シロエリオオハム第1回夏羽(動画)120512千葉県



画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Pacific Diver first summer 120512 Japan.
喉に褐色の細い線、チンストラップ(チョーカー、ネックレスともいわれる)があり、後脇の白いパッチがないので、オオハムではなくシロエリとわかる。成鳥であれば5月中旬ともなれば背、肩羽に四角い白斑が出るはずだが、この個体はまったく見えないので第1回夏羽と思われる。幼羽肩羽に特徴的な淡色羽縁は見られず、また磨耗が進んでいるわけでもないので換羽していることがわかる。BIRDER1997年2月号木村裕一氏によれば、幼鳥は4月ごろ第1回夏羽に換羽する。第1回夏羽は成鳥冬羽に似るとされる。
オオハムに比べ、頭部は丸みがあるとされるが(画像3)、活動状態では頭部はペッタンコになる(画像4)。
人に対して警戒しないので待っていたらすぐそこまで近づいた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック