ツツドリ幼羽・カッコウ幼羽~第1回冬羽071006柏(訂正追記081010)

ツツドリも見納めのようです。
手賀沼周辺のサクラは街路樹から公園の林までことごとく、紅葉を待たずして葉を散らしてしましました。東京のサクラがまだ、一部黄色くなっているもののちゃんと緑葉をつけているというのに、ここだけ真冬のいでたちはちょっと異様です(昨年はもっと早く葉を落としていました)。
なので、もう毛虫を捕ることができません。

画像
画像
ツツドリ幼羽(赤色型?)071006柏。
頭部が喉を含めて真っ黒の特徴的な幼羽です。上面には白い縁取りがあり赤褐色の斑が散らばっています。

画像
画像
画像
ツツドリ カッコウ幼羽~第1回冬羽071006柏。
喉が白い個体。頭部に灰色の第1回冬羽が混じっています。したがって灰色型(普通型)と思われます。けれど赤褐色斑も少なからず見えています。
9月24日にも喉の白い個体http://seichoudoku.at.webry.info/200709/article_29.htmlを観察していますが、その個体は胸がバフ色だったのに対してこの個体は白なので多分別個体でしょう。


姿を隠してくれていた葉がすっかり落ちてしまい、姿が丸見え、こちらには都合がいいのですが・・・

追記081010: ツツドリをカッコウに訂正した。根拠は次を参照のこと。
カッコウ幼羽~第1回冬羽081001千葉県

追記081011: 訂正した後で3コマ目の頭部を再度見直してみると、灰色の新羽以外の幼羽が一様にこげ茶色で、カッコウにこうした羽はないかもしれない。そうするとやはりツツドリ?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック