斜面林のトンボたち070708手賀沼

林の鳥を観察していてふと足元を見ると、あちこちにトンボがいるのに気付きます。ハグロトンボ、オオアオイトトンボ、オオシオカラトンボ、ナツアカネ・・
そばに水場はないのですが、おもに若い個体が時を待っているのでしょう。

画像

オオアオイトトンボ♀070708手賀沼。

画像

オオアオイトトンボ♂070707手賀沼。
鬱蒼と茂った林は昼でも薄暗いのでストロボで撮影。

画像

オオシオカラトンボ♀070708手賀沼。

画像

オオシオカラトンボ♂070708手賀沼。
♀は斜面林で、♂は谷津田で撮りました。♂が一足先に産卵場に移動するのでしょう。

画像

ナツアカネ♀070708手賀沼。
今、林で一番多いトンボはノシメトンボ、そして次に多いのがこのナツアカネです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • matsumaru

    ホントあちこちいるものですね!
    しかも、かんかん照りの日なたよりも、ちょっと日陰好きな種類がそろっているようで、斜面林の存在が、このようなトンボにとっても好影響を及ぼしているのではと感じました。
    2007年07月10日 01:55
  • seichoudoku

    トンボには林が、成熟するまでの退避場所のようです。未熟な常態で表に出てしますと交尾、産卵以前に捕食者の餌食になるリスクが高くなるのでしょう。
    2007年07月10日 20:02

この記事へのトラックバック

林のトンボ・チョウ080630千葉県
Excerpt: 林で視線を下げればチョウやトンボが目に付く。 光の入らない林床にはオオアオイトトンボ、林縁にはオオシオカラトンボ、ノシメトンボなどのトンボがたくさんいる。この時期に谷津田や沼で羽化したトンボたちは、..
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2008-07-02 21:52