カイツブリ親子070603手賀沼

子育ての季節です。
カイツブリの雛の色彩は不思議です、何らかの適応的な意味があるのでしょうが。
親鳥にとって餌をあげたくなるような模様なのかもしれません。

画像

カイツブリ親子070603手賀沼。
左の成鳥は父親でしょうか。時たま顔を出します。右の母(?)子はべったり離れません。

画像
画像

カイツブリ親子070603手賀沼。
子はおんぶが大好きなようで、親に降ろされてはまた這い上がるのを繰り返していました。雛の頭は赤。

画像

カイツブリ親子070603手賀沼。
父親(?)が餌のヤゴを雛に運んできました。♂は♀より小さいのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

  • matsumaru

    街なかの池でも複数の場所で子育て中ですが、そちらでも!!
    雛の色彩はどうしても"うり坊"を連想してしまいます(笑)
    2007年06月04日 01:48
  • seichoudoku

    確かにうり坊の鳥版ですね。ペンギン(フンボルトとか)にも似てるような。繁殖期の撮影には気を使いましが、水鳥は比較的気楽に撮れます。
    2007年06月04日 20:09

この記事へのトラックバック