オーウェンのモア170527大英自然史博物館展

画像
画像
Replica of the first fragment of moa bone 170527 National Museum of Nature and Science, Tokyo.
大英博物館のオーウェンはこの一片の骨で鳥と推定した。モアの記載では、ウィリアム・コレンゾーと争ったが、オーウェンの1838年の記載論文にプライオリティーが与えられることになる。
サー・リチャード・オーウェンは19世紀イギリスの比較形態学者である。彼は脊椎動物の原型を原動物(形態表象)として仮定した。すべての脊椎動物の骨格は原動物の分節の要素(椎骨単位)に還元できる。たとえば頭蓋は複数の椎骨の変形(メタモルフォーゼ)で導かれる。オーウェンは進化を認めていなかったので、原動物はいわば絵空事(認識論的産物)としてハックスレーらにより葬られることになる。

画像
Moa 170527 National Museum of Nature and Science,

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック