標識セグロカモメ成鳥冬羽「41/」・「?/」ジオロケーター?131116千葉県(追記131220)

画像
画像
Ringed Vega Gull nonbreeding with second winter 131116 Japan.
認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会の佐藤達夫氏によれば、
白41/は、2011年1月18日に性不明・成鳥で行徳野鳥観察舎前(丸浜川)にて捕獲放鳥いたしました。虹彩はやや暗色、足はピンク、初列風切の黒班はP4-P10(7
枚)、最外初列風切(P10)は換羽中でした。

・ 放鳥後の観察舎での記録として、1月22~26日、2月11日、16~19日、21~23日、26~28日、3月1日、4~7日、9~11日、16日、19日、22・23日、26・27日、29日(終認)。

・ 2012年1月20日(初認)、21日、23~25日、
2月2日、4~16日、18~20日、22日、25・26日、28日、3月1~14日、(9日、市川市塩浜海岸でも同日観察された。)17・18日、20・21日、24~28日(終認)。

・ 2012年12月20日(初認)、22~31日、2013年1月1~3日、5日、12日、15日、19日、21~30日、2月2~6日、8~10日、12日、13日、18~20日、23~27日、3月1~6日、8~11日、13日、16~21日、23日、25・26日、29・30日、4月1日、3日(終認)。

今年2013年11月16日千葉県銚子市銚子第2漁港(初認)
観察舎での観察記録は今の所、まだ無しです。

観察舎では、セグロカモメの個体数も増えてきて、40羽くらいになっております。
前回、ご報告いただきました白18/は、まだ観察舎では記録されていません。
昨年、ジオロケータを装着し、その後、観察例がなかった白30/が本日、観察舎にやってきていました。これで、昨年ジオロケータを装着した個体4羽は全て日本に帰ってきました。観察舎では、今の所、再捕獲はできておりません。
追記131220:
佐藤氏の二伸に寄れば、
白41/は、その後、観察舎に12月13日初認。16~今日(18日)まで観察されています。


画像
Ringed Vega Gull nonbreeding with second winter 131116 Japan.
かなり遠かったので(第3奥の「壁」の上、距離440m)番号は読めない。右跗蹠の黒はジオロケーターか。黒の位置が高く、初列風切の白斑の位置が違うことから131104「18/」とは別個体と思われる。

画像
画像
セグロカモメは順調に増え1750羽、条件はあまりよくないが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック