城県
利根川河口で、油によると思われる汚染されたカモメ類が20羽前後観察されました。 この時期にしてはカモメ類の総数は少なかったのですが、その中にこれだけの汚染カモメが見られるのは普通ではありません。周辺に流出油があると思われます。 汚染オオセグロカモメ080221千葉県。 河口の両岸のオオセグロ390羽のうち少なくとも6羽に汚染が見られました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/22 23:42
白頭セグロカモメ3個体080104千葉県
典型的なL.mongolicusは見つかりませんでしたが、セグロカモメ自体とても少なかったので仕方ありません。少ないながらも頭から頸にかけて斑があまり無く、かつ初列風切の換羽が済んでいる個体を3羽アップしておきます。 まず、体形はややオオセグロカモメ的でずんぐりした個体から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/10 19:36
セグロカモメ初列風切の換羽071206千葉県
この時期のセグロカモメ類の識別には、初列風切の換羽状態がヒントになります。L.mongolicus(モンゴルカモメ)、セグロカモメ、L.h.'taimyrensis'順で換羽が進んでいます。 この日に観察されたセグロカモメ(L.vegae)の平均的な換羽状況は旧羽はすべて落ちて最長がP8で、P9とP10は伸長中といったとこでしょうか。なかには頭が白くP10が残っている個体もいて、L.mongolicusと紛らわしいのもいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/08 21:50
L. heuglini 'taimyrensis'「タイミレンシス」10個体071129千葉・茨城県
セグロカモメ類は河口の両岸で2000を超えました。悪天候のため腰を据えた観察は出来ませんでしたが、脚の明らかに黄色い個体はあちらこちらで目にしました。ただし典型的なheuglini(亜種ホイグリンカモメ)は見当たりませんでした。 Larus heuglini 'taimyrensis' 071129Japan. 「タイミレンシス」成鳥夏羽〜冬羽10個体071129千葉県・茨城県。個体1〜4は千葉県、個体5〜7は茨城県。個体2と7は頭から頸に斑がほとんどないため、夏羽がかなり残っていると思われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 21:58
セグロカモメ夏羽071014手賀沼
手賀沼での初認です。カモメの季節到来です。昨季はカモメの観察は体調不良が影響して満足のいくものではありませんでした。今季はどうなるか楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 19:16
カモメ類情報070412銚子
カモメの季節もそろそろ終わりです。今期はあまり満足のいく観察が出来ませんでした。 例年に比べて個体数が少なかったのかは、これからデータの比較をします。不調の原因はなんといっても「礁前」にカモメが集まらず分散してしまったことです。遠くにはかなりいるのですが、いかんせん細部が確認できない。それで欲求不満が募るわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/17 21:58
汚れたカモメ類070114銚子
この日見られた、羽衣の一部が褐色に見える流出油汚染の可能性のある個体はウミネコ4450羽のうち2羽、セグロカモメ980羽のうち5羽でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/19 20:35
セグロカモメのペリット070114銚子
セグロカモメが苦しそうにうつむいています。しばらくすると、振り絞るように口から頭ほどの大きさの物体を吐き出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/17 22:45
足の短いセグロカモメ061227銚子
数千羽のセグロカモメを1羽いちわ見ていくと、実に個性的な個体に出会います。 この個体は以前も見たことがありますが、極端に足か短くて歩くのも大変そうです。ここまでいくと、個体差というよりは病気とか奇形といったほうがいいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/30 19:17
P10がカナダカモメのようなセグロカモメ061210神栖
セグロカモメとシロカモメの雑種では、初列風切のパターンがカナダカモメ様になります。背の灰色もセグロより淡色になります。体もセグロより大きくなく傾向があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/22 20:36
浜を埋め尽くすカモメ、カモメ061210神栖
雨、強い北風、カモメ類が浜に集結する条件が揃いました。 果たして今朝の神栖の砂浜は見事なまでに一面のカモメ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 23:56
セグロカモメ個体数の変動02-03/05-06銚子・神栖
セグロカモメの渡りは10月に始まり、11月下旬にピークを迎えます。1月まで減少しますが、やや数が持ち直し2月から4月上旬まで一定の数がこの地で越冬します。4月下旬にはほとんどのカモメが旅立ち、5月から9月まではセグロは怪我をしたものなど以外は見られません。 秋のピーク時の多数のカモメは、より西へ散って行くのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/09 22:14
P9がオオセグロカモメのようなセグロカモメ061126銚子
初列風切P9が通常のパターンと異なるセグロカモメがたまにいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/02 21:50
汚れたカモメ類061126銚子
この日銚子漁港(第1から第3まで)で見られた、流出油汚染の可能性のある個体はウミネコ1710羽のうち2羽、セグロカモメ1920羽のうち6羽でした。 重なっていて背の一部しか見えない個体もかなりあり、汚染を確認できなかった個体は少なからずあるでしょうから、汚染個体はかなり過小評価していると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/28 21:43
モンゴルセグロカモメ幼羽・第二回冬羽061115茨城県(改訂161206)
Larus mongolicus juvenile 051115 Japan. 前年の同時期の典型的なモンゴルセグロカモメ幼羽です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/21 22:25
セグロカモメの初列風切の換羽061030銚子
 数年前から、セグロカモメ類の識別に、初列風切の換羽の状態が考慮されるようになってきました。ただし、セグロカモメの換羽にはかなり個体差があるので注意が必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 19:20
セグロカモメ成鳥冬羽061028手賀沼
  頭部から頚部に比較的薄い褐色斑がでた成鳥冬羽です。   初列風切のうち最も外側のP10は旧羽で、P9,8は脱落し(または伸長中)、P7、P6、P5は新羽です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/28 21:47
セグロカモメ5個体061007神栖
  今年もいよいよカモメの季節がめぐってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/07 20:40
セグロカモメ第3回冬羽061001手賀沼
  早々とセグロカモメが手賀沼を訪れました。渡りの中継だけではなく、少数ですが越冬します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 23:26
L.mongolicusの秋の換羽051115銚子
 L.mongolicusと思われる個体051115銚子。初列風切に古い羽は無く、外側の2枚P9とP10が伸長中。嘴がセグロカモメよりやや華奢に見えるのがわかると思います。虹彩はやや淡色です。Olsenによれば、虹彩は淡色と暗色とではやや淡色が多い。初列風切の換羽は、繁殖地の北緯が大きい(すなわち南方)ほど、繁殖期の始まりが早いほど、雛の成長が早いほど、早く始まる傾向があると考えられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/31 21:33

トップへ | みんなの「セグロカモメ」ブログ

鴎舞時 / OhmyTime セグロカモメのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる