彼女の青い鳥は

「今そこで羽の青い鳥見たんですけど何でしょう」
興奮冷めやらぬ、といった感じで話しかけてきたのは、首から一眼を下げた女性です。表情や言葉の端々から見たこともない鳥との出会いの感動が伝わってきます。この辺の青い鳥といえばルリビタキだけど、特徴を聞いていくとどうも違うようでした。
画像

シメ♀第1回冬羽070305柏。目先が淡色なので、第1回冬羽だと思います。

「顔はあまりかわいくなかった?」の問いの答えはYes。間違いない、彼女の青い鳥は、シメ。♂成鳥でしょう。「早速図鑑でシメ、調べてみます」
 初めてシメを見た時のことは遥か以前で覚えていませんが、青い鳥としてこんなに感動できたかなあ。別れ際彼女はこういいました。
「これまで鳥は撮っていなかったのですが、これからは鳥も撮りたい」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • matsumaru

    初めてシロハラの写真を撮ったときの嬉しい気持ちを思い出し(笑)、初心にかえって新鮮な目で見直したくなりました。
    P.S. 私の青い鳥はワカケホンセイインコでした(爆;)
    2007年03月07日 00:57
  • seichoudoku

    初めて撮った鳥はスズメですが、その時のことは今でも覚えています。その写真は勿論とってあります。
    そういえば、そのころ母が青と赤の鳥がいると言うので急いで見に行くと、ただツバメでした。光の加減で青っぽく光っていたんですね。ということで管理人の青い鳥はツバメでした(爆;)
    2007年03月07日 21:36

この記事へのトラックバック