ヒバリシギ第1回夏羽130811茨城県

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

画像
Long-toed Stints first summer with juvenile 130811 Japan.
この時期の幼鳥、成鳥夏羽ともこの個体とは羽衣が異なる。幼鳥は新鮮な橙褐色の幼羽であり(画像2の左、画像3の右、画像4の左)、成鳥は磨耗して黒っぽくなった夏羽で冬羽は出ておらず、初列風切の換羽も始まっておらず脱落はない(最後の画像130722撮影)。第1回夏羽と思われる本個体の羽衣を見ると、肩羽と中雨覆に灰色の(第2回)冬羽が見える(画像1)。三列風切、初列風切P7-P10は幼羽と思われる。内側初列は脱落している(動画と画像6、7)。大雨覆も幼羽か。肩羽に第1回夏羽と思われる黒と橙褐色の羽が散在するが、成鳥夏羽に比べ磨耗が少なく、パターンも成鳥と少し異なるようで興味深い。第2回冬羽は成鳥冬羽と区別できない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ヒバリシギ第1回夏羽130804茨城県
Excerpt: Long-toed Stint first summer 130814 Japan. 初列風切P1~P4は灰色の新羽(第2回冬羽)。P5~P6は脱落または伸長中。P7~P10は幼羽。
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2013-09-06 20:30

ヒバリシギ第1回冬羽・成鳥冬羽131231茨城県
Excerpt: Long-toed Stint nonbreeding 131231A Japan. 蓮田で成鳥冬羽1羽、第1回冬羽3羽の群れを観察した。個体A。この成鳥は、8月から11月10日まで観察された第2回..
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2014-01-05 22:26