サンカノゴイ♀♂070614印旛沼

上空を絡み合うように2羽のサンカノゴイが旋回しています。雄のライバル同士でしょうか、それとも番でしょうか。

画像

サンカノゴイ070614印旛沼。
逆光だったので性別は不明。

画像
画像
画像

サンカノゴイ♂070614印旛沼。
♂の後姿は黒っぽく見えます。この♂の目先は水色ですが、もっと奇麗な青になります。若い個体かそれとも盛りを過ぎたか。鳴くときは頭を下げるので、これくらいイネが生長してしまうと目前で声は聴こえるのに姿はまったく見えません。嘴を地面に突き刺して声を響かすといった逸話がありますが、むべなり。
遠くからもブーミングがしたので、少なくとも2羽の♂がいます。

画像
画像

サンカノゴイ♀070614印旛沼。
口角から伸びる褐色線と下面中央の線は♂より細く薄い傾向があります。黒くてミミズより細長いものを食べていました。コウガイビルのように見えたのですが、何でしょう。
この♀を目前にしながら、上空を行く別の♀を目撃したので、♀も複数います。

画像
画像
画像

サンカノゴイ♀070614印旛沼。
数百m行くとまた♀がいました。別個体かもしれません。♀の目先は黄緑です。

昨年のサンカノゴイもどうぞ。
http://seichoudoku.at.webry.info/200606/article_29.html
http://seichoudoku.at.webry.info/200606/article_14.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • メンバラ

    繁殖地のそばに高速鉄道が通る予定だというので、新聞記事になった鳥ですよね。
    「共存できないような便利さはいらない」という世論が盛り上がらないものでしょうかね。
    2007年06月14日 22:24
  • seichoudoku

    この鳥の凄さ、貴重さを、そしてこの鳥のすめる自然の重要さを、鳥に興味のない人たちに納得してもらうことはなかなか難しいことかもしれません。
    かけがえのない環境を切り裂く開発の予定は、印旛沼に限りません。
    私達にとっての暴挙は、企業にとって甘い汁であったり、行政にとっては市民に対するサーヴィスであったりする訳で、一筋縄ではいきませんね。
    2007年06月15日 19:47

この記事へのトラックバック