標識野鳥を見るのは楽しいことではない(追記070305)

正直なところ、標識を付けられた野鳥を見るのは篭脱けを見るのと同じような違和感を感じます。特にあまり見かけない鳥にリングが付いていたりすると興ざめです。野鳥=自然に人為の刻印を認める時、穢れのようなものを感じてしまうからでしょうか。
これとは別の意味でもやはり気に掛かります。宇宙人が突然あなたの足にはずせない得体の知れないリングをはめてしまったら、あなたはどう思うでしょう。野鳥に鳥権を認めれば、リングはその侵害なので鳥は訴訟を起こすかも知れません(まあ、すべての鳥に鳥権が認められると焼き鳥もから揚げも食べられなくなってしまいますが)。
こうした素朴な感情を持っているバードウォッチャーを納得させる理論をバンダー(リンガー)には広く発信してほしい。科学的にどのような成果があるのか、鳥のためになっているのか、標識を付ける人たちはそうしたことをもっとアナウンスすべきです。ほとんどのバードウォッチャーは、標識野鳥を観察してもそれを科学的データとして生かす方途を持っていません。

画像

足環のついたカワウ第1回冬羽070225印旛沼。
1ヶ月前にもこの個体を観察しています。
http://seichoudoku.at.webry.info/200701/article_29.html
こうした観察が何かの役に立てば(そして鳥のためになれば)いいのですが。

追記070305:『山階鳥研NEWS』2007年3月1日号の記事「カラーマーキングとデジタル写真活用」で、尾崎標識研究室長は「近年、デジスコの出現もあって金属足環の判読例が増えている。写真を撮影される方が、今後とも、鳥の生活を脅かさないよう十分注意しながら、足環情報の判読にご協力いただければ大変うれしい」と述べています。
傍線部分が引っかかります。鳥にとっては、捕獲されて足環をはめられることのほうが、デジスコで撮影されることよりずっとストレスのはずなのに、そうした事実を隠蔽して撮影の影響を前面に持ち出すのは、ちょっと(というかかなり)あざといと感じました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

足環のついたカワウ第3回冬羽070312印旛沼
Excerpt: G36のカラーリングをつけたカワウを印旛沼で観察しました。 この脚環は、カワウ標識調査グループ(JCBG)により、2004年3月16日、行徳でつけられました。
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-03-22 21:26