手賀沼の鳥と魚

手賀沼ではモツゴが減少し、コイ・フナが増加したといわれています。

画像

このアオサギが捕まえたのはコイです。大きすぎてなかなか飲み込めません。

小さい魚が減るのは、カワセミには痛手です。カワセミの目立った減少は今のところありませんが、魚(あるいは水質)の変化が今後鳥にどのような影響を与えるのか見届けて行きたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

カワウ、コイを食す081228千葉県
Excerpt: カワウ081228千葉県。 さすがにこれは飲み込めないだろう。しばらく悪戦苦闘す。そろそろ諦めるかと思いきや、結局胃に収めてしまった。直線状の胃が体を貫く水鳥だらこその芸当。
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2009-01-22 20:51