アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ジシギ類」のブログ記事

みんなの「ジシギ類」ブログ

タイトル 日 時
チュウジシギ夏羽170421千葉県
チュウジシギ夏羽170421千葉県 Swinhoe's Snipe molting adult 170421 Japan. 夜間の色味は判断が難しいが褐色が濃く見え、頭部が丸く眼がやや大きい等オオジよりはチュウジと感じた。わずかに垣間見える外側尾羽も黒く見える。頭側線には褐色斑が比較的多く散在する。 春の関東でのチュウジの渡りについては不明だが、夜間の観察で何かわかるかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 21:36
オオジシギ夏羽-170423千葉県
オオジシギ夏羽-170423千葉県 Latham's Snipe breeding 170422 Japan. タシギより二回りくらい大きく見えた。雨覆の白さが目に付く。嘴端がナズナに隠れていたので少し動いたら飛ばれた。相手が動くまでじっと待つべきだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 20:44
タシギ第1回冬羽、換羽の遅い /夏羽170405‐千葉県
タシギ第1回冬羽、換羽の遅い /夏羽170405‐千葉県 Common Snipe molting juvenile 170405 Japan. 田んぼのタシギが増えた。その中でも異質な感じの個体。かなりの雨覆が幼羽に見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 08:52
オオジシギ夏羽170404千葉県(訂正170408)
オオジシギ夏羽170404千葉県(訂正170408) Latham's Snipe breeding 170404A Japan. ヤマシギと置き換わるように入った。延べ6羽。半年ぶりに帰って来た。たたずまいというか存在感がタシギとはかなり違うので細部を確かめなくてもすぐわかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 18:46
一眼の内蔵ストロボで夜間撮影: タシギ161210千葉県
一眼の内蔵ストロボで夜間撮影: タシギ161210千葉県 Common Snipe nonbreeding 161210 Japan. 画像1: 一眼の内蔵ストロボ、ISO-25600で撮影。 画像2: 外部ストロボ、ISO-4000で撮影。 大光量とはいえない内蔵ストロボでもISOを上げることで、ノイズは増えるものの十分識別可能な画像が得られる。色味が異なるのは、フォーカスのための照明の露出に対する寄与の程度の差(ストロボの光量が小さいほど照明の影響が大きくなること)によると思われる。 内蔵ストロボにも外部ストロボにも、タシギは発光に対してほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 21:31
コンデジのポップアップストロボで夜間撮影:タシギ冬羽161102千葉県
コンデジのポップアップストロボで夜間撮影:タシギ冬羽161102千葉県 Common Snipe nonbreeding 161102 Japan. 夜間撮影→大光量→鳥に悪影響→すべきでない、といった図式が一部にあるようだが、コンデジの内蔵ストロボを大光量とはいわないだろう。 画像1: 望遠ズームコンデジの内蔵ストロボで撮影。ISO1600。ノイズは多いが識別は十分可能。 画像2: 同一個体、同一距離、一眼+外部ストロボで撮影。ISO4000。コンデジより高感度だが、ノイズは少ない。高感度のため光量は抑えられている。 夜行性動物にはたとえ内蔵ストロボといえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/15 21:56
タシギ冬羽-161014千葉県/ コメント:  野鳥のストロボ撮影について
タシギ冬羽-161014千葉県/ コメント:  野鳥のストロボ撮影について Common Snipes nonbreeding 161007 Japan. 闇夜に飛び立つシギの撮影にトライするも今のところまぐれ当たりもほとんどない。後ろはカルガモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/10/15 11:55
最小タシギ幼羽161005千葉県
最小タシギ幼羽161005千葉県 Common Snipe molting juvenile 161005 Japan. 照明の周辺で身を伏せた。夜の田んぼで見られる鳥は限定される。ジシギより小さければヒバリくらいだ。光を当てる。ヒバリではなかった。黒いシギだ。我が目を疑う。横にいたチュウジと比べて目見当で1/2くらいの大きさだ。その長いくちばしはコシギではないことを告げている。ハリオでもない。タシギの幼鳥。にしてもあまりに小さすぎる。画像では異様な小ささはわからないかもしれない。けれど、体に対して頭が大きく見えるとこ、体が寸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/07 20:10
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽161005千葉県
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽161005千葉県 Swinhoe's Snipe molting juvenile 161005A Japan. 個体A: かなり換羽の遅い個体。下列肩羽は幼羽。小雨覆、一部の中雨覆、三列風切も幼羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 20:24
タシギ冬羽-161001千葉県
タシギ冬羽-161001千葉県 Common Snipes 160921-1001 Japan. 画像1-4は10月1日、画像5-8は9月21日撮影。夜の田んぼはタシギだらけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 20:05
チュウジシギ第1回冬羽161001千葉県
チュウジシギ第1回冬羽161001千葉県 Swinhoe's Snipe first winter 161001 Japan. 小雨覆、中雨覆にサブターミナルバンドのある幼羽が残っている。この日1羽、翌夜同一かは不明だが1羽いた。ジシギの渡りは終盤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/04 19:28
タシギ幼羽・冬羽-160924千葉県
タシギ幼羽・冬羽-160924千葉県 Common Snipes 160917/18/ 24 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/30 20:13
オオジシギ第1回冬羽-160926千葉県
オオジシギ第1回冬羽-160926千葉県 Latham's Snipe first winter 160925A Japan. 雨覆の白っぽさはチュウジシギとははっきり違う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/29 21:29
チュウジシギ第1回冬羽160926千葉県
チュウジシギ第1回冬羽160926千葉県 Swinhoe's Snipe first winter 160926 Japan. ミミズを捕食していた。約5mのところに発見したがずんずんこちらへ進む。 小雨覆は幼羽と思われる。黒白の特徴的な外側尾羽が覗く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/27 22:09
オオジシギ第1回冬羽160924千葉県
オオジシギ第1回冬羽160924千葉県 Latham's Snipe first winter 160924 Japan. 二日前と同じ場所にいた。その時は外側三列風切の縁が白く見えたので幼羽かと思ったのだが、この画像を見ると雨覆にも幼羽らしきが見えないので成鳥かもしれない。やはり警戒心強くあっという間に飛ばれた。 このオオジがいた田の畔を一回りする数分間に、ジェを20回、ゲッを2回聞いた。初めのゲッはこの個体。次のゲッはこの個体が少し離れたところに降りてまた飛んだのか、それとももう1羽いたのか。2羽いたとすると怪我や病気で渡りが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/25 09:09
チュウジシギ冬羽160922千葉県●
チュウジシギ冬羽160922千葉県● Swinhoe's Snipe nonbreeding 160922 Japan. 本降りの中やっと1羽見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/23 19:57
オオジシギ第1回冬羽160922千葉県●
オオジシギ第1回冬羽160922千葉県● Latham's Snipe molting juvenile 160922 Japan. タシギばかりが目に付く雨の刈田。尾が長くひときわ大きなジシギ発見。警戒心強く、あっという間に走り去った。 肩羽、大雨覆は換羽しているが、小中雨覆、三列風切に幼羽が見える。オオジにしては内側三列、最内側大雨覆の黒が広く見えるが、中雨覆は淡色部が多い。オオジだとすれば、9月下旬の記録は稀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 22:29
チュウジシギ冬羽160918茨城県a●
チュウジシギ冬羽160918茨城県a● Swinhoe's Snipe nonbreeding 160918A Japan. 伸びを撮ることはできるようになったが、尾が出ている時にちょうど発光が当たらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 18:52
標識チュウジシギ冬羽160916茨城県b
標識チュウジシギ冬羽160916茨城県b Ringed Swinhoe's Snipe nonbreeding 160916 Japan. タシギが多くチュウジはこの1羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/17 09:37
チュウジシギ冬羽160911千葉県
チュウジシギ冬羽160911千葉県 Swinhoe's Snipe nonbreeding 160911 Japan. 週末のジシギはこれだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/12 23:18
チュウジシギ冬羽とタシギ、滞在12日目 160908千葉県●(追記160910)
チュウジシギ冬羽とタシギ、滞在12日目 160908千葉県●(追記160910) Swinhoe's Snipe nonbreeding with Common Snipe 160908 Japan. 雨の夜タシギとチュウジが一緒にいた。タシギはかなり黒っぽく見えた。やはりチュウジのほうがかなり大きく見える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/09 19:21
チュウジシギ冬羽160903-千葉県(改訂160910)
チュウジシギ冬羽160903-千葉県(改訂160910) Swinhoe's Snipe nonbreeding 160903A Japan. チュウジは夜間も水のないところにいることがしばしばあるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 20:59
チュウジシギ冬羽160830千葉県
チュウジシギ冬羽160830千葉県 Swinhoe's Snipe nonbreeding 160830A Japan. 個体A: 初列風切はすべて新羽に換羽しているようだ。夜間撮影では連写は限定されるので、伸びはなかなか写すのが難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 21:06
オオジシギ幼羽、「ゲッ」と鳴かない 160904千葉県(追記160907・改訂160910)
オオジシギ幼羽、「ゲッ」と鳴かない 160904千葉県(追記160907・改訂160910) Swinhoe's Snipe Latham's Snipe juvenile 160904A Japan. 160831Aと同一。4日前と同じ場所で発見。羽衣は褐色部の明るいタイプだが、頭側線はチュウジシギらしい褐色班の少ない暗色。換羽は通常みられるチュウジオオジに比べかなり遅い。嘴はかなり短め。 オオジは夜間、跗蹠が見えなくなるくらいの水の深さで採餌していることがあったが、チュウジは昼とあまり変わらぬ水のあまりない場所で採餌している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/06 23:05
チュウジシギ冬羽、イトミミズを食う160829-0831(動画)千葉県
チュウジシギ冬羽、イトミミズを食う160829-0831(動画)千葉県 Swinhoe's Snipe nonbreeding160831C Japan. 幼鳥の160831Aから2、3m離れた場所にいた。160831Aがとても警戒心が強いのに対してこの個体は全く警戒いていなかった。小雨覆に摩耗した夏羽が残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/05 20:50
タシギ冬羽160902千葉県
タシギ冬羽160902千葉県 Common Snipe nonbreeding 160902 Japan. 2日前にはチュウジが5羽いたのに今日はタシギだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/02 22:59
オオジシギ幼羽(動画)160831千葉県(改訂160910)
オオジシギ幼羽(動画)160831千葉県(改訂160910) Swinhoe's Snipe Latham's Snipe juvenile 160831A Japan. かなり個性的な個体。換羽が遅く、ほぼ幼羽。色味はチュウジにしては薄い。羽衣はハリオを思わせるが体形はチュウジ。尾を広げたのだが稲が邪魔。体形と大きさからオオジはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/09/01 22:24
タシギ幼羽160829千葉県
タシギ幼羽160829千葉県 Common Snipes juvenile/ molting adult 160829 Japan. 4羽のうち1羽が幼鳥だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/30 23:06
チュウジシギ冬羽160828千葉県
チュウジシギ冬羽160828千葉県 Swinhoe's Snipe nonbreeding160828 Japan. 千葉県での初認は8月25日。冬羽への換羽は済んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/29 00:08
オオジシギ夏羽〜冬羽160823-茨城県b
オオジシギ夏羽〜冬羽160823-茨城県b Latham's Snipe molting adult 160823A Japan. 成鳥がいるのになぜか幼鳥がいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 22:18
チュウジシギ第1回冬羽・成鳥冬羽160824茨城県
チュウジシギ第1回冬羽・成鳥冬羽160824茨城県 Swinhoe's Snipe nonbreeding160824A Japan. ほぼ冬羽に換羽してる。成鳥幼鳥ともに同日同所で初認。オオジとは異なりチュウジでは時に幼成が同時初認されることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 20:38
オオジシギ夏羽〜冬羽160813-千葉県・茨城県c
オオジシギ夏羽〜冬羽160813-千葉県・茨城県c Latham's Snipe molting adult 160813 Japan. 小雨覆、中雨覆、三列風切等は摩耗した夏羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 20:47
ジシギの種分化を想像する、特にチュウジシギに焦点を当てて (U)
ジシギの種分化を想像する、特にチュウジシギに焦点を当てて (U) 承前 2015年度日本鳥類標識協会札幌大会で注目すべき発表があった。小田谷嘉弥さんの「尾羽が18枚の“小さいオオジシギ”とは何者か?」だ。この報告には面白いポイントがいくつもあるのだがここでまず取り上げたいのが関東のチュウジの尾羽の枚数の度数分布である。20枚が多数派で52個体。これはよしとして、意外なのは18枚が23個体もいたことである。 貼り付け元 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/16 21:31
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽・成鳥夏羽〜冬羽11日目-160811千葉県
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽・成鳥夏羽〜冬羽11日目-160811千葉県 Latham's Snipe nonbreeding 160810 Japan. 小雨覆、三列風切以外はほぼ冬羽。160811C(このエントリー以下)と同一。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 10:49
標識オオジシギ夏羽〜冬羽、滞在15日目160809-千葉県・茨城県
標識オオジシギ夏羽〜冬羽、滞在15日目160809-千葉県・茨城県 Ringed Latham's Snipe molting adult 160809 Japan. 160726個体と同一。15日目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 22:09
オオジシギ冬羽160805千葉県・茨城県b
オオジシギ冬羽160805千葉県・茨城県b Latham's Snipes nonbreeding 160805AB Japan. 立て続けに3羽飛ばれた。画像1、2は千葉県、3、4は茨城県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/05 22:40
オオジシギ冬羽160802茨城県a
オオジシギ冬羽160802茨城県a Latham's Snipes nonbreeding 160802ABC Japan. 昼と夜とではやはり生態がかなり異なるようだ。画像3と4は同一個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/03 22:25
オオジシギ冬羽160801千葉県
オオジシギ冬羽160801千葉県 Latham's Snipe nonbreeding 160801A Japan. 個体A:換羽の進んだ個体。160728個体と同一。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/08/02 22:36
オオジシギ冬羽160728千葉県
オオジシギ冬羽160728千葉県 Latham's Snipe nonbreeding 160728 Japan. 草丈の低い畔を一つひとつ覗くのが夏のオオオジシギ探しの定番だが、夜の探鳥では通用しないようだ。日中では決して見ないような水の深さで活発に採餌していた。こっちが本来の姿か。かなり換羽は進んでいるが、三列風切、小雨覆は夏羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/30 21:20
タシギ夏羽〜冬羽160728千葉県
タシギ夏羽〜冬羽160728千葉県 Common Snipe molting adult 160728 Japan. 肩羽は冬羽、中雨覆の一部も換羽。オオジシギ2羽とともに湛水休耕田にタシギ2羽、初認。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/29 21:37
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)160726千葉県・茨城県a
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)160726千葉県・茨城県a Latham's Snipe molting adult 160726 Japan. 千葉県での初認。換羽は比較的進んでいるように見える。大雨覆・中雨覆の一部は冬羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/27 09:15
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)160724茨城県b
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)160724茨城県b Latham's Snipe molting adult 160724 Japan. 出会い頭で飛び立たれたがおよその着地地点を目指し500m離れたところで発見した。そこだけ稲の伸長が遅れていて稲の列間から覗けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 21:30
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)160721茨城県a
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)160721茨城県a Latham's Snipe molting adult 160721 Japan. ゲッと降りてきたのだが、人けを感じたかすぐさままたゲッと飛び数mのあたりに降りた。草地を足早に横断した。 今期は夜間探鳥で初ジシギを狙っていたのだが果たせず。肩羽は換羽が始まっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/22 23:20
タシギ160513千葉県
タシギ160513千葉県 Common Snipes 160513 Japan. 春の田んぼの昼と夜を比べると。 タシギ: 昼はあまり見ないが夜はよく見る。 タマシギ: 昼は見ないが夜見る。 オオジシギ: 昼は見ないが夜見る。 ムナグロ: 昼も夜も見る。 チュウシャクシギ: 昼は見るが夜は見ない。 ヒバリ: 春先は夜見なかったが最近はよく見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/14 17:26
オオジシギ冬羽〜夏羽160506千葉県
オオジシギ冬羽〜夏羽160506千葉県 Latham's Snipe molting adult 160506 Japan. タシギに比べるとのんびりしている。肩羽、大雨覆、中雨覆の一部等が夏羽に換羽している。すでに北海道でオオジが観察されていたのだが栃木県では発見できなかった。この個体はどこへ向かうのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/12 20:42
タシギ冬羽〜夏羽160408千葉県
タシギ冬羽〜夏羽160408千葉県 Common Snipes molting adult 160408 Japan. 肩羽はほぼ夏羽、三列は冬羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 05:19
ジシギの種分化を想像する、特にチュウジシギに焦点を当てて (T)
ジシギの種分化を想像する、特にチュウジシギに焦点を当てて (T) 尾の枚数(メジャーの枚数)でジシギ類の分化をオッカムの剃刀にしたがい推測すると、すべての共通の祖先からまず初めにタシギ(14枚)が分岐し、ウィルソンタシギ(16)、オオジシギ(18)、チュウジシギ・アオシギ(20)、ハリオシギ(26)と徐々に枚数を増やしながら分化が進んだと思われる。可能性としては多(大)→少(小)の進化もありうる。ゲノムサイズは両生類より哺乳類の方が小さいし、染色体数はチンパンジーよりヒトの方が少ない。しかし進化は通常、一般から特殊へと進む。尾羽の枚数は、14と26ではどちらが... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/01 23:28
チュウジシギ150920茨城県
チュウジシギ150920茨城県 Swinhoe's Snipes 150920AB Japan. 個体Aは第1回冬羽(三列風切が幼羽に見える)、個体Bは成鳥冬羽と思われる(いずれも逆光で細部が見ずらかった)。茨城で2羽、千葉で3羽、チュウジの渡りも終盤。タシギばかりが目立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/20 16:59
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽150910茨城県
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽150910茨城県 Swinhoe's Snipes 150910EFBCD Japan. 台風の日、大雨で水田は冠水、チュウジシギは少なく6羽。 個体EとF(画像1と2))は幼羽〜第1回冬羽。個体B-D(画像3〜5)は冬羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/17 21:59
タシギ第1回冬羽150913千葉県
タシギ第1回冬羽150913千葉県 Common Snipe first winter 150913 Japan. タシギは警戒心が他のジシギより強くいきなり飛び立つことが多い。この個体は飛び立つ機会を逸したかしゃがみこんでいた。三列風切は幼羽。 チュウジシギの渡りのピークが去りタシギが増えつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/14 21:20
標識チュウジシギ冬羽150910茨城県
Swinhoe's Snipe ringed 150910A Japan. 個体A: 右跗蹠に金属リング。チュウジシギ6羽うち足環1、タシギ65羽。個体B-Fは別のエントリーに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/10 22:29
チュウジシギ冬羽(動画)150906茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 150906F Japan. 個体F: P10が伸長中。頭側線に白点が見える(糞?)。 延べ21個体を以下に貼る。重複を可能な限り除いたが、横方向に走るものや、飛び立って戻ってくるものもいて同一個体を複数回撮影しているかもしれない。個体B、S、Uは同一の可能性あり。個体K、Lは同じ場所だが別個体(のはず)。動画1の2羽は個体O、P。動画2は個体U。 これだけ多いと1羽に時間をかけられない。チュウジ以外がいるかに注意した(のだが)。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/09 21:13
チュウジシギ冬羽(動画)150906千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 150906 Japan. 千葉県での初認。チュウジ2羽、タシギ2羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/06 22:21
チュウジシギ冬羽150831茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 150831 Japan. 8月13日の初認からまったく出なかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/31 22:16
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽(動画)150821-千葉県
Latham's Snipe molting juvenile 150826A Japan. 個体A: 背と肩羽の一部が第一回冬羽。肩羽下段後方、中雨覆等が脱落。大雨覆、三列風切は脱落なくすべて幼羽。用心深いオオジだが雨だと警戒心を解くようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/27 23:34
タシギ幼羽150821千葉県
Common Snipe molting juvenile 150821 Japan. 初認が幼鳥だった。もう二番穂が邪魔になってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/22 23:43
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽・夏羽〜冬羽(動画)150813茨城県b
Latham's Snipe molting juvenile 150813A Japan. 小雨覆、三列風切は幼羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/14 22:54
チュウジシギ冬羽(動画)150813茨城県b
Swinhoe's Snipe nonbreeding 150813 Japan. 昨年より9日早い初認。換羽は進んでいて、雨覆もかなり冬羽に換わっている。最外側初列風切は伸長中のようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/13 21:50
オオジシギ夏羽〜冬羽150810茨城県b
Latham's Snipe molting adult 1508010 Japan. 脱糞。小雨覆、三列風切等は夏羽。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/11 20:23
タシギ150724茨城県
Common Snipes 150724AB Japan. 越夏2個体。個体Aの初列風切の摩耗に注目。オオジシギ成鳥の初列が摩耗していないのと対照的。第1回夏羽だとすると初列は幼羽か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 23:00
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽・夏羽〜冬羽150804茨城県a
Latham's Snipe molting juvenile 150804B Japan. 150803Bと同一。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/05 22:41
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)150730茨城県a
Latham's Snipe molting adult 150730A Japan. 4羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/30 23:58
オオジシギ夏羽〜冬羽150729茨城県a
Latham's Snipe molting adult 150729 Japan. 今日は2羽いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/29 22:44
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)150724茨城県b
Latham's Snipe molting adult 150724A Japan. 肩羽、雨覆の一部が冬羽。三列風切の磨耗が激しいのに対して、初列の磨耗が見られないことに注目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/28 00:07
オオジシギ夏羽〜冬羽、ミミズを食う(動画)150723-茨城県a
Latham's Snipe molting adult 150723 Japan. 肩羽上列は新しい冬羽、下列は脱落。雨覆、三列風切は磨耗した夏羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 23:02
オオジシギ夏羽〜冬羽150719-茨城県ab
Latham's Snipe molting adult 150721A Japan. サイトbの 個体150721A。肩羽の一部が冬羽に換羽している。150721Bよりやや大きいか。150720Cと同一かもしれない。今日のジシギは2羽。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/21 23:16
タシギ150712茨城県
Commn Snipes 150712 Japan. 2羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/12 22:49
タシギ夏羽150705茨城県
Common Snipe breeding 150705 Japan. 昨夏オオジ初認とまったく同じ位置にいた。そばにカルガモがいたのも同じ。渡りの初めよりむしろ越夏か。6月は見ていないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/05 21:27
東西2つのチュウジシギ(追加141227)
Swinhoe's Snipe juvenile 110821J Japan. 2011年8月21日に観察した特徴的なチュウジシギ個体Jが2014年12月2月にツイッターで取り上げられたので画像を見直した。当時のエントリーに「赤っぽいタイプ」とあるように、現場では同一場所にいた個体Iに対して赤っぽいと感じたわけだが、改めてみるとあまり赤っぽくない。赤いというより、肩羽の黒に対する褐色部が目立つ(広い)というほうが正確かもしれない。頭側線も黒っぽい個体Iに比べより褐色味が強い。個体Iでは肩羽の換... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/26 11:06
コシギ成鳥141102山階コレクション展
Jack Snipe nonbreeding 141102 Collection of Yamashina Institute for Ornithology. 飯島魁の標本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/03 23:15
タシギ冬羽141108千葉県
Common Snipe nonbreeding 141108Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/14 22:32
タシギ第1回冬羽141103千葉県
Common Snipe molting juvenile 141103 Japan. 二番穂の間に遅れたチュウジを期待したがやはりタシギだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/05 20:45
タシギ幼羽・冬羽-141011千葉県・茨城県
Common Snipes 140928/1005/1011 Japan. 今日は朝夕田んぼを巡ったがタシギ2でチュウジはついに発見できず。今季のチュウジの終認は10月7日。 画像1、2は9月28日、画像3は10月5日、画像4、5は10月11日。画像1-3は茨城県、画像4、5は千葉県。画像3、4は換羽中の成鳥、それ以外は換羽中の幼鳥。画像1、3は蓮田、それ以外は収穫後の田で撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/11 23:57
チュウジシギ、藁に潜る141005千葉県a(追記141007)
Swinhoe's Snipe nonbreeding 141005 Japan. 冷たい秋雨の日、二番穂の間でチュウジが嘴を背中に入れて休んでいた。向こうからチュウヒが向かって来た。あわてて藁に潜った。全身すっぽり隠れてしまったが、しばらくすると頭を覗かせ辺りをうかがった。フィールドでは成鳥に見えたが、三列風切は羽縁が白っぽく見え幼羽だとすると第1回冬羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/05 21:16
チュウジシギ冬羽141001千葉県a
Swinhoe's Snipe nonbreeding 141001 Japan. 今日の田んぼはチュウジ1、タシギ3。小雨覆に夏羽が残る。頭側線に褐色斑が少し入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/01 22:07
チュウジシギ冬羽140928茨城県b
Swinhoe's Snipe nonbreeding 140928 Japan. 一時消えたが1週間ぶり発見。タシギは蓮田等へ移動した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/29 21:31
タシギ第1回冬羽・冬羽-140927茨城県・千葉県
Common Snipes 140921/24/27 Japan. タシギはチュウジシギに比べて水の多いところを好む傾向があるが、ニッチはかなり重なる。チュウジが好む水のない二番穂の間にもタシギはいる。 画像1:第1回冬羽9月21日茨城県、画像2、3:冬羽9月24日千葉県、画像4:冬羽9月27日千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/27 20:53
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽(動画)140924千葉県a
Swinhoe's Snipes nonbreeding/first winter 140924AB Japan. チュウジはかなり減った。田の土が乾いたせいかタシギはほとんど消えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 20:53
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽140921茨城県b
Swinhoe's Snipes nonbreeding/molting juvenile 140921ABC Japan. 今朝の気温は12℃、チュウジもタシギも減った。チュウジの幼鳥は増えずに渡りは終了か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/21 20:13
タシギ幼羽・冬羽-140915茨城県
Common Snipe nonbreeding 140913 Japan. 時系列では画像1と2は逆。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/20 22:23
チュウジシギ冬羽、歩きながら尾を開く(動画)140915茨城県b
Swinhoe's Snipes 140915A-K Japan. 動画、画像1-4:個体A。尾羽を開閉させながら移動していた。他個体への何らかのシグナルとは思えなかった。画像5、6:個体B、幼鳥。以下1画像ごと別個体と思われるが、最後の2個体は以上のいずれかと同一の可能性あり。 ハリオが見つからないのは、個体数の少なさ以外に、チュウジと微妙にニッチがずれているせいではないか。活動の時間帯や場所、生態等。チュウジ探索モードから漏れてしまう要因とは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/19 22:38
チュウジシギ140914茨城県b
Swinhoe's Snipes nonbreeding 140914A-G Japan. 個体A:画像1と画像2の手前、個体B:画像2の後方、個体C:画像3と画像4。以下1コマずつ個体D〜G。この日は条件が悪く全体が見えない個体が多かった。幼鳥が増えず渡りは終わるのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/17 20:10
チュウジシギ幼羽・冬羽140913茨城県b
Swinhoe's Snipes nonbreeding/molting juvenile 140913A-J Japan. 画像2と3は同一個体、それ以外はすべて別個体と思われる。個体A-C(画像1-4)、個体D-F(画像5-6)、個体G-J(画像7-11)はそれぞれ一つの田、もしくは隣接した田にいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/13 22:28
側頭線か頭側線か、チュウジシギ冬羽140907千葉県a
Swinhoe's Snipes nonbreeding 140907AB Japan. 頭央線と眉斑との間の暗色線(の斑の入り方)はジシギの識別点の一つである。たとえば上の画像のようにチュウジシギは黒っぽい。この部分は英語ではlateral crown stripeと表記されるが、日本語では側頭線(こちらは英語の直訳か)とされたり頭側線とされたりする。たとえば『日本の野鳥550』では側頭線、『日本の野鳥650』では頭側線とされている。山渓『日本の野鳥』ではややこしいことに、該当箇所は頭側... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/08 23:47
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽・冬羽140906茨城県b
Swinhoe's Snipes nonbreeding/molting juvenile 140906ABCDEFGHI Japan. 今日のジシギは、チュウジ10(内幼3)+、タシギ1。間隔の狭い画像は同一個体。動画の3個体は、動画に続く画像の3個体EFGである。個体GHIは幼羽〜第1回冬羽である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/06 23:10
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽・冬羽140831茨城県b・千葉県a
Swinhoe's Snipes nonbreeding/molting juvenile 140831ABCDEFGH Japan. 茨城での8羽。画像1の手前が個体A、後方が個体B。画像2、3は個体B。画像の間が狭いところは同一個体。最後は換羽の遅い幼鳥。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/04 22:52
オオジシギ幼羽(動画)140831茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 140831 Japan. 今季同所で撮影したいずれの個体とも異なるようだ。肩羽下列前方は脱落、後方は幼羽。雨覆、三列風切は幼羽。高緯度で繁殖するチュウジ幼鳥のほうが換羽が進んでいるのは興味深い。 周囲の苅田にチュウジがいるのに対しオオジは両側稲刈りされていない畦に固執しているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/02 23:15
チュウジシギ冬羽140830千葉県a
Swinhoe's Snipe nonbreeding 140830 Japan. 140829G個体と同一。今日はチュウジ4羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/30 20:47
オオジシギ幼羽140829茨城県b
Latham's Snipe juvenile 140829 Japan. 田んぼのジシギがほぼ色黒のチュウジとなっていたのでずいぶん色白に見えた。肩羽、雨覆はほとんど幼羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/29 23:45
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽・成鳥冬羽140829茨城県b・千葉県a
Swinhoe's Snipe molting juvenile 140829ABC Japan. 茨城県でオオジ1、チュウジ9、千葉県でチュウジ1。二番穂が伸びる前の今がチュウジの見頃だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/08/29 23:39
オオジシギ冬羽、滞在28日目140827茨城県a
Latham's Snipes nonbreeding 140825/0827 Japan. 140825個体(上/画像1と2)と140827個体(下/画像2と4)の頭部のパターンの比較。 140825個体と同一ポイントで今日再びオオジシギ成鳥を観察した。頭部の画像を比較したところ、左右両側で複数の斑点の位置が一致した。特に左眼の直前の眉斑内にある特徴的な模様aに注目(画像1と2)。頭部のパターンは少なくとも数日であれば再現性がありジシギの個体識別に有効と思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/27 22:17
チュウジシギ冬羽(動画)140826茨城県b
Swinhoe's Snipe nonbreeding 140826A Japan. 個体A。小雨覆を除き冬羽に換羽している。三列風切の黒がチュウジにしてはやや狭い。側頭線はほぼ黒で褐色斑はほとんど入っていない。隠れるもののない苅田で警戒もせず寛いでいるところはオオジとはずいぶん違う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 19:39
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)140826千葉県a
Latham's Snipe molting adult 140826 Japan. キジに追われてこちらへ向かって来た。後方の肩羽と内側大雨覆が脱落しているためか三列風切が基部まで見えている。雨覆のほとんど、三列は旧羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 19:08
オオジシギ冬羽、滞在26日目(動画)140825茨城県a
Latham's Snipe nonbreeding 140825 Japan. 140731C=140805Bと同一。最も離れていた8月5日と8月25日の撮影ポイント間は200mであった。7月31日はその中間地点であった。滞在26日は最長記録。小雨覆、中雨覆の一部、外側大雨覆、外側三列風切が夏羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/25 20:03
チュウジシギ冬羽140822茨城県b
Swinhoe's Snipe nonbreeding 140822A Japan. 前々日オオジシギ幼鳥が舞い降りた場所にジシギが6羽入っていた。 個体A。チュウジシギ初認。オオジに慣れた目には真っ黒に見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/23 19:10
オオジシギ幼羽140821茨城県a
Latham's Snipe molting juvenile 140821 Japan. ここでも成鳥が見られなくなり代わりに幼鳥が入っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/21 20:05
オオジシギ幼羽(動画)140820茨城県b
Latham's Snipe molting juvenile 140820A Japan. 2羽が目前に降りた。両方幼鳥だった。個体A。肩羽はかなり換羽が進んでいるが後方に幼羽が見える。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/20 21:25
オオジシギ冬羽140816茨城県a
Latham's Snipe nonbreeding 140816 Japan. 同所で今季撮影したどの個体とも違っていた。千葉茨城でいまだ幼鳥を見ていない。昨季を思い出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 18:25
オオジシギ冬羽(動画)140813茨城県a
Latham's Snipe nonbreeding 140813 Japan. はじめてみる個体。ほぼ冬羽に換羽しているが、小雨覆、三列風切は旧羽でぼろぼろ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/14 22:09
オオジシギ〜冬羽、滞在23日目140813千葉県a
Latham's Snipe molting adult 140813 Japan. 7月22日から滞在23日目の個体。7月24日から8月12日まで観察できていないのでこの地を離れていた可能性はあるが、7月22日、23日のポイントから150mも離れていないポイントでの再発見なのでずっとこの地に滞在していたと思われる。同地では、昨年の7月29日から8月13日までオオジシギが16日滞在したが、その記録を今回更新した。正確性に欠けるが24日の記録もある。山から下りてからオーストラリアへ向けて日本を発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/13 22:38
オオジシギ夏羽〜冬羽140805茨城県a
Latham's Snipes molting adult 140805AB Japan. 個体A: サイトaでたぶんはじめてみる個体。 個体B: 140731Cと同一。滞在6日目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/08 10:13
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)140807茨城県b
Latham's Snipe molting adult 140807A Japan. 個体A: 換羽があまり進んでいない個体。肩羽の一部、大中小雨覆、三列風切は夏羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/08 00:36
オオジシギ、飛び立ち(動画)140801茨城県
Latham's Snipe molting adult 140801C Japan. 足をバネのようにしてほぼ垂直に飛び立っている。画像2〜6は、フレームレート24fpsの動画から切出したシーケンスである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/03 21:16
オオジシギ、脱糞と放尿140801茨城県
Latham's Snipe molting adult 140801C Japan. 排出の開口は、哺乳類では糞道である直腸と尿道である尿生殖洞とが二つに分かれているが、鳥類では総排出腔→総排出口一つである。なので鳥は糞と尿を別々に排出することはできない。しかし尿は哺乳類同様腎臓で、糞は腸でそれぞれ別々に作られる。総排出腔で両者は一緒になるが完全に混合されるわけではない。今回撮影した画像を見ると、鳥でも糞と尿は僅かながら時間差を持って別々に排出されているのがわかる。 画像1〜6は、フレーム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 00:41
オオジシギ夏羽〜冬羽、P1を抜く140801茨城県a
Latham's Snipe molting adult 140801C Japan. 羽繕い中、初列風切を抜く行動を観察した。約2.3枚/秒の連写のシーケンスを以下に示す。 画像1: 初列風切P1〜10がすべてそろっている。足元に抜け落ちた羽はない。 画像2: P2〜10が見えている。翼に隠れて見えないが嘴でP1を引張っている。直後抜けた羽がパッと閃いた。 画像3: 足元にそれまでなかった羽が写っている。 画像4、5: P1が抜ける前後の初列の並び。P2〜10は新羽ではなく、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 23:01
オオジシギ夏羽〜冬羽、日光浴(動画)140801茨城県a
Latham's Snipes molting adult 140801CAD Japan. 個体C。ジシギの日光浴が見られるのは晴れた朝。筋肉の緊張を解く普通の伸びと違い、時間が長く、伸ばし具合が中途半端。尾羽T6-7(?)が黒っぽい。140731C個体と同一。 個体A。140731A個体と同一。 個体D。140731Bとは異なるが、140731Dと同一かは不明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 10:57
オオジシギ冬羽(動画)140727茨城県a(追加140731)
Latham's Snipe molting adult 140727A Japan. 個体A。小雨覆、三列風切以外はほぼ冬羽に換羽している。1時間で4羽いたがこれ以外は遠い、逆光、飛ばれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/27 14:50
オオジシギ、ミミズを食う(動画)140723千葉県a
Latham's Snipe first summer? 140723 Japan. 畦の側面でミミズを捕らえ田の水で洗って食う。大雨覆等に幼羽らしきが見えるので第1回夏羽かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/23 22:02
オオジシギ夏羽〜冬羽140721茨城県b
Latham's Snipe molting adult 140721A Japan. 個体A。上尾筒から腰が白っぽく見える特徴的な個体。もしかしたら140719茨城個体(画像1、2)と同一か、と画像を比較知ると、大雨覆、三列風切のパターンが一致した。19日の場所から2km西で発見した。19日の場所には別の2羽が入っていた。1時間で4個体見られた。成鳥の渡りのピーク近いか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/21 18:04
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)140719茨城県b・千葉県b
Latham's Snipes molting adult 140719 Japan. 動画、画像1、2は茨城県で、画像3、4は千葉県で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/19 19:57
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)140712茨城県a
Latham's Snipe molting adult 140712 Japan. 初鶏、初音、初鰹、初蝉、初嵐、季節のさきがけを俳人は季語にし風流を愉しむ。そして初地鴫、ウォッチャーには格別だ、残念なことに季語にはないが。 下列肩羽が脱落している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/12 11:09
タシギ夏羽140323茨城県
Common Snipe breeding 140323 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/26 19:30
チュウジシギ冬羽131006茨城県 2013年のジシギ幼鳥の減少は放射能汚染による?
Swinhoe's Snipe nonbreeding 131006 Japan. 渡りの最終は今年生まれが普通だが、磨耗した雨覆は幼羽ではなく夏羽のようだ。今季は幼鳥が少なかった。オオジと同様で興味深いが来年以降が心配。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/07 00:15
チュウジシギ冬羽130923千葉県・茨城県a
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130923B Japan. 個体B。茨城県。小雨覆は磨耗した夏羽か。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/23 18:39
チュウジシギ冬羽130922茨城県
Swinhoe's Snipes nonbreeding 130922AB Japan. 数が減ってきた。今日は2羽。渡りは終盤だがオオジ同様幼鳥が少ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/22 16:31
チュウジシギ淡色小型130916茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130916A Japan. 個体A。同一田の他個体よりやや小さく見え嘴も短め。雨覆が淡色に見える。雄かもしれない。初列風切は換羽が済んでいるようだ。→小型のチュウジシギ夏羽〜冬羽110910-千葉県 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/16 21:36
チュウジシギ冬羽(動画)130915茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130915A Japan. 個体A。初列風切はすべて新羽。小翼羽がよく見える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/09/15 23:33
チュウジシギ冬羽・タシギ-130914千葉県・茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130914 Japan.千葉県。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/14 23:03
チュウジシギ幼羽・冬羽130908茨城県
Swinhoe's Snipe juvenile 130908A Japan. 個体A。換羽がほとんど進んでいない幼鳥。肩羽は上段下段とも白い羽縁の幼羽。チュウジ幼鳥は初認。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/09 21:56
チュウジシギ冬羽130907茨城県・千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130907A Japan. 一本の農道に4羽いた。個体A〜Dは茨城県。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/07 20:30
オオジシギ冬羽・タシギ130830茨城県b・千葉県
Latham's Snipe nonbreeding 130830 Japan. 130824個体と同一かもしれない。であれば滞在14日。茨城県。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/02 20:19
チュウジシギ冬羽130831茨城県
Swinhoe's Snipes nonbreeding 130831ABC Japan. 個体A(画像1、2)、個体B(画像3)びっこ、個体C(画像4、5)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/31 09:58
チュウジシギ冬羽130830千葉県・茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130830C Japan. 個体C。130829Bと同一。初列風切は全てに色合いに違いがなく磨耗がないので換羽は済んでいると思われる。渡りの前または途中で初列の換羽を済ませてしまう個体が少なからずいるようだ。尾羽を数えてみると片側11枚あるように見える。個体Cと同サイトにチュウジ2羽、オオジ1羽いたと思われる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/30 22:23
チュウジシギ冬羽、初列風切換羽130829茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130829A Japan. 個体A。初列風切P1〜P8は新羽で暗灰色。P9とP10は磨耗退色した旧羽で褐色。P8とP7の長さに注目。P8の方が短い。P8は伸長中。中断しているわけではなく換羽は継続していると思われる(伸びきる前に中断する可能性もあるかもしれないが)。小中雨覆に磨耗の激しい部分が見える。夏羽と思われるが第1回冬羽の可能性はないだろうか。チュウジシギの第1回夏羽の換羽は不明。初列画像を集めることが突破口となるか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/08/29 17:19
チュウジシギ冬羽、ミミズを食う(動画)・タシギ130827茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 130827 Japan. 苅田で今季、初認。ほぼ全身冬羽に換羽している。8月下旬は例年であれば幼鳥が到着している時期であるから、換羽の進んだ第1回冬羽の可能性もあるか。右大雨覆の羽縁が白っぽく、磨耗した三列風切がないことからもそれを検討したが、成鳥でよさそう。警戒心がなくどんどん近づいてくるのはチュウジの特徴。一見して褐色部が濃い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/27 14:26
オオジシギ冬羽8日目130824茨城県b(追記130826・130829)
Latham's Snipe nonbreeding 130824 Japan. 同サイトに滞在8日目。130817個体と同一。千葉茨城を周ったが今日もまたオオジ幼チュウジは見られず。渡りが遅れているのか、渡りコースがずれたか・・・どうしちゃったのか、異常事態!?(ちょっと大袈裟か) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/24 21:07
オオジシギ夏羽〜冬羽(24日目?)・タシギ冬羽130821千葉県・茨城県
Latham's Snipe 130821 Japan. 右肩羽後方の白く退色した夏羽が目立つ個体。80mの距離があり細部は確認できなかったが130729A=130801=130808C=130809Cと同一の可能性がある。だとすれと同サイトでの滞在は24日で最長記録となる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/21 22:03
オオジシギ冬羽ミミズを食う(動画)130817茨城県b
Latham's Snipe nonbreeding 130817 Japan. 肩羽、中雨覆、大雨覆は冬羽に換羽している。雨覆は磨耗脱色した夏羽。三列風切は一部換羽している。かなり警戒心が強く接近できなかった。2時間以上粘ってこの程度。捕らえたミミズは水に浸してから食べていた。泥を落とす? ほとんどの成鳥が旅立ったようだ。今日午前中でこの1羽のみ。幼鳥はまだ見ていない。ちょっと今年は変。チュウジもまだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/17 18:37
オオジシギ夏羽〜冬羽-130816茨城県a
Latham's Snipes molting adult 130815AB Japan.画像1-5個体A、画像6個体B。 利根川の南側は空になったが、北側にはまだ成鳥の残留組が2羽いた。そろそろチュウジが来る頃だが、オオジ幼鳥が来ていない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/16 12:40
オオジシギ滞在16日目130813千葉県
Latham's Snipe molting adult 130813 Japan. 滞在16日目。昨日と同じ場所にいた。130729C=130802B=130806B=130808B=130812Bと同一。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/13 12:11
オオジシギ夏羽〜冬羽15日目130812千葉県
Latham's Snipe molting adult 130812B Japan. 個体B。滞在15日目。この個体を初めて見た7月29日の羽衣と比べると肩羽や雨覆の換羽がかなり進んでいる一方で、三列風切が変化していないのがわかる。130729C=130802B=130806B=130808Bと同一。個体AとBは数mの所にいて、まず個体Aが飛び立ち旋回して約300m離れたところに降り、個体Bも直後に飛びすぐ隣の畦に下りた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/12 13:49
オオジシギ夏羽〜冬羽12日目、19日目130809千葉県
Latham's Snipe molting adult 130809B Japan. 個体B。肩羽下列後方の白っぽい夏羽と黒っぽい大雨覆が目印。滞在19日目。130722=130802A=130806A=130808Eと同一。またお前か、と思われたかも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/09 22:26
オオジシギ夏羽〜冬羽11日目、11日目、18日目130808千葉県・茨城県b
Latham's Snipe molting adult 130808D Japan. 個体D。滞在11日目。130729C=130802B=130806Bと同一。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/08 22:00
オオジシギ夏羽〜冬羽9日目、12日目、16日目(動画)130806千葉県
Latham's Snipe molting adult 130806A Japan. 個体A。130722、130802Aと同一。同サイトに滞在16日目の長期滞在。いつまでいるのか。画像6の後は個体C。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/06 23:11
オオジシギ夏羽〜冬羽8日目、15日目130805千葉県
Latham's Snipe molting adult 130805B Japan. 個体B。尾羽がチュウジシギのように黒い興味深い個体。外側尾羽は、成鳥になると幼羽より一般的に暗色になる傾向があるかもしれない。130729C、130802Bと同一。今日でこの地に滞在8日目となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/05 21:22
オオジシギ夏羽〜冬羽5日目、尾の黒い130802千葉県(改訂130803)
Latham's Snipe molting adult 130802B Japan. 個体B。顔左面に歪みのある特徴的な個体。130729Cと同一。今日で滞在5日目。尾羽は9枚と思われる。外側のT5〜T9はかなり黒い。チュウジシギの可能性も考えたが、一緒に行動していた個体Aとの大きさやパターンの差は目につかなかった。最後の画像の手前が個体B、後は個体A。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/02 22:38
オオジシギ夏羽〜冬羽12日目130802千葉県
Latham's Snipe molting adult 130802A Japan. 130722個体と同一。大雨覆、三列風切等のパターンが一致した。7月22日から今日まで同サイトに12日滞在している。発見時に比べ換羽がかなり進んでいる。動画1の左、動画2の後、画像1の手前、画像2の左が個体A。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/02 22:18
オオジシギ冬羽、イトミミズを食う(動画)130730茨城県a
Latham's Snipe nonbreeding 130730A Japan. 個体A。畦でミミズを捕る以外に水中のイトミミズを捕食することもある。130728Aと同一。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/30 12:43
タシギ夏羽〜冬羽130721茨城県
Common Snipe molting adult 130721 Japan. タシギにしてはやや嘴が短く見えるが、次列風切後縁が白く(画像2、3)、腋羽の黒も狭い(画像4)。尾羽の多くは脱落している(画像1)。肩羽、雨覆はかなり換羽している。早い渡りか、それとも越夏した個体か。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 22:36
タシギ第1回夏羽130504茨城県
Common Snipe first summer 130504 Japan. 大雨覆等が幼羽と思われる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/10 22:24
タシギ、ディスプレイ130317千葉県
Common Snipes 130317 Japan. 気温が上がったせいか、枯れたアシが堆積した上でチーカ・チーカと連続して囀っていた。ディスプレイ・フライトはさすがに見られなかったが。 2羽が出会うと互いに尾羽を広げ睨みを利かせていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/21 20:05
タシギ冬羽130218千葉県
Common Snipes first winter/nonbreeding 130218 Japan.午後から雨。画像2は幼羽と思われる部分があるので第1回冬羽だろう。開いた尾は別のタシギに対して向けられている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/18 18:10
アオシギ121103鳥の博物館
Solitary Snipe 121103 Abiko City Museum of Birds. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/01 21:58
タシギ第1回冬羽・冬羽(動画)121230茨城県
Common Snipe nonbreeding 121230 Japan.イトミミズを食う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/31 13:49
ハリオシギ幼羽121111鳥の博物館
Pin-tailed Snipe juvenile 121111 Japan. フィールドで役立つjizzを各部の計測値で表わすことは困難(不可能?)であるが、こうした剥製でもやはり生きたjizzを再現することは難しいようだ。らしさが損なわれていてなるほどこれがハリオかといった実感はない。しかし羽衣のパターンは変形しないので有用な情報となる。羽衣の色味もそれなりに役に立つはず(退色は避けられないが)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 20:16
タシギ120929-千葉県・茨城県
Common Snipes 120929 Japan. 千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/15 21:05
チュウジシギ第1回冬羽8日目121006茨城県
Swinhoe's Snipe molting juvenile 121006 Japan. 先週新たに入った個体がまだいるはず。果たして確信めいた予想の通りだった。同一地域の継続的な個体識別によりジシギの少なくとも一部は1週間以上滞在することがわかってきた、それが確信の根拠だった。 120929Bと同一。草陰にかろうじて写った大雨覆のパターンが一致した(上の画像4と120929画像6)。滞在8日目。画像3の手前はタシギで前回も一緒にいた。翌日(今日)はこれと思われるタシギが少し離れた田にい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 12:16
チュウジシギ冬羽、初列風切の換羽120827茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120827B Japan. 個体B。外側初列風切に注目。P10、P9が伸長中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 21:05
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽15日目120929茨城県
Swinhoe's Snipe 1st winter 120929B Japan. 個体B。白っぽい外側尾羽に注目。二番穂が伸びる頃、ジシギは畦に依存することなく緑の田を文字通り縦横に移動しながら採食するので発見は困難だ。たとえ見つけても全身が見えることはなく撮影は困難を極める。待ってやっと伸びをしても肝心の尾がイネに隠れていたりする。何枚も撮ることで個体識別に必要なところは押さえることができる。9月24日に入った個体かと思ったが違った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/02 21:03
チュウジシギ冬羽(動画)120930千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120930 Japan. 台風の影響で雨が降り出した夕刻発見する。感度を徐々に上げ、露出アンダーにし、ズームを短くし露出を何とか稼ぎ、そして最後は内蔵のストロボで撮った。 小雨覆に夏羽と思われる磨耗の進んだ羽が少し見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 20:47
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽120829茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 120829 Japan. 120822個体と同一。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/28 19:19
チュウジシギ冬羽120829茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120829G Japan. 個体G。頭側線に褐色斑がかなり入っていてちょっと期待するも尾の突出は小さくなく体形はチュウジ的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/27 22:16
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽10日目120924茨城県
Swinhoe's Snipe 1st winnter 120924C Japan. 個体C。新たに入った新顔。肩羽がほぼ換羽が済んでいて、さらに三列風切が磨耗しているように見えるが、雨覆に幼羽が見える。頭側線に褐色斑が入っている。画像5の後は個体B。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/26 19:56
チュウジシギ冬羽9日目120923茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120923B Japan. 個体B。120916B と同一。大雨覆が黒い。9月15日からとして滞在9日目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/23 13:53
チュウジシギ冬羽120830茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 120830F Japan. 個体F。頭側線に褐色斑の入った個体。小雨覆の一部に磨耗した夏羽が残る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/22 22:40
チュウジシギ冬羽120902千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120901I Japan. 個体I。画像1〜4はチュウジシギのものと思われる羽毛の裏表。画像5の日付の左にそれが写っている。抜ける瞬間を確認はしていないが長く羽繕いをしていたその下に落ちていたのでこの個体の落し物だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/21 05:42
チュウジシギ冬羽120909茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120909A Japan. 個体A。オオタカがうろうろしていたのでジシギの出が悪かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 22:04
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽120908千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 120908G Japan. 個体G。雨覆の換羽は進んでいる。嘴がやや短く見える。 タシギを含め14羽のジシギの入った田を発見、いざ観察撮影というところで工事の作業車と交通整理が来てしまった。あっという間に全部飛ばされた後、何がいるんですか?と。あーあ、といった顔はぜず大人の対応をする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/12 20:46
チュウジシギとチュウジシギ冬羽(動画)120902茨城県
Swinhoe's Snipes molting adult 120902GH Japan. 個体G(手前)と個体H。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/07 21:12
オオジシギとオオジシギ、オオジシギとチュウジシギ(動画)120827茨城県
Latham's Snipe molting juvenile & Swinhoe's Snipe molting juvenile 120827 Japan. オオジシギ幼羽〜第1回冬羽個体A(後)とチュウジシギ幼羽〜第1回冬羽個体A(前)。オオジは120822個体と同一。チュウジは120822B個体と同一。動画では手前がオオジ、後で羽繕いをするのがチュウジ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/05 22:21
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽8日目120829茨城県
Swinhoe's Snipe molting juvenile 120829I Japan. 個体I。いつもほぼ同じ場所で見られる人を恐れない幼鳥。時間が前後したが9月2日にも観察されている。120822B、120828B、120829A、120830A、この120829I、120831F、120902Eは全て同一。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/04 20:50
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽10日目120831茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 120831A Japan. 個体A。120822、120828B個体と同一。8月22日からは10日目だが、15日から滞在していると思われる。15日からは17日目となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/02 22:17
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽12日目-120902茨城県(追加120907)
Swinhoe's Snipe molting juvenile 120831F Japan. 個体F。120822B、120827A、120828B、120829A、120830Aと同一。滞在10日目。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/02 20:40
チュウジシギ冬羽120901千葉県
Swinhoe's Snipe molting adult 120901 Japan. 個体B。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/01 22:28
チュウジシギ冬羽(とタシギ)120831茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 120831 Japan. 個体C。タシギと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/31 15:22
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽9日目-120830茨城県
Swinhoe's Snipe molting juvenile 120830 Japan. 個体A。120822B、120828B、120829Aと同一。滞在9日目。一般的に幼鳥は警戒心が弱いが、この個体なさ過ぎ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 23:24
チュウジシギ冬羽(動画)120828茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 120828 Japan. 個体C。120822A個体と同一。滞在1週間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/28 22:56
チュウジシギ(とオオジシギ)幼羽〜第1回冬羽(動画)120828茨城県
Swinhoe's Snipe molting juvenile 120828 Japan. 個体B。120822B個体と同一。滞在1週間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/28 21:27
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽「ズグロ」16日目120828茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 120828 Japan. 個体A。「ズグロ」。ニックネームの由来は側頭線にバフ斑がなく黒っぽく見えること。Aさんが8月13日に撮影して以来滞在16日目。この個体は個性的で、側頭線以外にも目につく特徴がある。幼羽雨覆の羽縁は普通白いのだが「ズグロ」のそれはやや濃い目のバフ色であり、そのせいもあり全体的に暗色に見える。三列風切のパターンも特徴的。120816個体、120820A個体と同一。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/28 21:00
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽120822茨城県
Swinhoe's Snipe molting juvenile 120822 Japan. 個体B。あまり換羽は進んでいない。三列風切の黒が多い。 チュウジ今季初認の日、成鳥と幼鳥が同時に見られた。このそばにもう1羽いたが成幼は不明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/08/28 00:18
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽120822茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 120822 Japan. 120816個体、120820A個体とは別個体。Ujimichiさんのジシギ画像掲示板にhasukaさんの120813個体が投稿されたのが8/14で、その個体を本ブログ管理人が発見したのが翌日8/15。場所は、hasukaさんの掲示板での記述と画像からほぼ同所と思われる。この時、オオジは農道に2羽一緒にいて(1m以内)、撮影する前にうっかり飛ばしてしまった。そのうちの1羽はKさんが張っていた約100m離... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/08/27 23:59
チュウジシギ冬羽(動画)120822茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 120822 Japan. 個体A。肩羽は換羽は済んでいる。小雨覆の一部に磨耗した夏羽が見える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/22 08:41
オオジシギ幼羽120820茨城県・千葉県
Latham's Snipe molting juvenile 120820 Japan. 120816個体と同一。滞在1週間。茨城県。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/20 21:29
チュウジシギ夏羽〜冬羽120816千葉県
Swinhoe's Snipe molting adult 120816 Japan. 初認。昨年は8月18日が初め(茨城)。迂闊にも鉢合せとなりあっという間に逃げられた。丸っこい頭につぶらな瞳、基部が太くない嘴、オオジではないと感じた。肩羽の羽縁が白っぽく写っているが、三列が黒っぽくぼろぼろなので幼鳥ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/16 21:44
オオジシギ幼羽、側頭線の黒い120816茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 120816 Japan. 第一印象は、大きさ、プロポーション、肩羽と雨覆からオオジ幼だったが、スコープを覗いて黒くてバフ斑のほとんどない側頭線に、あれえ。チュウジ?羽衣も全体的に濃いなあ。でもやっぱりジズはオオジ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/08/16 21:27
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽(動画)120815千葉県
Latham's Snipe molting juvenile 120815 Japan. 肩羽の多く、雨覆、三列風切は幼羽で磨耗はあまりない。肩羽の上の列に羽縁が広くバフ色の第1回冬羽が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/15 20:52
オオジシギ夏羽〜冬羽11日目120813千葉県
Latham's Snipe molting adult 120813 Japan. 120803A、120804A、120805D、120806Aと同一。8月3日の場所から数十mの所で再発見。滞在11日目。ただし8月7日から12日までは行方をくらましていた。観察コースから外れた何処かで過ごしていたのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 06:47
オオジシギ幼羽・夏羽〜冬羽120811千葉県
Latham's Snipe molting juvenile 120811 Japan. 個体A。あまり換羽の進んでいない幼鳥。肩羽上列前方は第1回冬羽。それ以外の肩羽、雨覆、三列風切は幼羽。幼羽はあまり磨耗していない。P10はP9より短い。 8月7日から4日間千葉県コース内で1羽も見なかったが今朝3羽入っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/11 13:12
オオジシギ幼羽(動画)120810茨城県
Latham's Snipe molting juvenile 120810 Japan. 換羽が進んでいない幼鳥。外側尾羽は白っぽい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/10 13:13
オオジシギ夏羽〜冬羽120804千葉県
Latham's Snipe molting adult 120804 Japan. 個体A。前日の120803Aと同一で滞在2日目。朝夕、次の個体Bと個体C(画像なし)、3個体で一つの田んぼで行動していた。別の場所にもう1羽いたので、この日観察コースにオオジは4羽いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/08 21:21
オオジシギ夏羽〜冬羽120803千葉県
Latham's Snipe molting adult 120803 Japan. 個体A。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/07 21:21
オオジシギ夏羽〜冬羽120802千葉県
Latham's Snipe molting adult 120726 Japan. 120726Bと同一。朝夕ほぼ同じ場所で発見。滞在8日目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 21:06
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画:雷鴫に雷)120806千葉県(改訂120807)
Latham's Snipe molting adult 120806 Japan. 個体A。120803A、120804A、120805Dと同一。三列風切がかなり磨耗している。滞在4日目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/06 22:26
オオジシギ夏羽〜冬羽「マガリ」13日目120805千葉県
Latham's Snipe molting adult 120805 Japan. 個体A。伸長中の内側初列雨覆があるように見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/05 23:30
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽・夏羽〜冬羽(動画)120801千葉県
Latham's Snipe molting adult juvenile 120801 Japan. 個体A。雨覆のパターンが白い羽縁とサブターミナルバンドのある幼羽に見えた。肩羽に白い羽縁はない。脇羽の白黒は白が広くはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/01 23:13
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)120730茨城県
Latham's Snipe molting adult 120730 Japan. 7月21日から滞在10日目(120721Aと同一)。21日の場所からは300m離れた地点で発見。物音に驚き飛び立つも遠ざかるどころかこちらへ向かって来た。 最後の画像は暗くなってから内蔵ストロボ撮影。夜の田んぼを観察すればもっとジシギを見つけられるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/31 21:33
オオジシギ夏羽〜冬羽、尾の黒い(動画)120728千葉県
Latham's Snipe molting adult 120728 Japan. 7月26日から見られる3日目の個体B。前日27日の画像で外側尾羽が黒く映っていたのでぜひ尾を広げるところを撮ろうと粘った。画像1から、T5〜T7が基部あたりから先に広く黒いことが確かめられた。7月27日の個体Bの画像4の黒い尾羽はT6であることがわかった。その外側のT8、T9は白がやや多くなっている。 24日から見られた「マガリ」は見られず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/29 09:54
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)120727千葉県
Latham's Snipes molting adult 120727 Japan. 個体A(後ろ)と個体B(前)。昨日返された休耕田に「マガリ」を見つける。驚いたことにそばにもう一羽いる。昨日1.3km離れた所にいた個体Bだった。「マガリ」は24日から昨日26日まで3日間同じ場所で1羽だった。ということは個体Bが個体Aを見つけて行動をともにするようになったか。それともこの地に一緒に移動してきてしばし離れていたか。120724Bとこの個体Bは別個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/27 21:18
オオジシギ夏羽〜冬羽120726千葉県
Latham's Snipe molting adult 120726 Japan. 個体B。肩羽の一部は淡色羽縁の旧羽。中雨覆、小雨覆はぼろぼろ。スコープで観察中、二度イタチがこの個体の前を通り過ぎた。ジシギもイタチも両者頓着せず。イタチ、ジシギの天敵にあらず? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/07/26 21:22
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画:水浴び・羽繕い)120724-千葉県
Latham's Snipe molting adult 120724 Japan. 個体A。頭部左側の外傷?に引張られるように側頭線、頭央線が左に曲がっている。「マガリ」と名付ける。このような特徴は個体識別に役立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/07/25 22:01
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)120722千葉県
Latham's Snipe molting adult 120722 Japan. 頭部に丸みがあり嘴が細く見えるオオジにしてはやや小型の個体。三列風切の先は磨耗が進み針状に尖っている。三列の先には初列風切が少し出ている。P10とP9は同長。P6〜P10まで同様に磨耗しており換羽していないように見える。これが幼羽なら、この個体は第1回夏羽〜第2回冬羽である。一方、雨覆の換羽はかなり進んでいて褐色の新羽が少なからず出ている。肩羽も新羽。外側尾羽は比較的白い部分が少ないように見える。 嘴に付... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/24 21:28
オオジシギ夏羽〜冬羽(動画)120721茨城県
Latham's Snipe molting adult 120721 Japan. 個体A。肩羽上列は新羽、下列は抜け落ちているので白っぽい雨覆がよく見える。最外初列風切(P10と思われる)は退色が目に付く。おそらく旧羽。換羽は中断している。 動画は、画面左が畦。畦の側面に嘴を差込みミミズを捕らえていた。チュウジシギも同様な採食行動をとる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/21 23:21
タシギ採食行動(動画)120105千葉県
Common Snipe nonbreeding 120105 Japan. 土が乾燥した畦にタシギが出てきた。ミミズを捕らえた様子はなく、細かい節足動物を食べていたようだ。画像にはワラジムシらしきが写っている。 光の加減で肩羽が砂金をまぶされたようにきらきら輝いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 13:54
タシギ冬羽111016千葉県
Common Snipe nonbreeding 111016 Japan. 田んぼではチュウジシギは完全に消え、タシギも数を減らし今日はこの1羽を残すのみとなった。越冬個体は水のある蓮田等へ移動する。 雨覆に夏羽と思われる磨耗の激しい部分が残っている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/17 20:12
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽、15日滞在-111002千葉県・茨城県
Swinhoe's Snipe juvenile/first winter 111001 Japan. 個体A。場所がほぼ同じで、側頭線がやけに太かったので一目で110917A個体と同一とわかった。おそらく9月17日からずっとこの地に滞在しているのだろう。これは例外的なことなのか。 画像を比較する限り羽衣に変化は見られず、換羽はこの2週間中断していることがわかる。 目の前に近づいたところでなんと犬が飛び込んできた。飛び立ったのは2羽、もう1羽いたとは・・・つかず離れずのもう1羽は110... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/04 19:11
タシギ冬羽110925千葉県
Common Snipes nonbreeding 110925 Japan. 台風一過にチュウジはすっかりタシギに置換わった。上空を行くのも二番穂の間に垣間見えるのもみなタシギだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 14:10
タシギ冬羽110917-千葉県
Common Snipe nonbreeding 110917 Japan. タシギ冬羽110917千葉県。個体A。ストロボ撮影のため目が白く光っている。 まだチュウジのほうが多いが、着実にタシギが増えてきた。水のあるとこないとこ、タシギの方が多様な環境で目にする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/22 18:52
チュウジシギ冬羽110921千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 110921Japan. 個体A。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/21 22:06
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽・成鳥冬羽110919千葉県
Swinhoe's Snipe juvenile/first winter 110919 Japan. 個体B。肩羽は第1回冬羽。見にくいが小雨覆に淡色の羽縁の内側に黒のある幼羽が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 20:19
チュウジシギ夏羽〜冬羽110919茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 110919 Japan. 個体A。中雨覆等が目立ってささくれ立っているが、羽縁が白く退色しておらずバフ色に見えるので、夏羽ではなく換羽後に何らかの原因で磨耗したのかもしれない。 この個体の後方にもチュウジと思われるジシギが1羽いたが見失う。 茨城県ではチュウジの数は減少してきたようだ。幼鳥の山はこれから? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/19 23:26
チュウジシギ冬羽110918千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 110918 Japan. 個体A。小雨覆に少し夏羽が見える。尾羽は、T6からT9にかけて急に短くなっているのがわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/18 11:37
チュウジシギ成鳥夏羽〜冬羽・幼羽〜第1回冬羽(母子?)110917千葉県
Swinhoe's Snipe juvenile/first winter 110917 Japan. 個体A。側頭線が太く濃い。雨覆と肩羽下段後方は幼羽。外側尾羽は基部は黒だが先のほうには白斑が比較的目立つ。 朝4時間、夕方1時間半、個体Bと一緒に行動していた。個体Aは車や通行人に無頓着で飛ぶこともない。個体Bは警戒心が極めて強くなかなか人前に出て来ず、驚くたび飛び立つのだが、旋回して必ず個体Aの近辺に戻ってくる。人を恐れぬ我が子を心配する母鳥だとすればそれらの行動が腑に落ちるのだが・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/17 23:30
チュウジシギ夏羽〜冬羽8個体110910-千葉県・茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 110911 Japan. 個体C。肩羽後方、三列風切、大雨覆等に羽縁が白っぽい磨耗した夏羽が見える。これを撮っているとき4羽のチュウジが目の前をうろうろしていてどれに的を絞るかこまった。レンズを向けていない個体に限って伸びをしたりする ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/16 20:20
小型のチュウジシギ夏羽〜冬羽110910-千葉県
Swinhoe's Snipe molting adult 110910 Japan. 個体B。画像1、2:頭部は丸く眼が大きい。嘴は明らかに短い。個体3、4:小雨覆には磨耗した夏羽がある。中雨覆、大雨覆は黒より褐色部が広くチュウジとしては淡色(画像1、2では淡色かわかりにくいが)。中雨覆1枚1枚がが大きめに見える。 小型で嘴が短く淡色に見えるところはハリオ的だが、体部が詰まった感じはない。残念ながら尾は広げず。♂は♀に比べ嘴が短いとされるのでこの個体は♂かもしれない。だとすれば♂のほうが淡... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/15 21:38
チュウジシギ成鳥冬羽(動画)110910-千葉県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 110910 Japan. 個体A。画像1:舌の構造がわかる。画像4:頭の後ろから両目が見える。画像6と10:肩羽のみならず、雨覆もほぼ換羽が済んでいる。画像7:中雨覆?の根元が黒いのがわかる。動かないでじっと持つとこうして必要以上に近づいてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/15 20:34
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽110911千葉県
Latham's Snipe juvenile/first winter 110911 Japan. オオジはこの1羽であとはすべてチュウジとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/11 17:39
チュウジジシギ夏羽〜冬羽110904茨城県(改訂改題110913)
Latham'sSwinhoe's Snipe juvenile/first winter molting adult 110904 Japan. 鳥と絵画のUjimichiさんPage「ジシギ画像掲示板」No.1504、1505と本エントリの個体が同一とご指摘を受け、再検討した結果、2011年9月6日のエントリに本エントリ改訂版を再録した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/07 19:15
チュウジシギ第1回夏羽・夏羽〜冬羽4個体(動画)110904茨城県(改訂110913)
Swinhoe's Snipe molting adult or 1st summer / 2nd winter 110904 Japan. 個体A。一見して全体的に黒っぽい個体。初列風切は、P9、P10の色味が内側初列と異なるので換羽していると思われる。したがって、今年生まれではない。激しく磨耗した黒っぽい雨覆がいくつか見えるが、これは幼羽だろうか。そうなら第1回夏ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/06 20:00
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽110903千葉県
Latham's Snipe juvenile/first winter 110903 Japan. 肩羽の後ろのほうに幼羽が残る。雨覆は幼羽と脱落が目立つ。 当センサスコースでは今季初、そして2年ぶりのオオジ。この地では昨年はとうとう1羽も出なかったので、ちょっと感慨深い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 19:19
チュウジシギ夏羽〜冬羽110903千葉県
Swinhoe's Snipe molting adult 110903 Japan. 台風の影響で降ったりやんだり虹が出たり。1つの田んぼに大中玉が入った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/04 22:16
チュウジシギはケラを食わない(動画)成鳥5個体110831茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 110831 Japan. チュウジシギ成鳥夏羽〜冬羽110831茨城県。個体A。畦の側面に嘴を差込み次から次へミミズを捕らえる。と、足のあるものをくわえ出した。ケラの幼虫のようだ。どうするのかなあ、やっぱり食うのか、注目。結局抛ってまた掘りやはりミミズを漁る。やっぱりジシギはミミズがお好き。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/01 21:19
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽・成鳥冬羽110831千葉県
Swinhoe's Snipe juvenile / first winter 110831 Japan. 個体A。側頭線は暗色で淡色斑はほとんど入っていない。頭央線は嘴基部に達しない。下の肩羽は細い白色羽縁の幼羽。雨覆はほぼ幼羽、一部は第1回冬羽。 気付かず接近してしまい足元から2羽が飛び出した。しかし30mくらい飛んだだけで刈られた田にすぐ降りた。1羽は成鳥、もう1羽は幼鳥だ。レンズを向けると成鳥が飛び立つ。周囲を旋回しやや離れたとこへ降りた。しばらくして再び飛び立ちやはり旋回して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 22:38
チュウジシギ成鳥冬羽(動画)110829茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 110829 Japan. 110827個体とは別。フィールドに到着して初めにのぞいた畦にいきなり出た。こんなことは初めて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 21:34
チュウジシギ成鳥冬羽110827茨城県
Swinhoe's Snipe molting adult 110827 Japan. 換羽の進んだ個体。小雨覆などに夏羽が見える。 今日はチュウジ3、オオジ1。徐々にオオジがチュウジに置き換わっている。8月19日(と21日)以来幼羽を見ない。あの2個体は今見られる成鳥の個体群とは別かもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/27 10:44
オオジジシギ幼羽〜第1回冬羽、雨覆の換羽-110825千葉県(改訂141226)
Latham's Snipe juvenile/first winter 110822K Japan. 個体K。3日前に見た個体。羽を立てたので隠されていた雨覆の筆毛が見えた(画像4)。鞘の先に小さな穴が開き(1)、その鞘を突き破って羽の先の褐色部分が出て(2)、さらにその内側の黒が続く(3)。そしておそらく次の褐色がでるころ鞘が脱落する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 21:02
チュウジシギ幼羽、換羽の遅い (動画)-110821茨城県(改訂141226)
Swinhoe's Snipe juvenile 110821 Japan. 個体J。2日前に撮りそこねた肩羽の赤っぽいタイプ。周囲に数羽のチュウジがいたが、この個体だけ赤褐色を帯び異質だった。このタイプはたまに見るが関東では稀だと思う。他とは故郷が別か。換羽は進んでおらず、幼羽にあまり磨耗がなく、巣立ち直後に渡ってきたと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2011/08/24 21:49
チュウジシギ成鳥夏羽〜冬羽 9個体110816-茨城県(追加110824、25)
Swinhoe's Snipe molting adult 110818 Japan. 個体C。肩羽、雨覆、三列風切等に磨耗した夏羽が残る。初列P10とP9は褐色に見える。P8から内側は換羽した新羽。尾は確認できなかったが、一見して褐色部分が濃く眼の大きい頭部のジズでオオジではないと感じた。 通常見かけない水路と水田の間の乾いた場所にいたので驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 23:28
タシギ幼羽110821茨城県(追記110822)
Common Snipe juvenile 110821Japan. Common Snipe juvenile 110821Japan. 渡ってきたばかりのフレッシュな幼羽。成鳥を見ないうちに幼鳥が出た。肩羽、三列、雨覆ほとんどは幼羽。腋羽は黒い横斑が白より狭い。捉えたのはミミズではなく、魚のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/21 22:17
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽・夏羽〜冬羽 13個体(動画) -110818茨城県(追記110820)
Latham's Snipe first winter molting adult 110818 Japan.個体A。前日に観察した位置から300m離れていたが特徴的な羽衣だったのですぐ同一個体とわかった。オオジにしては警戒心が低く昨日同様畦の農道側で行動していた。この時期にこれだけ換羽が進んだ幼鳥がいるとなると、換羽にかなり無頓着に識別していた、かつての8月下旬のオオジ成鳥の記録は再考を要す。以上追記110818. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/17 21:31
タシギ第1回冬羽・成鳥冬羽〜夏羽110508-千葉県
Common Snipe molting adult 110515Japan. タシギ成鳥冬羽〜夏羽110515千葉県。雨覆に幼羽は見られない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/17 22:48
タシギ7個体110423茨城県
Common Snipes タシギ7個体110423茨城県。雨の田んぼ。まだシギは少ない。見つかるのはタシギばかり。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 18:41
タシギ第1回冬羽110416茨城県
Common Snipes 110416 Japan. タシギ110416茨城県。オオジの一報が届いた。しかし、見つからず。いるのはタシギばかり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/16 13:10
タシギ冬羽101010千葉県
Common Snipe nonbreeding 101010 Japan. タシギ冬羽101010千葉県。本降りの朝の田んぼ。タシギは多いがチュウジは見当たらず。ここに来てタシギが増えてきたが、7月下旬から9月上旬にこの地域を通過する個体群と越冬する個体群は生息地が別なのではないか。もちろん遅れて渡ってくるのはより北部の分布域のタシギだろう。羽衣の差異はあるだろうか。いつか調べなければと思っていながら時が過ぎている。 頭の上を通過したツバメに尾を立てた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/10 12:48
タシギ冬羽100922茨城県(追記101014)
Common Snipe nonbreeding 100922 Japan. タシギ冬羽100922茨城県。タシギはチュウジに比べて、分布域もはるかに広くまた個体数も一桁は大きい。したがって、バリエーションがチュウジでは少ないのに対して、タシギではかなり多い。この個体は典型的な個体に比べると異質である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 22:46
タシギ冬羽 採食行動(動画)101001茨城県
Common Snipe nonbreeding 101001 Japan. タシギ冬羽101001茨城県。チュジに比べてタシギははるかに警戒心が強くて接近を試みてもあっという間に飛んでいってしまう。このときは、チュウジを粘って待っていたらいつの間にか目の前にいた。無視されていると人を敵とは認識しないのだろう。 タシギは水のないところではチュウジと同様にミミズを捕食している。チュウジがあまり入らないようなある程度の深さのある水場ではいったいタシギは何を捉えているのだろう。この日はなにやら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/04 20:52
チュウジシギ冬羽101001茨城県
Swinhoe's Snipe first winter nonbreeding 101001 Japan. チュウジシギ第1回冬羽101001茨城県。画像4を見ると、磨耗の進んだ雨覆が見える。磨耗の進んでいない周囲の羽衣とトーンが同じで退色しているように見えないので新羽か。これが夏羽なら成鳥となる。画像5には、腰に青白い斑が写っている。画像6で外側尾羽がひとつ出ているのがわかる。すべて同一個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 17:16
チュウジシギ第1回冬羽(動画)100926茨城県
Swinhoe's Snipe first winter 100926 Japan. チュウジシギ第1回冬羽100926茨城県。二番穂の間を探しても見つかるのはタシギばかりになってきた。チュウジの渡りは終盤を迎えた。肩羽の後の方、小雨覆などに幼羽が覗く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 23:14
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽・成鳥冬羽 4個体(動画)100920-茨城県
Swinhoe's Snipe first winter nonbreeding 100922 Japan. チュウジシギ第1回冬羽100922茨城県。個体a。雨覆も換羽が済んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 23:16
タシギ幼羽・成鳥冬羽100911茨城県
Common Snipe nonbreeding 100911 Japan. タシギ冬羽100911茨城県。換羽は進んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/17 20:56
手賀沼からジシギが消えた07-10
Swinhoe's Snipe nonbreeding 100910 Japan. チュウジシギ冬羽100910千葉県。手賀沼周辺で今季唯一のジシギ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/15 22:12
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽100911茨城県
Swinhoe's Snipe juvenile/first winter 100911 Japan. チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽100911茨城県。 あまり換羽が進んでいない。肩羽の一部は第1回冬羽。雨覆は白い羽縁のある幼羽。すべて同一個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 22:47
チュウジシギ成鳥冬羽採食行動(動画)100911茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 100911 Japan. チュウジシギ成鳥冬羽100911茨城県。個体b。小雨覆まで新羽に換羽しているようだ。例年、チュウジ成鳥が見られるのは9月第1週までだが、今年はまだ成鳥が少なくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/13 20:14
チュウジシギ成鳥冬羽100911茨城県
Swinhoe's Snipe nonbreeding 100911 Japan. チュウジシギ冬羽100911茨城県。個体a。ほとんど冬羽に換羽している。画像2を見ると小雨覆が磨耗した夏羽と思われる。画像4では、尾羽が初列風切P6とP7の間からでていて、その外側のP9-10が他より褐色味が強く旧羽であることがわかる。P8は重なっているのか見えない。すべて同一個体。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/11 21:40
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽(動画)100905茨城県
Swinhoe's Snipe juvenile/first winter 100905 Japan. チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽100905茨城県。幼羽が比較的残っている個体。すべて同一個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 13:12
チュウジシギ第1回冬羽ほか100903茨城県
Swinhoe's Snipe first winter with Common Snipe 100903 Japan. チュウジシギ第1回冬羽100903茨城県。個体A。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/03 22:00
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽100822茨城県
Latham's Snipe first winter 100818 Japan. オオジシギ幼羽〜第1回冬羽100822茨城県。肩羽の前の方が換羽している。急にタシギが増えた。タシギの群れが飛び立つと一緒に飛び立つ。一緒に飛んでいると大きさがかなり違う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 09:43
オオジシギとタマシギが一緒に行動(動画)100818茨城県(追加100819)
Latham's Snipe and Greater Painted-Snipe 100818 Japan. オオジシギ&タマシギ100818茨城県。畦にオオジを見つけた。しばらく見ているとすぐ後に少し背の低いシギがいることに気付く(画像5のオオジのすぐ手前にタマシギが少し見える)。もう1羽オオジかと思ったが意外にもタマシギの♂だった。タマシギが水に入るとオオジが続いた。約1時間まるでつがいのように行動を共にした。どちらかといえばタマシギがオオジに付きまとっているようにも見えた。タシギとオオジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/18 22:24
タシギ第1回冬羽〜夏羽100329茨城県
Common Snipe first winter 100329 Japan. タシギ第1回冬羽〜夏羽100329茨城県。雨覆に磨耗、退色した幼羽が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/22 20:50
タシギ7個体-091002千葉・茨城県
Common Snipe juvenile or nonbreeding 091001-02 Japan. タシギ091001-02。すべて別個体。画像1〜4は091002千葉県、画像5〜7は091001茨城県。画像1と7は、嘴がかなり短い(画像7はまるでチュウジシギに見える)。タシギは他のジシギに比べ、羽衣に多様性がある。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/02 19:37
タシギ第1回冬羽・チュウジシギ第1回冬羽090923千葉県
Common Snipe 1st winter 090923 Japan. タシギ第1回冬羽090923千葉県。初列風切はすべて磨耗の進んでいない幼羽と思われる。雨覆等はほぼ第1回冬羽に換羽していると思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 17:47
チュウジシギ第1回冬羽、飛翔090921千葉県
Swinhoe's Snipe 1st winter 090921 Japan. チュウジシギ第1回冬羽、飛翔090921千葉県。頭側線に褐色斑が入る。雨覆はほぼ第1回冬羽に換羽している。初列風切は換羽しない。 チュウジは2羽、タシギは12羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/21 10:26
タシギ冬羽090918千葉県
Common Snipe nonbreeding 090918 Japan. タシギ冬羽090918千葉県。いつの間にかタシギだらけになっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/19 20:55
チュウジシギ第1回冬羽・冬羽090911千葉県
Swinhoe's Snipe 1st winter 090911 Japan. チュウジシギ第1回冬羽090911千葉県。側頭線に褐色斑が入り、肩羽の縁や雨覆も普通のチュウジより明るく、さらに体が短く見える(体の向きのせい?)等、ハリオに似た特徴を持つが、頭部、目、嘴のジズはチュウジ。三列と大雨覆は羽縁が白く幼羽と思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/11 21:24
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽、タシギ090906千葉県
Latham's Snipe molting juvunile with Common Snipe 090906 Japan. オオジシギ幼羽とタシギ090906千葉県。タシギの群れにオオジが1羽いた。換羽はあまり進んでおらず一部の肩羽以外の多くが幼羽に見える。雨覆が白っぽかったのでチュウジではないだろうと思ったが、尾のパターンで確認できた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 11:15
チュウジシギ夏羽〜冬羽、初列の換羽090904千葉県
Swinhoe's Snipe molting adult 090904 Japan. チュウジシギ夏羽〜冬羽090904千葉県。初列風切P9とP10は褐色の旧羽、それ以外は黒っぽく、細く白い羽縁がある新羽と思われる。幼鳥はこの時期初列は換羽しない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/04 19:38
チュウジシギ 幼羽から第1回冬羽への換羽 090830千葉県
Swinhoe's Snipe 1st winter 090830 Japan. チュウジシギ第1回冬羽090830千葉県。2羽のタシギといた。並ぶとタシギよりかなり大きく見える。畦の草陰に一緒に潜んでいたが、食事になれば行動の差は歴然とする。水には入らず畦の側面をほじるチュウジ、開けた所へ出て水中の獲物を獲るタシギ。行動の違いは識別に役立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/30 22:28
チュウジシギ成鳥、避難行動 090826茨城県
Swinhoe's Snipe adult nonbreeding 090826 Japan. チュウジシギ成鳥冬羽090826茨城県。オオジより身軽な感じで淡色部のバフ色が濃く、全体の印象からチュウジとわかる。肩羽、雨覆等が幼羽ではなく、かつ新鮮なので冬羽と思われる。 突然後ずさりし畦にお尻をつけた。上空を見るとオオタカが滑空していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/27 13:44
オオジシギ幼羽090818千葉県
Latham's Snipe juvenile 090818 Japan. オオジシギ幼羽090818千葉県。肩羽の換羽は進んでいない。羽縁に細い白。磨耗がさほど進んでいないから、雨覆の幼羽のパターンもよくわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/18 20:48
ヒバリシギ幼羽・オオジシギ幼羽090816千葉県
Long-toed Stint juvenile 090816 Japan. ヒバリシギ幼羽090816千葉県。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/16 20:28
オオジシギ第1回冬羽090815茨城県
Latham's Snipe 1st winter 090815 Japan. オオジシギ幼羽〜第1回冬羽090815茨城県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 10:40
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽(動画)090813茨城県
Latham's Snipe 1st winter 090813 Japan. オオジシギ幼羽〜第1回冬羽090813茨城県。肩羽はほぼ換羽が済んでいる。下方の雨覆(幼羽)はまだあまり擦り切れていないように見える。 小雨。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/13 11:51
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽2個体(動画) 090809茨城県
Latham's Snipe 1st winter 090809 Japan. オオジシギ幼羽〜第1回冬羽090809茨城県。肩羽はほぼ第1回冬羽に換羽しているが、後方に幼羽が見える。雨覆いはほぼ幼羽のまま。水浴び後羽繕いするも草が邪魔。 今季は水の入った休耕田が少なくシギチドリが少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/09 12:29
タシギ採食行動(動画)090504千葉県
春のジシギを探して休耕田を見るもタシギばかり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 12:17
タシギ090424千葉県
Common Snipe 090424 Japan. タシギ090424千葉県。水のない休耕田に見つけたのでもしやと思ったのだが・・・やっぱりタシギだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/24 11:38
タシギ採食行動(動画)090107千葉県
タシギ冬羽090107千葉県。2羽の換羽の状態が異なるのがわかる。一方は肩羽が伸びきっておらず小雨覆がよく見えているが、他方は肩羽は伸長している。 渡って来た頃は水田で採食するが、水田から水が抜かれると、蓮田、沼、水路などに移動する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/07 18:27
タシギの群(動画)081006千葉県
雨の田んぼで65羽の群を見た。文字通りタシギだらけ。 渡ってきたばかりの8月、旅立つ5月に十数羽の小群は見かけるが、この時期に大きな群を見るのは記憶にない。 これだけいれば、黒いのやらひょっとして小さいのやらが交じっているかもと一つずつ確認していくも、現実はそんなに甘くはない。 気付いたのは成鳥の少なさ。多分2割弱と思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 20:47
タシギ081001千葉県
タシギ成鳥2個体081001千葉県。 雨の田んぼをじっくり見た。10月にチュウジを見ることもあるのでこの日もと期待したのだがやはり旅立った後のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/04 20:54
チュウジシギ第1回冬羽の飛翔080929千葉県
飛んでるところをなんとか撮りたいものだなあと思っていたのだがかろうじて撮ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/29 14:51
タシギ幼羽・成鳥夏羽〜冬羽 (動画) 080922-千葉県
Common Snipe juvenile 080922 Japan. タシギ幼羽080922千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 22:41
ジシギ類の秋の渡り(3種の幼・成鳥の滞在期間)千葉県07〜08
千葉県北西部の田園地帯のジシギ類3種の秋の渡りについてまとめた。 距離、光線、障害物、個体差などの状況により、常に、種、幼成の正しい識別ができるわけではなく、また、毎日観察できるわけでもないので、実際の期間は概ねその前後と考えてほしい。 オオジシギ: 成鳥; 7/20 - 8/28 (08),   7/15 - 8/24 (07) 幼鳥; 8/ 6 - 8/31 (08),   7/21 - 9/ 6 (07) タシギ: 成鳥; 8/20 -  (08),      8... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 21:08
チュウジシギ第1回冬羽2個体(動画)080915千葉県
Swinhoe's Snipe 1st winter 080915 Japan. チュウジシギ第1回冬羽(個体A)080915千葉県。雨覆の一部に羽縁の白い幼羽が見られる。初列に換羽は見られない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 18:51
チュウジシギ成鳥冬羽(動画)080907千葉県
Swinhoe's Snipe adult nonbreeding 080907 Japan. チュウジシギ成鳥冬羽080907千葉県。9月7日のエントリーの個体Aと同じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/10 21:06
チュウジシギ成鳥冬羽の採食行動(動画)080907千葉県
Swinhoe's Snipe adult nonbreeding 080907 Japan. チュウジシギ成鳥冬羽(個体A)080907千葉県。小雨覆の一部(4つ目の画像)と初列風切P10(最初の画像に注目)、三列が旧羽で、それ以外はほとんどが新しい冬羽に換羽している。幼鳥はこの時期初列は換羽しない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 19:53
チュウジシギ・オオタカ080906千葉県
ジシギは不調。 チュウジシギ080906千葉県。後はみんなタシギだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 12:49
オオジシギ囀り・タシギ080829千葉県
突然ズビーというオオジの声が聞こえた。上空を見る。見えない。草むらで鳴いていたのかも。 先日はディスプレイ・フライトを見ることができたし、どうなっちゃってんの? オオジであるなら、チュウジでもあるかも。間違えてディスプレイやってくれんか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 20:40
チュウジシギ3個体(動画)080831千葉県
8月最後の朝は雨模様。 センサス・コースで見られたジシギ類は、タシギ8羽(成鳥幼鳥混在)、チュウジシギ5羽(成鳥2羽)、オオジシギ幼鳥2羽で、渡りの盛りと思われる。警戒心がもっとも弱いのがチュウジで、見つけられればばじっくり観察できる。今回は尾を広げる瞬間を動画に収めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 20:05
オオジシギ 季節外れのディスプレイ・フライト 080826千葉県
ゲッ、ゲッ、ゲッ・・・ 細雨の上空を旋回しながら3羽のジシギが鳴き交わしている。 幸運にも目前の田んぼに向けて降りてきた。着陸前にすかさず双眼鏡で次列を確認する。よし、白線なし。 1羽(成鳥)は興奮したように隣に降りた個体(幼鳥?)に対して何度も尾を広げてみせる。 3羽は落ち着かず隣の田んぼへそしてそのまた隣の田んぼへと飛び移る。 そうこうしていると、1羽(成鳥?)が高く舞い上がった。 パタパタ、パタパタと羽ばたくと、降下しながら、ザザッと音を発した。一瞬我耳を疑う。 なんとディス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/26 16:38
メダイチドリ幼羽・タシギ冬羽・タマシギ父子080825千葉県
Lesser Sand Plover juvenile 080825 Japan. メダイチドリ幼羽080825千葉県。田んぼでは比較的珍しい。今季は2度目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 20:41
キリアイ幼羽・タシギ成鳥ほか080824千葉県
1日で抜けてしまうシギが少なくないのだが、まだいてくれた。 Broad-billed Sandpiper juvenile 080824 Japan. キリアイ幼羽080824千葉県。この個体は、眉斑が二つに別れさらにもう一つ分離している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 15:44
チュウジシギ成鳥冬羽・オオジシギ第1回冬羽080822千葉県
先日フィールドでお会いした野鳥の会茨城支部のAさんの何気ない一言にちょっと驚かされた。 ― オオジには興味ないんです。チュウジが好きなんですよ。 でも、そんな気持ちもわからなくはない。チュウジシギは決して珍しくないが、魅力的な鳥だから。この鳥をじっくり見られれば、あとは何も出なくても満ちたりる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/22 12:03
ソリハシシギ夏羽・タシギ・ヒバリシギ080821千葉県
センサス・コースでは、タシギは今季初、ソリハシシギは昨日初認、ヒバリシギ成鳥夏羽も今季初。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 21:56
オオジシギ第1回冬羽・ヒバリシギ幼羽080820千葉県
上空からゲッと声がすると、スコープ内のオオジが呼応した。地空のやり取りが3回繰り返されると視野の個体が飛び立った。2羽は空で合流すると旋回してまた降りた。 オオジは4羽いた。 以下のオオジは同一個体。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 11:38
チュウジシギ・ヒバリシギ080819千葉県
チュウジシギ080819千葉県。 全体的に黒い部分が多く褐色部分が濃い、、頭側線に淡色斑が入っていない、三列が黒っぽい、こそこそしているわりに近づいても飛び出さない、等よりチュウジと判断した。初認は例年とほぼ同じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 21:40
オオジシギ第1回冬羽・コアオアシシギ第1回冬羽ほか0808017千葉県(追記080820)
Lathman's Snipe (1st) winter 080817 Japan. オオジシギ第1回冬羽080817千葉県。中雨覆は脱落している。小雨覆は羽軸が黒く見えているので幼羽ではない。肩羽もほとんどは換羽しているが、後方の1枚が幼羽に見える。成鳥の可能性も。 追記080820:氏原道昭氏のMU's Diary に以下の指摘あった。 ジシギ類の雨覆は、「黒い軸斑が突き抜けているものが成羽、そうでないものが幼羽」と言われることがあるが、これは私は元々はタシギについて古くから欧米の図鑑... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 12:42
オオジシギ4個体080806千葉県
今朝は濃い霧で一つ向こうの田んぼが見えない。絶好のヂシギ日和だ。 行動をともにしていた2羽の一方は幼鳥。飛び立つのも降りた後もずっと一緒だった。母子か? ほかにも同じ田んぼに成鳥が2羽入っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 11:39
オオジシギ成鳥080730千葉県
見た目にはさほど違いがないように見えても、ヂシギのいる田んぼとそうでない田んぼが明らかにある。距離からすればいてもおかしくないところにまったくいないのはヂシギなりの訳があるのだろう。 古地形たとえばかつての川筋とかの影響はあるだろうか。散布される薬などは最右翼か。 3羽のヂシギが羽を休めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 22:48
オオジシギ成鳥ほか080721千葉県
夕暮れにオオジシギを昨年より少し遅れて初認。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 20:21
クサシギとタシギの混群080224千葉県(追記)
昨日から続く春の嵐に目も開けられず、機材も砂だらけです。 休みでもさすがにこの荒天でウオッチャーはいませんでしたが、カメラマンは一人いました。 さてこの画像を見る限り混群といえます。しかし、せいぜい3分の出来事で、離合集散の限られた一時を切り取ったものです。 この一面だけを見れば、冬のクサシギは群れで行動すると思う人がいるかもしれません。しかし、一般にクサシギは群れないと考えられています。何らかの条件(餌など)のもとで集まった場合は集合(aggregation)などとよばれます。群れで行動... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 13:06
タシギ上種(スーパースピーシーズ)
タシギは、ナンベイタシギ、アフリカジシギ(マダガスカルジシギ)とともに上種を構成します。上種はエルンスト・マイアの用語で、かつていくつか存在した亜種が、それぞれ分化が進み種のレベルに達した状態です。 さらに時間が経過し、それぞれの種の分布に重なりが出来ると、種群と呼ばれます。セグロカモメ種群がその例です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 23:46
タシギ幼羽・成鳥冬羽ほか070913手賀沼
この日のジシギは、一つの田にタシギ2羽とチュウジシギ1羽、別の田にタシギ2羽、それから識別できない4羽が上空を飛びました。 タシギの幼羽と成鳥夏羽が並んでいたのでじっくり観察できました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/14 21:02
タシギ幼羽ほか070909手賀沼
この日はオオタカがいないわりにジシギはあまり姿を現しませんでした。 オオジはほぼ姿を消し、チュウジとタシギが同じくらいいるのではないかと思われます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/12 20:36
チュウジシギ幼羽〜第1回冬羽070906河内
足元から2羽のジシギが飛び出しました。向こうも驚いたのでしょうがこちらも同様。風が強く舞い上がるのが億劫だったのか、すぐそばに降りました。ラッキー。 一見して両方チュウジです。スコープを向けると近すぎて頭しか入りません。首、背、尾順番に観察していきます。肩羽の後の方に白く細い羽縁が覗いているので、第1回冬羽かと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 21:04
チュウジシギほか070906手賀沼
オオタカが目を光らせているわりに、ジシギ3種見られました。たぶんかなりの数いるはずです。 一番呑気なのがチュウジ、次がオオジ、タシギは警戒を解いていませんでした。 タマシギの子はすくすく育っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/06 10:35
タシギ幼羽070902手賀沼
チュウジシギを観察していたら、サーッと風を切って2羽のジシギが舞い降りました。見れば1羽はチュウジ、なので後のもチュウジだろ、と確認すればなんか変。 小さくて黒い。なんだ、タシギかあ。ん、でも、脇の黒斑がやけに太く見える。一応ウィルソンを疑っては見るものの、チュウジがあたりをうろつくのでついついそっちに気を取られてしまします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 20:52
チュウジシギ成鳥の初列風切の換羽(2)070902手賀沼
4日前に観察したチュウジシギは、初列風切P7〜P10外側4枚が旧羽でしたが、今日観察したチュウジは、P8〜P10外側3枚が旧羽でした。 これまでオオジとチュウジの識別点として初列風切についてあちこちで取り上げられてきました。本ブログでも最近触れました。 いっぽうで、翼式は使えないともいわれるようになってきました。たとえば、UjimichiさんのMU's Diaryの今年の6月2日の記事とか本ブログにいただいたコメントなど。 関東で一番目にすることが多いこの時期に、初列風切のそれも肝心な部分... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/02 18:18
チュウジシギ成鳥の初列風切の換羽070829手賀沼
Swinhoe's Snipe adult, Aug., Japan チュウジシギ成鳥夏〜冬羽070829手賀沼。 初列風切はP1〜P6が新羽、P7〜P10が旧羽と思われます。内側は黒っぽく、外側は茶色っぽく見えます。初列雨覆も同様に、内側が黒っぽい新羽、外側が旧羽でしょう。 次列S1〜S3は白っぽいので旧羽か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/29 15:40
タシギ幼羽070827手賀沼
タシギ幼羽の初認です。成鳥は8月14日に観察していますから、成鳥に遅れること約2週間でこの地を訪れたことになります。2羽で行動していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/27 12:19
オオジシギ成鳥夏羽〜冬羽070824手賀沼
今朝公園でセンダイムシクイを見ました。夏の小鳥類の渡りが静かに始まっています。 手賀沼周辺のジシギは今オオジ、チュウジ、タシギが一堂に会す、ウォッチャーには楽しい期間です。先日、オオジはもう成鳥は見られないと書いたのですが、まだいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 12:29
チュウジシギ夏羽〜冬羽の水浴び070821手賀沼
グェ。ジシギ(声からタシギではなさそう)が飛び出しました。 運良く10mも飛ばず着地。双眼鏡で確認後、撮影準備。 いない。 一度隠れてしまったのですが、しばらくするとまた出てきて水浴びを始めました。水浴びの時は羽毛を膨らませたりぺたっと寝かせてしまったりで、特に頭部と嘴のイメージが変化して、タシギのように見えたり、オオジのように見えたり、識別に困ります。おまけに草に隠れて、三列と尾は見えそうにありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/21 13:24
チュウジシギ夏羽070817河内(追記070829)
嘴が比較的短く見える、眼が大きく見える、側頭線に褐色斑が多い、など一見して目に付く特徴のあるジシギです。 かなり遠いうえ猛暑に集中力が持たず、追い切れませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 21:29
タシギ成鳥夏羽070817手賀沼
渡ってきたばかりのタシギをちゃんと撮っておきたいと思っていたのですが、チャンスが巡ってきました。成鳥です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/17 21:18
ヒバリシギ夏羽・オオジシギ夏羽070801手賀沼
今朝の手賀沼は、濃い霧に包まれて目前の田んぼも手前半分から向こうは真っ白のベールに隠されているようです。霧の中にまず見つけたのはオオジシギでした。オオジはこの日2羽見られました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 21:25
オオジシギの耳070727手賀沼
オオジシギが草陰で耳を澄ましています。 眼の下が黒っぽく見えますが、羽を立てているので耳孔が出ているのです。ヂシギの耳がこんな位置にあるのは地中のミミズを嘴で探るために適応した結果と考えられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 18:49
2羽のオオジシギ070721手賀沼(追記訂正080923)
今朝の手賀沼は雨。ジシギにうってつけの日です。 さっそく寄り添う2羽を見つけました。つがいでしょうか。 1時間半観察している間、2mと離れませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/21 12:22
オオジシギ成鳥夏羽070715手賀沼
暴風雨の手賀沼でヂシギの初認です。 目論見通り休耕田に見つけたのですが、相手は強い風の風上。機材も服もびしょぬれで、落ち着いて観察もままなりません。まあ、この時期だからタシギでなければ相場はオオジ。とにかくカメラに納めて退散です。 家に帰ってディスプレイに映し出された外側尾羽が黒っぽい。ということで、午後には少し小降りになったのでチュウジかどうか見極めに再度出動。しかしすでにどこにもいませんでした。画像がだんだん薄くなっていくのはレンズが濡れるためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/15 21:33
タシギ070506手賀沼・浮島
オオジシギ手賀沼は朝から雨。 ヒレンジャクがまだいるか湖畔の林に向かいました。4羽を確認したところで雨がひどくなり、一度退散。その後、ジシギ探しに田んぼへ。 タシギはそこそこ出てくるのですが、それ以外はダメ。秋の渡りとコースが違うのか、探し方が悪いのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 12:47
タシギ4個体061007稲敷
  雨で水浸しになった田圃を見て回りました。さすがにこの時期になると、ジシギ類はタシギばかりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/13 20:35
チュウジシギ第1回冬羽061002手賀沼
  手賀沼は朝から小雨で、ジシギ観察にはうってつけの天候でした。2羽のチュウジシギと1羽のタシギがいました。チュウジは警戒心が強くなかなか姿を見せてはくれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/02 19:14
タシギ幼羽〜第1回冬羽061002手賀沼
  このタシギには、典型的なタシギとはかなり異なる特徴があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/02 19:13
タシギ4個体060923印旛沼など
  タシギ成鳥060923印旛沼。肩羽が抜けたとこが、黒く見えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/26 21:21
Wilson's Snipe(ウィルソンタシギ)とは?
  北アメリカ産のタシギで、真木&大西『日本の野鳥590』では、亜種ウィルソンタシギとされています。長らく種から亜種に格下げされていましたが、最近は種として扱われることが多くなりつつあります。   タシギと識別可能な特徴が複数あること、分布から考えて日本で観察される可能性があることから、タシギを見るときはこの鳥を念頭に置いて観察をしています。Message & Taylorの”Shorebirds”で、タシギとの差を確認してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/24 17:39
タシギ群れ060921神栖
  水の残る田圃にタシギ30羽が群れていました。けれど稲に隠れなかなか姿を現してくれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 16:24
オオジシギ個体数の変動2006手賀沼
  手賀沼のオオジシギの渡りは終結しました。今年のラインセンサスの結果です。水田、休耕田に設定したコースは約0.9Kmです。昨年のように、編隊で群れが渡ってくる光景は見られませんでしたが、雨が多かったせいか観察には恵まれました。ピークが2つに分離しているように見えますが、個体数が少ないので有意かどうかは微妙です。二つ目のピークでは、成鳥は観察されませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/17 21:32
タシギ幼羽・成鳥060904河内・神栖
 黒っぽいタシギを、この時期たまに見かけます。春には擦り切れて多くのタシギは黒く見えるのですが、秋の黒いタシギにはGallinago (gallinago) delicata が混じっているのではないかと期待して観察しています。  G.delicata、Wilson's Snipeは種から亜種へ格下げされていたのですが、最近は種として扱われることが増えつつあるようです。たとえば、2005年に出版されたMessage & Taylorの”Shorebirds”では、フルの種として掲載されています... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/09 21:34
チュウジシギ夏羽〜冬羽060831稲敷
Swinhoe's Snipe molting adult 060831 Japan. チュウジシギ夏羽〜冬羽060831稲敷。   嘴が短めであること、全体的に黒っぽく特に三列風切の黒斑が太く見えること等からチュウジシギと、また、肩羽や三列、雨覆などに幼羽の特徴である白い縁が見られないため成鳥と思われます。肩羽は冬羽に換羽している。だだし、尾は確認できませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 21:26
オオジシギ第1回冬羽060831稲敷
  眉斑が眼の前でかなり広くなっていること、雨覆が白っぽいこと、体がぼてっとしていることからオオジシギと思われます。雨覆、肩羽の一部に白っぽい縁が見えます。  尾の突出がオオジにしては少なく、体全体があまり長く見えないので、チュウジの可能性もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 21:13
タシギ060831河内・稲敷
  ジシギ類はいつの間にか、タシギが多数派になっていました。ほかにチュウジ、オオジの残留組、とジシギ・ウォッチングに熱が入る時です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 21:01
チュウジシギ第1回冬羽060829稲敷
Swinhoe's Snipe 1st winter 060829 Japan. チュウジシギ第1回冬羽060829稲敷。頭側線が黒く太いのはチュウジの特徴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 23:18
オオジシギ6個体・幼羽〜第1回冬羽060823手賀沼・河内
 オオジシギ幼鳥の渡りのピークが近いと思われます。2から4羽の集団を見かけます。集団はあまり離れずに行動し、飛び立つときも着地するときも一緒です。共に育った兄弟かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 21:21
オオジシギ4個体060816手賀沼
  台風10号の影響で、早朝の手賀沼は雨模様でしたが、絶好のシギ日和となりました。この時期は肩羽の換羽に差があるので、個体識別がある程度可能です。5羽のオオジシギと思われるジシギのうち、4個体撮れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 23:42
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽060814手賀沼
 手前が幼羽〜第1回冬羽、後ろが幼羽。昨日の2個体と同一でしょう。見ている限りでは、常に一緒に行動していました。もしかしたら兄弟かも。次列風切の先端に、タシギのようなはっきりした白線が見られません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/14 18:10
オオジシギ幼羽〜第1回冬羽060812手賀沼
オオジシギ幼羽060812手賀沼。肩羽の外縁が細く白っぽいので幼羽と思われます。過眼線が眼の後方で二つに分かれているところ、頭央線が嘴に達していないところはオオジの特徴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/12 20:41
オオジシギ060718浮島
 雨模様の浮島周辺で2羽のオオジシギが見られました。この個体は、肩羽の縁が比較的広くバフ色であること、雨覆、初列風切の磨耗がひどいことから成鳥と思われます。肩羽の縁が狭く白味が強いのが幼鳥の特徴の一つです。また、幼鳥は成鳥より遅れて8月に通過します。  尾の外側が白っぽいこと、側頭線に褐色斑が混じり黒には見えないこと、初列風切のP10とP9の間隔が狭いことからチュウジシギの可能性はないでしょう。チュウジシギの尾の外側と側頭線は黒っぽく、P10とP9の間隔が広いのがチュウジシギの特徴です。ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 15:40
腋羽の白いタシギ(060506神栖)
 今日、神栖のシギチドリで一番多かったのはタシギでした。この個体は次列の先の白の幅が比較的狭く、腋羽が白い個体です。タシギの腋羽はオオジ・チュウジシギと比べて、黒の横斑の幅が狭く、白っぽく見えるのですが、この個体のように横斑がない個体もいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/06 20:12
タシギ(060430手賀沼)
スギナに水滴が輝いていてきれいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/30 11:36

トップへ | みんなの「ジシギ類」ブログ

鴎舞時 / OhmyTime ジシギ類のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる