ツマグロヒョウモン♀060923柏

画像

  ヒョウモンチョウといえば俊敏な飛翔が特徴なのですが、このチョウはアサギマダラのように優雅に舞いとても印象的です。これはドクチョウであるカバマダラの生態的な擬態と考えられています。♀だけにある前翅の黒斑もカバマダラの擬態です。♂の形態が一般的なヒョウモンであるのが不思議です。
  クロコノマチョウと同様、東海以西の分布域でしたが東進しているようです。http://seichoudoku.at.webry.info/200607/article_7.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • matsumaru

    特徴のある翅の模様、ふわーっふわーっ(笑)ていう感じの優雅な飛び方。千葉県北西部はツマグロヒョウモンを見る機会が一気に増えたような・・・
    2006年09月30日 22:46
  • seichoudoku

    そうですね、以前はまったく見ませんでした。増えているのはネットでの登場回数で実感できます。
    2006年10月01日 22:24

この記事へのトラックバック