カモメ第1回冬羽~成鳥冬羽22個体150214千葉県(追記150305)

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Kamchatka Gull Larus (canus)kamtschatschensis nonbreeding 150214A-I Japan.
すべて別個体。画像1(個体A)の初列風切P8、P7にタンが少し入っている。
比較的大きな群れを一見すると幼鳥と成鳥が多く感じるが、あるコホートを通時的に追えば若いほど個体は多く、共時的な集団でも死亡率一定で各年にほぼ同数生まれれば第1回、第2回、第3回、第4回と歳を重ねるほど個体数は減少する。だだ第4回を超えれば歳の識別ができないので減っていることは見えない。

画像
画像
画像
Kamchatka Gull third winter 150214JKL Japan.

画像
画像
Kamchatka Gull second winter 150214MN Japan.

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Kamchatka Gull first winter 150214O-V Japan.
幼羽がかなり残っていものから、退色が進み雨覆が真っ白のものまで多様。

追記150305:
群れでは若いほど個体数が多い、と記したが、エイジングとともにニッチが変化する、たとえば、第2回第3回では淡水の水溜りを忌避するが、それ以外の齢ではそのようなことがない、なら第2回第3回が特異的に水溜りに少なくなるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック