フラッグを付けたオバシギほか070430神栖

オオソリハシシギ、トウネン、メダイチドリと共に行動していた2羽のオバシギの1羽に、フラッグが付けられていました。KOICHI 78さんのブログ『風の色を探しに・・・』4月28日のエントリーhttp://kazenoiro.exblog.jp/
と同じ個体と思われます。

画像
画像
画像

オバシギ夏羽とオオソリハシシギ070430神栖。
脛に黒と白のフラッグが見えます。オーストラリア地域シギ・チドリ類研究グループhttp://www.tasweb.com.au/awsg/index.htmにより標識された個体と思われます。

画像

ヒメウ冬羽070430神栖。
あれだけたくさんいたウミウもほとんどいなくなっていました。ヒメウは1羽だけ残っていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • koichi78

    トラックバックの件拒否になっていました。スイマセン致しました。
    まさかseichoudokuさんが見ていてくれていたとは夢にも思っていませんでした!
    私の方こそ日に数回は拝見させて頂いておりました。
    多岐にわたって、私には少し難しくもある内容ですが
    毎回とても楽しみにしております。
    2007年04月30日 21:48
  • seichoudoku

    珍鳥に関しては、『風の色を探しに・・・』に太刀打ちできそうにないので、別路線で行きます。
    これからもいい写真を見せていただければと、期待しております。
    2007年05月01日 19:25
  • koichi78

    太刀打ちできないなんて、とんでもないです。
    拙いブログですが宜しくお願い致します。
    あと勝手ながらリンクを貼らせて頂きました。
    2007年05月01日 20:48

この記事へのトラックバック

オバシギ幼羽、タニシを食う090829千葉県
Excerpt: Great Knot juvenile 090829 Japan. オバシギ幼羽090829千葉県。雨覆の羽縁の白が目立つのが幼羽の特徴。胸の濃い斑は成鳥冬羽にはない。翼下面はコオバより白い。
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2009-09-01 20:47