サメビタキ類3種の嘴の比較070924柏

サメビタキ類3種が出揃いました。この仲間の識別ポイントには、上面の羽衣の色合い、下面の縦斑、目先の白、アイリング、大雨覆の縁・三列風切の縁の色、翼の長さ等があります。
このエントリーでは、嘴に絞って見ることにします。

画像
画像
サメビタキ類3種の嘴の比較070924柏。
左から、エゾビタキ、コサメビタキ、サメビタキ。サメビタキ(上:070918柏、下:060923柏)以外はすべて070924柏。
コサメの下嘴基部の黄色が大きいのは図鑑にもある識別点ですが、形も違います。横から見ても下から見ても一番鋭くないのがコサメです。この画像からは、横から見るとサメが、下から見るとエゾが一番鋭く尖って見えています。

つぎのサメビタキ類3種のエントリーもご覧ください。
http://seichoudoku.at.webry.info/200610/article_21.html
http://seichoudoku.at.webry.info/200609/article_28.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

サメビタキ・エゾビタキ・コサメビタキ080924千葉県
Excerpt: 早朝はエゾが2羽いただけで静かだったが、昼過ぎに再度訪れると、まずいきなりサメ、続いてコサメ、エゾはそこかしこでひらひら虫を追っている。こういった日が毎秋一度はあるのだけれど、この日はそんなラッキーな..
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2008-09-25 21:38