キアシシギ冬羽~夏羽080512千葉・茨城県

擦り切れて褐色の冬羽と白い羽縁のある灰色の夏羽が、肩羽、小雨覆、中雨覆、大雨覆、三列などに混在しているのがよくわかります。

画像
画像
Grey-tailed Tattler molting adult 080512 Japan.
キアシシギ冬羽~夏羽080512茨城(上)、千葉(下)県。下の個体のほうが少し換羽が進んでいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

メリケンキアシシギの形態・採食080523千葉県
Excerpt: 今年も磯にメリケンキアシシギが来ました。 キアシシギの群にいました。 好物のカニを食べていました。 じっくり観察できたので、特徴をまとめて見ます。
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2008-05-25 12:19