ヒバリシギ幼羽採食行動(動画)100818-茨城県

画像
画像
画像
画像
Long-toed Stint juvenile 100819 Japan.
ヒバリシギ幼羽100819茨城県。100817個体、100818個体とは別。次個体よりやや磨耗が進んでいて色合いの鮮明さが欠ける。画像4に注目。これだけ見ると、寸詰まりで趾が短くアメリカヒバリを思わせる。頭頂の褐色が嘴基部に達するのはヒバリの特徴。画像1から画像4まで同一個体。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Long-toed Stint juvenile 100818 Japan.
ヒバリシギ幼羽100818茨城県。上とは別個体。この日は霧だったので画像の彩度は高くないが、新鮮な羽衣の個体。尾の両側の白が、尾を立てると顕著。翼下面はアメリカヒバリより暗色部が多い。尾の先端から趾がでる。アメリカヒバリは出ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 庭花

    ヒバリシギの幼鳥とトウネンの幼鳥を識別するのに、大変役立ちました。
    >頭頂の褐色が嘴基部に達するのはヒバリの特徴・・・
    とても参考になりました。ありがとうございます。
    2010年08月28日 11:17
  • seichoudoku

    頭頂の褐色が嘴基部に達するのはヒバリの特徴・・・
    はアメリカヒバリシギとの識別点です。ヒバリの足は黄色で長いのが特徴です。
    2010年08月29日 00:14

この記事へのトラックバック