クロハラアジサシ幼羽~第1回冬羽・成鳥冬羽121006千葉県

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Whiskered Terns molting juvenile 121006 Japan.
10月1日には11羽だったがこの日は31羽に増えていた。茨城から来た?(今日茨城では見られなかった)
背、肩羽、三列風切、大雨覆、中雨覆に色々な程度の褐色斑が見られる(幼鳥が何羽いたかは把握できなかったが成鳥よりかなり少なかった)。初列風切の換羽はなく全ての羽が揃っている。
翼の付け根に注目、ハシグロクロハラで目につくとされる側胸の斑が見られる。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Whiskered Terns molting adult 121006 Japan.

画像
画像
画像
画像
Whiskered Terns nonbreeding 121006 Japan.成鳥の初列では、外側数枚は褐色味を呈した旧羽である。

画像
画像
画像
クロハラアジサシの群れ。岸に近いところでは羽を休めることはない。接近するのは餌を探して岸辺の葦原付近を周回するときである。通過するものを無闇に撮る。個体識別はしておらず(換羽の差異である程度できると思うが)、羽ばたきの位相が近い画像を順に並べた。重複する個体がいくつかあると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • JIN

    初めまして
    私も同じような場面に遭遇。このブログを見て勉強になりました。ありがとうございました。
    2014年10月07日 20:53
  • seichoudoku

    JINさんコメントありがとうございます
    長く鳥を見ていると数年に一度こうした幸運に恵まれます
    嘴黒が入ればめっけもんです
    2014年10月08日 19:56

この記事へのトラックバック