トウキョウダルマガエル060830印旛沼

画像

  関東で見られるトノサマガエルは、このトウキョウダルマガエルです。トノサマガエルはいません。富士山の西には、亜種ダルマガエルがいます。
  地理的隔離による種分化の代表的な例です。いずれカモメの種分化を取り上げる予定ですが、その時また、この話をすることになるかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

トノサマガエル種群とセグロカモメ種群
Excerpt: 種群というのは、極めてよく似た複数の種(亜種)を一括りに扱うときに使う用語です。早い話し分類のよくわからない生物の一群を指す言葉です。 英語では、complex(複合体)とかassemblage(集..
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-06-15 21:26