小林重三展110528千葉県

画像
画像
画像
画像
小林重三はブログ管理人にとって特別な画家だ。物心つく頃小学館『鳥類の図鑑』で彼の鳥の虜となる。ずいぶんと模写したものだ。

画像
画像
貴重な資料を数多く目にすることができた。撮影が可能だったのであれこれ写したがそのうちのキリアイ。借りた剥製でスケッチしたこと、初列が長すぎること、などがメモから読み取れる。
剥製で描いたと思われる鳥はどことなくバランスのわるい傾向があるように感じた。生きたものを観察しながら描いたとは思えないシギチドリは概してあまりよくない。すばらしいのはやはり、身近で生きた状態を観察できたであろうインコ、ハトやキジ類だ。哺乳類もいい。

すばらしい資料についていつかまた取り上げたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック