サメビタキ・エゾビタキ・コサメビタキ080924千葉県

早朝はエゾが2羽いただけで静かだったが、昼過ぎに再度訪れると、まずいきなりサメ、続いてコサメ、エゾはそこかしこでひらひら虫を追っている。こういった日が毎秋一度はあるのだけれど、この日はそんなラッキーな日。カメラマンは引き上げていて、一人ヒタキ三昧だった。

画像
画像
画像
Gray-streaked Flycatcher 080924 Japan.
エゾビタキ080924千葉県。エゾの場合、大雨覆の白のみで年はわからないが、2枚目は嘴が黄色く幼く見えるので第1回か。

画像
画像
Siberian Flycatcher 1st winter 080924 Japan.
サメビタキ第1回冬羽080924千葉県。サメビタキ類3種で、大雨覆の端と三列の縁がバフ色に見えるのはサメの第1回冬羽だけ。この個体には胸にエゾほど明瞭ではないが縦斑が見える。

画像
画像
Asian Brown Flycatcher 1st winter 080924 Japan.
コサメビタキ第1回冬羽080924千葉県。サメを見た後では灰色に見える。雨覆の白斑より第1回。

コサメビタキとサメビタキとエゾビタキが一緒に見られる不思議
サメビタキ類3種の嘴の比較070924柏
コサメビタキ060920柏 サメビタキ類3種の比較

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

サメビタキ第1回冬羽081011千葉県
Excerpt: 今朝は雨に霧。小鳥を追うにはちょっとつらい空模様。このところ仕事がない日に限って雨になる。
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2008-10-11 08:28