花より蟻んこ:アリスイ070415手賀沼

手賀沼ではこの鳥は少数が越冬します。
画像
画像
画像
画像

アリスイ070415手賀沼。
家族でお昼を食べに行くと偶然遭遇しました。時たま藪から草原に出てきて餌漁りしていました。鳥離れ(?)した模様、奇妙な動き、見ていて飽きません。同じような環境の印旛沼でも冬期、見られます。

画像
画像

アリスイ070415手賀沼。
属名Jynxユンクスは、ギリシア語で捩れた首を意味します。体を動かさずに頭を振り向かせる動作を不吉と捉えたことが、米語のジンクス=凶兆の語源。

画像
画像

アリスイ030721北海道。
アリストテレスはその舌を蛇のようと記しました。
リンネは、キツツキとしての舌より、嘴の形を重視したため、この鳥をキツツキに分類せず、カッコウの仲間としてしまいました。これは現代の分類学においても生きる教訓です。

長い舌や、怪しい首の動きから、アリスイ(ユンクス)は、ギリシア神話では、性的な誘惑の象徴として登場するようです。

アリスイの博物誌に興味のある方は、荒俣宏『世界代博物図鑑4鳥類』をご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック