ジシギ類の骨格

画像
Skeletal structures of Common, Swinhoe's, & Solitary Snipe 090101 Japan.
上から、タシギ、チュウジシギ、アオシギの頭蓋090101鳥の博物館。
嘴の長さはタシギとチュウジで差はあまりないが、チュウジでは基部が太く、頭部がタシギより大きく前後にやや長く見える。それはフィールドでの印象と一致する。タシギの頭部はチュウジに比べて、丸く小さい。頭部の形はチュウジよりむしろアオシギに似ている。

画像
Skeletal structures of Common, Swinhoe's, & Solitary Snipe 090101 Japan.
左から、タシギ、チュウジシギ、アオシギの骨格090101鳥の博物館。大きさ以外での識別は難しい。

画像
Skeletal structure of Eurasian Woodcock 090101 Japan.
ヤマシギの骨格090101鳥の博物館。上の骨格と比べると、明らかに重心の位置を誤って復元しているのがわかる。足の置き位置に対して重心が前過ぎてこれでは歩けない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック