ワシカモメ、シロカモメ061126銚子

銚子のカモメ類はほぼ出揃いました。
画像

Larus glaucescens Adult winter 061126Choushi
左のセグロカモメ(L.vegae)と並ぶとその大きさが実感できます。頭の灰褐色は冬羽の特徴です。初列風切の換羽はまだ完了していません。

画像

Larus hyperboreus pallidissimus Adult winter 061126Choushi
大型のシロカモメです。初列風切の換羽はワシカモメほど進んでいません。
銚子で一般的な亜種pallidissimusは、タイミル半島からベーリング海で繁殖します。大きく淡色の亜種ですが、基亜種との差は僅かで、インターグレード(亜種と亜種の交配個体)も多いといわれています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック