オカヨシガモの群れ070121印旛沼

印旛沼では、オカヨシガモはヨシガモの陰に隠れたかのように目立ちません。
この日は珍しく岸のそば、といっても100mはあるのですが、で群れていました。33羽いたのですが、過去9年の記録を振り返っても、30羽が最高でした。
以前は手賀沼に100羽以上いたのが、今年は数分の一に激減しています。手賀沼のオカヨシが印旛沼に来たのでしょうか。

画像

オカヨシガモ070121印旛沼。
この日午後から強くなった北風がカモを南岸に運んだのでしょうか。この定点観測ポイントでオカヨシを見るのは初めてかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • matsumaru

    オカヨシガモも、結構いるところ、いないところ、移動があるのでしょうか。都心で見かけて、これは地味なヤツもまじめに見ないといけない、と反省中です(汗;)
    2007年01月28日 02:19
  • seichoudoku

    オカヨシはどこにでもいるカモではないのですが、不思議と手賀沼には以前からたくさんいました。このところの環境の変化で、手賀沼のオカヨシが周辺に散っているのかもしれません。探せば、案外いろいろな所で見つかるのでしょうか。
    2007年01月28日 21:15

この記事へのトラックバック

銚子のカモは波崎のカモ
Excerpt: 砂が目に入るは、カメラや双眼鏡の隙間に入るは、とにかく最悪の条件でも、カモメの次は、まずは波間に見え隠れするスズガモの群れをカウントです。 スズガモ680。その他のカモも一通り数え、後は珍鳥探しです..
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-02-27 21:02