オジロトウネン幼羽・夏羽070831河内

地味だけれど味わい深い小形シギ。幼鳥、成鳥とも間近で撮影できました。

画像
画像

オジロトウネン幼羽(上)・夏羽(下)070831河内。
オジロトウネンの成鳥夏羽は中途半端に黒い羽がぽつぽつあって、なんだかいつも換羽中って感じです。なんでこんな羽衣がありえるのか、進化的に未完成なのか?アオアシシギとか、オオキアシシギとかの成鳥夏羽も同じような変な感じがあります。
一方で、幼羽はいぶし銀の完成品です。

画像
画像

オジロトウネン幼羽(上)・夏羽(下)070831河内。

画像
画像

オジロトウネン幼羽(上)・夏羽(下)070831河内。

画像

オジロトウネン夏羽070831河内。
和名のオジロはいかにも研究室内で分類学者が命名したようで、バードウォッチャーにはピンときません。白いのは外側尾羽だけで、フィールドでは尾が白く見えることはありません。むしろトウネン同様上尾筒の白が目立ちます。

次のオジロトウネンの昨年のエントリーもどうぞ。
夏羽http://seichoudoku.at.webry.info/200608/article_8.html
冬羽http://seichoudoku.at.webry.info/200608/article_58.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック