鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京国立博物館本館(日本館)の鳥

<<   作成日時 : 2018/07/30 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
瑞花双鳳八花鏡(8世紀)奈良興福寺。堂塔の建立の前に、土地の神々を鎮めるために埋められた鎮壇具の一つ。

画像
瑞花双鸞八花鏡(8世紀)。大分県津波戸(つわど)山頂で出土。

画像
瑞花双鳳八稜鏡(11-12世紀)。

画像
酢漿草鶴亀柄鏡(16世紀)。

画像
秀峰(16世紀)山水図屏風I。

画像
久隅守景(17世紀)山水図。

画像
有田(17世紀)色絵柏樹双鳥図大皿。コウライウグイスは、腹は白くない。

画像
伊万里(17世紀)色絵花鳥図平鉢。
画像
伊万里(17世紀)色絵飛鳳凰文輪花大皿。
画像
伊万里(17世紀)染付吹墨白鷲図皿。
画像
伊万里(18世紀)色絵菊水文蓋物。
画像
伊万里(18世紀)色絵獅子鳳凰文有蓋大壺。

画像
奥村政信(18世紀)美人と鶏。作者は絵に川柳「汗になる 鳥に悋気の 夫婦徒」を添えた。鶏は性欲の象徴か。

画像
紅綸子地菊花文松竹梅鶴亀模様の腰巻(18-19世紀)久留米藩。尾が黒は定番。

画像
明珍清治(18-19世紀)自在鷹置物。

画像
矢(19世紀)。ヤマドリの尾羽。

画像
団扇玩具模様(19世紀)。

画像
琉球紅型衣装黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様(19世紀)。

画像
其昇亭光弘(19世紀)水辺に鷺図鐔。

画像
松鶴蒔絵印籠(19世紀)。

画像
川島孝一(1877)蓮に鷺図花瓶。

画像
加藤五輔(1892)染付花鳥図大瓶。

画像
画像
岡本秋暉(19世紀)花鳥図。上方から見下ろすカワセミと水上で羽をばたつかせる鴨の睨み合い。とキャプションがあるが、覗き、だろう。

画像
加藤夏雄(1897)月に雁図額。

画像
河鍋暁斎(1881)花鳥図。

画像
新木寛畝(1893)雨中双鶏図。

画像
高村光雲(1893)老猿。格闘の勝者。手にするは鷲の羽。

画像
小野里三昧(2002年)梟の根付。印籠などを帯に提げる為の紐の端に付けた留め具。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京国立博物館本館(日本館)の鳥 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる