ツルシギ幼羽~第1回冬羽071108稲敷

シギチドリを見始めた80年代前半は、ツルシギはタカブ並み、あるいはそれ以上の普通種でしたが、当時も秋は少なく、今と同じくらいだったのではないでしょうか。

画像
ツルシギ幼羽~第1回冬羽071108稲敷。
中央の個体が黒っぽく見えます。換羽が進んでおらず特に体下面に幼羽がかなり残っていているためです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック