クイナ成鳥冬羽、捕食(動画)、分子系統131217千葉県

画像
画像
画像
画像
Eastern Water Rail Rallus indicus nonbreeding 131217 Japan.
これまでユーラシアのクイナR.aquaticus は一般的に4亜種が認められていて、日本で見られるのは亜種R.a.indicus とされてきた。しかし、2010年ロイヤルオンタリオ博物館のグループの分子系統学的解析により、極東のクイナ(Brown-cheeked Rail R.indicus )と、中央アジア、西アジア、ヨーロッパのクイナ(Water Rail R.aquaticus )とは遺伝的に大きな差異があり、また形態、生態にも明確な違いがあることからも別種とするのが妥当とされた。
解析に用いた遺伝子は、ミトコンドリアDNAのシトクロムオキシダーゼⅠ(COⅠ)、核DNAのアルコール脱水素酵素(ADH5)イントロンとチロシンホスファターゼ(PTPN12)エクソンで、それぞれの両種間の差異は3.3%、0.6%、0.3%あった。種分化は、障壁(氷河サイクル、チベット高原の上昇、砂漠化)による分断により今から53.4万年前の更新世に起きた。
ここでは、英名はBrown-cheekedではなく、Brazil(2009)にしたがいEastern Water Railとした。Easternに対しては、Western Water Rail。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック