足環のついたカワウ061228印旛沼

印旛沼で2羽のカワウの標識を読み取ることができました。
これまでここや手賀沼、波崎、銚子で同様の標識個体を計6個体観察していますが、今日の2個体はそれには含まれていない、新たに確認されたものです。

画像

脚環のついたカワウ061228印旛沼。K39と判読できます。

画像

脚環のついたカワウ061228印旛沼。N26と判読できます。

土手の上は吹き曝しでブレが半端ではなかったので、感度400で約2段アンダーにして、1/500sでなんとか止めることができました。望遠鏡による目視では判読はとてもできない状況でした。文明の利器の勝利です。

追記061231:この2個体の来歴が判明しました。カワウ標識調査グループ(JCBG)福田道雄さんからのメールを引用いたします。
「1.(K39)
 04/04/17に木更津市小櫃川河口のコロニーでヒナに装着
 
2.(N26)
 04/05/14に市川市行徳鳥獣保護区コロニーでヒナに装着
 
両個体とも、初めての確認です。それぞれ985日目と958日目です。」

第3回冬羽ということになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

標識カワウ070430印旛沼
Excerpt: この日印旛沼で観察されたカワウ74個体のうち3羽に標識が付けられていました。
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-05-02 22:20