ビンズイ成鳥夏羽070428手賀沼(追記:070429)

チョピチ・チョピチチャ・チイチイチイチイ。
葉の茂ったサクラ林でビンズイが囀っていたので、ちょっと得した気分です。
故郷や日光でこの囀りは何度となく聴いたことはあるのですが、手賀沼のような低地でこの声を聴くことができるなんて。

画像

ビンズイ成鳥夏羽070428手賀沼。
手賀沼斜面林(アカマツ林)では冬期に観察できますが、数は多くありません。枝をあちこち移りながら囀っていたので、撮影はこれが精一杯でした。

以下追記:070429
ビンズイとタヒバリの冬羽は似ていますが、ビンズイは林で、タヒバリは田んぼなど開けた所で見られ、同時に見られることはまずありません。また、この時期のタヒバリは換羽が始まり、赤っぽい個体が見られます。
画像

タヒバリ夏羽070419印旛沼。
この個体はほぼ夏羽に換羽していますが、ほとんど換羽していない個体も見かけます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック