アイスランドカモメ第3回冬羽180310東京都

画像
画像
Kumlien's Gull third winter 180310/first winter 160221 Japan.
今季の第3回冬羽東京個体と2年前の160221茨城個体の左アイリングの白斑の配列が一致した(画像をクリックしさらにもう一度クリックするとやや大きく見ることが可能)。この形質は2年の時を隔てて同一性を維持してる。

画像
画像
Kumlien's Gull third winter 180310/first winter 160221Japan.
右アイリングの上側が白く見えるところは同様。嘴の形もほぼ一致している。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Kumlien's Gull third winter 180310 Japan.
初列風切左右のP5に小さい暗色斑が見える。これは成熟により消失するだろう。初列暗色部はやや多く、Howell & Mactavishのウィングチップのステージ表によるステージ5(もしくは6)の、カナダカモメ寄りの亜種クムリーンアイスランドカモメと思われる。
Oさんにシンカムと名付けさせてもらったといわれ、これは見ておかねばならぬ、ということで初めてかの地を訪れた。ウォッチャーにはカムリアンと呼ばれるのが一般的だ。カムリアンかクムリーンか、はすでに論じた。日本鳥類目録改訂第7版の影響でクムリーンが定着しつつあるように感じる。本ブログでも、亜種クムリーンアイスランドカモメと表記することにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック