セイタカシギ♂夏羽070621神栖

6月のこの地はシギチドリの空白地帯です。種類数、個体数ともきれいに抜けてしまします。見られるのは繁殖するシロチドリとコチドリのみ。けれど7月になれば早くも北の繁殖地から渡ってきます。

画像

セイタカシギ♂夏羽070621神栖。
利根川側や中州では見かけるセイタカシギですが、これまで海岸側で見た記憶はありません。

画像

シロチドリ♂成鳥夏羽070621旭。
この時期のシロチドリは羽衣の擦切れと退色で全体的に灰色に見え、痩せるせいか脚が長く見えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック