国立歴史民俗博物館の鳥

国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)れきはくを訪れた。いつの時代も人は鳥とともにあった。

原始・古代(第1展示室)

画像
鶏形(とりがた)木製品 纒向石塚墳丘墓周溝出土品 3世紀。

画像
三角縁四神四獣鏡3世紀。獣とあるがミミズクか。翼はない。

画像
鼉龍(だりゅう)鏡。これもミミズク?

中世(第2展示室)

画像
君台観左右帳記1560年。

画像
版木13-14世紀。

画像
メダイ。メダイチドリとは関係ないか。

画像
朱印船輸入品。


近世(第3展示室)

画像
江戸図屏風17世紀。家光の頃。オシドリはわかるが他のカモは不明。

画像
クジャク
画像
庚申塔の道標1749年。仏の左足にニワトリ、右足に不明鳥。

特集展示「もの」からみる近世 妖怪変化の時空
画像
太平記怪奇絵図 江戸時代。広有が射る怪鳥。ぬえ?

画像
ふらり火
画像
妖怪
画像
源頼光公館土蜘作妖怪図1843年。


第4展示室は閉室

近代(第5展示室)

画像
画像
土佐国中浜漁師満次郎漂流気 19世紀後半。無人島にてトヲクロ鳥を取り、喰らう。ウミツバメにしては嘴が長すぎるか。

画像
画像
戦後外国人向け生糸。


現代(第6展示室)

画像
歩兵第五十七連隊史1930年。

画像
画像
除隊記念。

画像
画像
画像
画像
画像
大衆文化からみた戦後日本のイメージ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック