オジロトウネン幼羽-100826茨城県

画像
画像
画像
画像
画像
Temmink's Stint juvenile 100826 Japan.
オジロトウネン幼羽100826茨城県。白いアイリングが際立つ。嘴は基部は太く先は尖り下に少しカーヴする。嘴基部は褐色に見える。肩羽、雨覆にはバフ色の羽縁、暗褐色のサブターミナルバンドがあり、そのためうろこ状に見える。尾が長く、三列風切から突出する。

画像
Temmink's Stint breeding 100812 Japan.
オジロトウネン夏羽100812茨城県。今季のオジロトウネン初認。雨覆に暗色の軸斑が見える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 庭花

    オジロトウネンを初めて見せていただきました。肩羽、雨覆のバフ色の羽縁、暗褐色のサブターミナルバンドが大きな特徴のように思います。うろこ状に見えますね。
    (こちらのページを私のブログで紹介させていただきました。)
    2010年08月28日 11:08
  • seichoudoku

    トウネンやヒバリシギの幼羽はうろこにはなりませんので識別点になります。
    2010年08月29日 00:12

この記事へのトラックバック