小形シロカモメ第3回冬羽070210銚子(追記0218)

第2回シロカモメが増えてきました。この日の銚子には25羽見られたのですが、比較的小さめの個体もちらほらいます。
画像
画像

Glaucous Gull 2nd 3rd winter, putative ssp. barrovianus 070210 Choshi.
嘴が短く、足が短く翼が長めのシロカモメ。

追記070218: 第2回を第3回に訂正しました。背は灰色で、褐色斑は大雨覆に限られているので第3回です。頭が白くて、斑がほとんどないので、第3回夏羽といった方が正確かも。
亜種barrovianus ♂の嘴は、銚子で普通種の大型亜種pallidissimusの♀と同じくらいなので、嘴が短いことのみでは、亜種の識別はできません。
この個体は、体型が横長で一見カナダカモメに近いので、亜種barrovianus としました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック