チュウジシギ3個体(動画)080831千葉県

8月最後の朝は雨模様。
センサス・コースで見られたジシギ類は、タシギ8羽(成鳥幼鳥混在)、チュウジシギ5羽(成鳥2羽)、オオジシギ幼鳥2羽で、渡りの盛りと思われる。警戒心がもっとも弱いのがチュウジで、見つけられればばじっくり観察できる。今回は尾を広げる瞬間を動画に収めた。

画像
画像
Swinhoe's Snipe juvenile~1st winter 080831 Japan.
チュウジシギ幼羽~第1回冬羽080831千葉県。右小雨覆(下列)4枚は先がバフ色の第1回冬羽、肩羽の多くは第1回冬羽。幼鳥の数が増えてきたようだ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
Swinhoe's Snipe molting adult 080831 Japan.
チュウジシギ成鳥夏羽~冬羽(個体A)080831千葉県。翼式に注目(2枚目)。すべて同じ色合いに見える。開いた総排出口に注目(4枚目)。外側の尾羽に注目(3,5,6枚目)。

画像
Swinhoe's Snipe molting adult 080831 Japan.
チュウジシギ成鳥夏羽~冬羽(個体B)080831千葉県。


Swinhoe's Snipe molting adult & Common Snipe 080831 Japan.
チュウジシギ成鳥夏羽~冬羽(個体B)とタシギ080831千葉県。嘴の長さに注目。通過したバイクに驚いた2種に注目。警戒心の強いタシギは飛び去ったが、チュウジの方は尾を広げただけ。

画像
オオジシギ幼羽~第1回冬羽080831千葉県。草むらから出てきてくれず。この後ろにもう1羽いた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック