路傍のミヤコドリ

見たい鳥には近づけない。というか、近づけない鳥が見たい鳥。
かつてこの鳥は近づけない鳥でした。それが今ではどうでしょう。カウントの対象にはなっても、一歩でも近づいて撮影したい鳥ではありません。
この日も氷鴨を観察していて、傍らをみれば、あんたいたのね、という感じでした。鳥はぎらぎらした視線には極めて鋭敏に反応しますが、無関心には無関心で対応するすることが少なくないようです。そして、結果的に自然な振る舞いを観察できたりします。

画像
画像

ミヤコドリ070226神栖。
二枚貝を漁っていました。オイスターキッチャーなのに牡蠣を食べているとこを見たためしがありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック