足環のついたカワウ第1回冬羽070121印旛沼

印旛沼で、「X99」と標識されたカワウ第1回冬羽を見つけました。
カワウ標識調査グループ(JCBG)福田道雄さんからのメールを引用いたします。
「2006年4月15日に小櫃川河口のコロニーで、ヒナに装着しました。
まだ、一度も確認のなかった個体です。282日目となります。」

画像

脚環のついたカワウ第1回冬羽061228印旛沼。X99と判読できます。
こうした観察の積み重ねが、カワウの生態の解明につながればいいのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • matsumaru

    私も足環のついたカワウを市街地の池で確認でき、2/24のブログにアップしました。
    JCBGへの連絡を勧めしておきながら自分はやっと(遅!)
    2007年02月25日 06:58
  • seichoudoku

    matsumaruさんのお陰で、鳥を見る視野がちょっと広がりました。カワウって、見てもあまり面白い鳥ではないですが、今はちゃんと見ています。
    2007年02月25日 11:40

この記事へのトラックバック

標識野鳥を見るのは楽しいことではない
Excerpt: 正直なところ、標識を付けられた野鳥を見るのは篭脱けを見るのと同じような違和感を感じます。特にあまり見かけない鳥にリングが付いていたりすると興ざめです。野鳥=自然に人為の刻印を認める時、穢れのようなもの..
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-03-03 22:11

足環のついたカワウ第3回冬羽070312印旛沼
Excerpt: G36のカラーリングをつけたカワウを印旛沼で観察しました。 この脚環は、カワウ標識調査グループ(JCBG)により、2004年3月16日、行徳でつけられました。
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-03-22 21:26